Rchr
J-GLOBAL ID:201801014525685569   Update date: Apr. 02, 2020

Sato Kaori

サトウ カオリ | Sato Kaori
Affiliation and department:
Other affiliations (3):
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (3): フランス哲学 ,  レヴィナス ,  現象学
Papers (12):
  • SATO Kaori. La différence et l’égalité des sexes : l’année 1968 et le Mouvement de Liberation des Femmes (MLF) en France. 2019. 515. 15. 91-104
  • 佐藤 香織. 「ローゼンツヴァイクにおける聖書物語の意義」. 『京都ユダヤ思想』. 2018. 第9号. 28-47
  • SATO Kaori. “La fécondité" et "le temps infini" : La question de la paix dans Totalité et infini. 2015. 511. 251-267
  • SATO Kaori. Socialité du sujet: Dialogue entre Rosenzweig et Levinas. Université de Paris Nanterre. 2013
  • 佐藤 香織. 「レヴィナスにおける歴史批判と「歴史の彼方」」. 『哲学雑誌』. 2009. 124. 796. 187-205
more...
MISC (1):
  • SATO Kaori. François-David Sebbah, L'éthique du survivant: Levinas, une philosophie de la débâcle, Presses universitaires de Paris Nanterre, 2018. 2019. 創刊号. 89-90
Books (7):
  • 『ひとおもい』創刊号 木田直人(編)、鈴木泉(編)、乗立雄輝(編)、松永澄夫(編)
    東信堂 2019 ISBN:9784798915814
  • 『映画で考える生命環境倫理学』 吉川孝(編)、池田喬(編)、横地徳廣(編)、
    勁草書房 2019 ISBN:9784326102730
  • 『哲学すること』 松永澄夫(監修)、渡辺誠(編)、木田直人(編)
    中央公論新社 2017 ISBN:9784120050282
  • 『戦うことに意味はあるのか』 持田睦(編)、横地徳廣(編)
    弘前大学出版会 2017 ISBN:9784907192471
  • 『リクール読本』 鹿島徹(編)越門勝彦(編)川口茂雄(編)
    法政大学出版局 2016
more...
Lectures and oral presentations  (6):
  • L'ontologie du «Nous» chez Levinas
    (colloque international Le singulier et l'universel Levinas et la pensée de l'Extrême-Orient 2019)
  • 「〈エポス〉と物語----レヴィナスとローゼンツヴァイクにおける〈われわれ〉の形成」
    (第二回レヴィナス協会研究大会 シンポジウム「レヴィナスとローゼンツヴァイク 歴史と物語をめぐって」 2019)
  • 「ローゼンツヴァイクとレヴィナス----聖書を「読むこと」と「対話」」
    (ワークショップ「ユダヤ思想と現代思想」京都ユダヤ思想学会創立10周年記念東京大会 2017)
  • 「戦争に立脚しない平和を語ること----レヴィナスとともに考える」
    (哲学×デザイン〉プロジェクト5:「戦争の語り方」 2017)
  • L'ipséité et l'identité : Levinas et Ricœur
    (日韓リクール研究第三回交流会 2014)
more...
Education (6):
  • 2006 - 2013 Université Paris Nanterre Connaissance, Langage et Modélisation
  • 2003 - 2009 東京大学大学院 基礎文化研究専攻 哲学専門分野 博士課程
  • 2005 - 2006 Université Paris Nanterre Connaissance, Langage et Modélisation
  • 2001 - 2003 東京大学大学院 基礎文化研究専攻哲学専門分野 修士課程
  • 1999 - 2001 The University of Tokyo Philosophy and Religion
Show all
Professional career (3):
  • 哲学博士 (フランス、パリ西大学ナンテール校)
  • 哲学修士 (フランス、パリ西大学ナンテール校)
  • 哲学修士 (東京大学)
Work history (5):
  • 2015/04 - 現在 東京理学会社VERITAS 英語科 主任
  • 2015/04 - 現在 Rikkyo University
  • 2015/04 - 現在 Asia University Faculty of Law
  • 2014/04 - 現在 Tokyo Metropolitan University Faculty of Urban Liberal Arts
  • 2013/04 - 現在 Kanagawa University Faculty of Foreign Languages
Committee career (1):
  • 2019/10 - 現在 実存思想協会 幹事
Association Membership(s) (7):
レヴィナス協会 ,  京都ユダヤ思想学会 ,  実存思想協会 ,  THE PHENOMENOLOGICAL ASSOCIATION OF JAPAN ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR ETHICS ,  Societe Franco-Japonaise de Philosophie ,  THE PHILOSOPHICAL ASSOCIATION OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page