Rchr
J-GLOBAL ID:201801014617658851   Update date: May. 08, 2020

Yasutake Takahiko

ヤスタケ タカヒコ | Yasutake Takahiko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Research field  (1): Legal theory and history
Research keywords  (1): 近世 明治初年 大坂 断獄 出入筋 吟味筋
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2019 - 2022 近世と近代をつなぐ刑事法と刑事裁判-地方検察庁旧蔵史料からうかがう
  • 2017 - 2021 近世藩法史料の編纂過程についての実証的研究
  • 2013 - 2017 データベースを通じた判例集と行政記録との相互補完による近世法史研究の新展開
  • 2006 - 2009 藩法史料のデータベース展開と近世法史研究の新機軸
  • 2005 - 2008 近世巨大都市大坂の形成と変容に関する基盤的研究-法と現実、中心と周縁の視点から
Show all
Papers (8):
  • 紀州藩の生命刑と牢番頭-「国律」成立以前を中心に-. 部落問題研究. 2012. 201号. 59-92
  • 寛保~延享期における大坂町奉行所の金銀出入取捌法改革. 大阪商業大学商業史博物館紀要. 2007. 8. 11-27
  • 塚田孝編. 延享期における大坂町奉行所改革. 塚田孝編『近世大坂の法と社会』(清文堂出版). 2007. 123-163
  • 安竹貴彦. 「大坂代官所」から「司農局」へ-幕末から明治初年における大坂代官所役人たちの動向を中心に(1)(2). 法学雑誌. 2004. 50. 1・3. 1-32,1-41
  • 「大坂町奉行所」から「大阪府」へ-幕末から明治初年における町奉行所与力・同心の動向を中心に-(1)・(2). 奈良法学会雑誌. 2000. 12,14. 3.4. 2,135-173,43-88
more...
MISC (17):
  • Shoginmisho(Vol.1-22):Osaka Prefecture's Records of Criminal Trials in 1869. 2019. 65. 1・2. 123-209
  • 安竹貴彦. 市大生の杉本町後者返還運動(1~3・完). 大阪市立大学史紀要. 2018. 11. 60-78
  • Tetsuya Nishikawa. Decision of Felony Crimes in Osaka Prefecture,1869-1872. HOGAKU ZASSHI of Osaka CITY UNIVERSITY. 2016. 59-62. 3.4号 1.2.3・4号 1・2号
  • 安竹貴彦. 書評・高塩博『近世刑罰制度論考-社会復帰をめざす自由刑』. 法制史研究. 2015. 64. 299-305
  • 安竹貴彦. 書評・吉田正志『仙台藩金銀出入処理法の研究』. 法制史研究. 2013. 62. 173-178
more...
Books (15):
  • 18世紀前半における紀州藩の広域捜査-牢番頭家文書からうかがう-
    汲古書院『幕藩法の諸相』所収 2019 ISBN:9784762942303
  • 恒藤記念室叢書7/商大学長時代日記(1946・47年)・講演等レジュメ集
    大阪市立大学大学史資料室・恒藤記念室 2018
  • 大阪「断刑録」-明治初年の罪と罰
    阿吽社 2017
  • 恒藤記念室叢書6/恒藤恭戦中日記(1941-45年)
    大学史資料室・恒藤記念室 恒藤記念叢書 2016
  • 和歌山の部落史・通史編
    明石書店 2015
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • 周縁的社会集団と近代-日本と欧米におけるアジア史研究の架橋 2019 年度 総括シンポジウム 「アジア諸地域の社会・近代化・史料」
    (国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業 2019)
  • 明治初年大阪の裁判と刑罰
    (周縁的社会集団と近代-日本と欧米におけるアジア史研究の架橋 第13回セミナー 2019)
  • 法の概念および日本前近代法の特質--水林彪・青木人志・松園潤一朗編『法と国制の比較史--西洋・東アジア・日本』を素材として
    (第455回法制史学会近畿部会例会(日本法社会学会関西研究支部との共催) 2018)
  • 大阪「断刑録」の世界
    (平成30年度大阪連続講座 2018)
  • 刑事裁判記録から見た維新・開化期の大阪
    (平成30年度大阪府立中之島図書館特別展 関連講演会 2018)
Education (2):
  • - 1991 Osaka City University
  • - 1986 Osaka City University
Professional career (2):
  • 法学修士 (大阪市立大学)
  • Master of Laws (Osaka City University)
Work history (4):
  • 2002/04/01 - 現在 大阪市立大学 法学研究科 教授
  • 1991/10/01 - 現在 Osaka City University Graduate School of Law Professor
  • 2013/04/01 - 2019/03/31 Osaka City University Head
  • 1991/10/01 - 2002/03/31 大阪市立大学 法学部 助教授
Committee career (2):
  • 2012/04/01 - 2019/03/31 大阪医療刑務所視察委員会委員 副委員長
  • 2015/04/01 - 2018/03/31 大阪市公文書管理委員会委員 副委員長
Association Membership(s) (1):
JAPAN LEGAL HISTORY ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page