Rchr
J-GLOBAL ID:201801014691712361   Update date: Oct. 27, 2021

Yamada Yohei

ヤマダ ヨウヘイ | Yamada Yohei
Affiliation and department:
Research field  (1): Educational psychology
Research keywords  (4): 情動 ,  社会性 ,  教育相談 ,  教育心理学
Papers (25):
  • 小泉 令三, 山田 洋平, 藤田 尋子. 保護者のための社会性と情動の学習(SEL-8P)プログラムの試案構成-学校と家庭の連携をめざして-. 福岡教育大学紀要. 2018. 67. 4. 195-209
  • Reizo Koizumi, Yohei Yamada. Students’ Social and Emotional Competence Promoting Positive Social Relationships and Skills. International Journal of Criminology and Sociology. 2016. 5. 106-112
  • 山田 洋平, 桑畑 洋一郎. 大学生を対象とした授業満足度の高い授業に影響を与える要因の検討-授業評価アンケートを用いて-. 梅光学院大学論集. 2016. 49. 72-87
  • 山田 洋平, 森 俊郎, 森 恵梨菜, 石原 一彦. プレゼンテーション活動を取り入れた情報モラル教育の効果. 岐阜聖徳学園大学教育実践科学研究センター紀要. 2015. 14. 205-212
  • 山田 洋平, 小泉 令三, 髙松 勝也. 教職志望学生の社会的能力育成プログラム試案(SEL-8T(trial))の実践効果(2)-改良版SEL-8T(trial)の試行-. 福岡教育大学大学院教育学研究科教職実践専攻(教職大学院)年報. 2014. 4. 49-56
more...
MISC (5):
  • 山田 洋平. 問題行動が激減するMLAの理論と実践 第2回対人関係能力を育てる. 教育新聞(2019年3月11日号). 2019
  • 山田 洋平. 子どもの「社会性」と「感情」をどう育てるか-SELの基礎の基礎-. 月刊学校教育相談,2018(平成30)年4月号~2019(平成31)年3月号. 2019
  • 山田 洋平. マルチレベルアプローチ 第7回SEL(社会性と情動の学習)その2. 月刊学校教育相談,平成27年10月号. 2015. 72-77
  • 山田 洋平. マルチレベルアプローチ 第6回SEL(社会性と情動の学習)その1. 月刊学校教育相談,平成27年9月号. 2015. 72-77
  • 山田 洋平. 子どもの人間関係能力を育てる社会性と情動の学習「SEL」. 月刊学校教育相談,平成24年8月号. 2012. 44-47
Books (9):
  • マルチレベルアプローチ だれもが行きたくなる学校づくり-日本版包括的生徒指導の理論と実践-
    ほんの森出版 2017
  • 教師のための社会性と情動の学習(SEL-8T)-人との豊かなかかわりを築く14のテーマ-
    ミネルヴァ書房 2017
  • キーワード キャリア教育-生涯にわたる生き方教育の理解と実践-
    北大路出版 2016
  • 本当のかしこさとは何か-感情知性(EI)を育む心理学-
    誠信書房 2015
  • 社会性と情動の学習(SEL-8S)の進め方 中学校編
    ミネルヴァ書房 2011
more...
Works (1):
  • こどものきもちを育む紙芝居作成ブックーCD-ROM付きー
    小泉 令三, 山田 洋平 2018 -
Education (3):
  • 2007 - 2013 Hiroshima University
  • 2005 - 2007 Hiroshima University
  • 2001 - 2005 Hiroshima University
Professional career (1):
  • 博士(心理学) (広島大学大学院)
Work history (4):
  • 2018/04 - 現在 The University of Shimane
  • 2017/05 - 2018/03 The University of Shimane Junior College
  • 2014/04 - 2017/03 Baiko Gakuin University School of Child Development Studies, Department of Childhood Education
  • 2009/10 - 2014/03 University of Teacher Education Fukuoka
Committee career (2):
  • 2016/04 - 現在 日本ピア・サポート学会 理事(研究紀要)
  • 2016/04 - 2018/03 鳥取県教育センター スーパーバイザー
Association Membership(s) (6):
JAPAN SOCIETY OF RESEARCH ON EARLY CHILDHOOD CARE AND EDUCATION ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION ,  THE JAPAN PEER SUPPORT ASSOCIATION ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF SCHOOL COUNSELING AND GUIDANCE ,  JAPAN SOCIETY FOR RESEARCH ON EMOTIONS ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page