Rchr
J-GLOBAL ID:201801014747613299   Update date: Oct. 25, 2021

ryo nagahama

ナガハマ リョウ | ryo nagahama
Affiliation and department:
Research field  (1): Developmental dentistry
Research keywords  (6): 遺伝子 ,  CBCT ,  hemifacialmicrosomia ,  Cleft lip and palate ,  Cdc42 ,  cartilage
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2022 コーンビームCT画像から取得した3次元的下顎骨形態に関連するヒトゲノム遺伝子探索
  • 2016 - 2018 Mechanisms of Cdc42 during cartilage development
  • 2016 - 2017 低分子量Gタンパク質Cdc42の軟骨形成メカニズムに関する解析
Papers (13):
more...
MISC (23):
  • 淺野 ふみ, 村上 尚来, 大久保 文雄, 門松 香一, 高木 信介, 槇 宏太郎, 中納 治久, 高橋 正皓, 長濱 諒, 上原 めぐみ, et al. 口唇口蓋裂チーム医療(技術革新の恩恵) 片側性唇顎口蓋裂児の上顎歯槽形態が構音に及ぼす影響について. 日本口蓋裂学会雑誌. 2021. 46. 2. 64-64
  • 吉田 寛, 加藤 梨友, 上原 めぐみ, 塩津 瑠美, 塩竈 素哉, 篠原 庸祐, 高風 桃子, 小山 栞, 鈴木 涼夕風, 松田 彩, et al. 当科に来院した口唇裂・口蓋裂患者の実態調査. 日本口蓋裂学会雑誌. 2021. 46. 2. 131-131
  • 吉田 寛, 岩崎 このみ, 塩津 瑠美, 塩竈 素哉, 篠原 庸祐, 高風 桃子, 嶋崎 絢, 長濱 諒, 高橋 正皓, 中納 治久, et al. 当科に来院した口唇裂・口蓋裂患者の臨床統計的調査. 日本口蓋裂学会雑誌. 2020. 45. 2. 176-176
  • 長濱 諒, 芳賀 秀郷, 小松 麻衣子, 栗原 祐史, 代田 達夫, 槇 宏太郎. 2分割Le-Fort I型骨切り術を併用し上下顎移動術を施行したHemifacial microsomia type 1の一例. 日本顎変形症学会雑誌. 2020. 30. 2. 174-174
  • 坂本 輝雄, 岡安 麻里, 佐々木 会, 土持 宇, 長濱 諒, 近藤 俊, 大西 有理, 森 浩喜, 森下 格, 石井 武展, et al. Hemifacial microsomia患者に対するチーム医療における矯正治療の実態調査. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019. 78回. 231-231
more...
Lectures and oral presentations  (13):
  • Hemifacial microsomia患者に対するチーム医療の実態調査
    (日本口蓋裂学会 2019)
  • 乳歯列期の唇顎口蓋裂患児における咽頭気道形態の三次元的評価
    (日本矯正歯科学会 2017)
  • 非症候性唇顎口蓋裂患児における咽頭気道形態の三次元的解析
    (日本顎変形症学会 2017)
  • 口唇口蓋裂患者の骨成熟度評価のための統計的形状解析
    (日本顎変形症学会 2017)
  • 幼児期の唇顎口蓋裂患児における咽頭気道形態の三次元的評価
    (日本口蓋裂学会 2017)
more...
Work history (1):
  • 2011/04 - 現在 Department of orthodontics school of dentistry Showa university Tokyo Japan Department of biochemistry school of dentistry Showa university Tokyo Japan assistant professor
Committee career (1):
  • 2019/05 - 現在 日本矯正歯科学会 学術委員会幹事
Awards (1):
  • Japan tissue Culture society for dental research Best presentation award
Association Membership(s) (5):
JAPANESE ACADEMY OF SPORTS DENTISTRY ,  The Japanese Society for Jaw Deformities ,  JAPAN SOCIETY OF CRANIO-MAXILLO-FACIAL SURGERY ,  JAPANESE CLEFT PALATE ASSOCIATION ,  JAPANESE ORTHODONTIC SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page