Rchr
J-GLOBAL ID:201801014787931412   Update date: Apr. 08, 2024

Ohta Takehiro

オオタ タケヒロ | Ohta Takehiro
Affiliation and department:
Research field  (2): Solid earth science ,  Geotechnical engineering
Research keywords  (1): Applied geology
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2022 - 2025 Validation of a model for calculating the imminence of a sediment disaster based on the recurrence cycle of debris flows and the rate of deposition of unstable sediments
  • 2021 - 2024 定量化地生態学的手法による斜面災害危険度評価手法の開発
  • 2020 - 2021 樹木根系の貫入による岩盤の不安定化に関する基礎研究
  • 2018 - 2019 樹木根が岩盤の風化劣化に及ぼす影響に関する基礎研究
  • 2018 - 2019 斜面災害に風化作用が及ぼす影響に関する基礎研究
Show all
Papers (124):
  • 太田岳洋, 辻智大, 福岡仁至, 岡田将英. マグマ噴出量階段図:九重火山. 防災科学技術研究所研究資料. 2024. 500. 93-106
  • 辻智大, 岸本博志, 藤田浩司, 中村千怜, 長田朋大, 木村一成, 古澤明, 大西耕造, 西坂直樹, 池田倫治, et al. 九重火山54 ka 飯田噴火による噴出物の層序および噴火経緯. 火山. 2023. 68. 3. 129-160
  • Takehiro Ohta, Kanako Hamamoto, Seiya Eguchi. Topographical criteria for the occurrence of landslides causing debris flows in the 2017 torrential rain in northern Kyushu, Japan. E3S Web of Conferences. 2023. 415. 05017-05017
  • Takehiro Ohta, Jumpei Yamashita, Yuki Sueda. Rainfall and Its Infiltration Conditions for Landslide Occurred at Edge of Pyroclastic Flow Plateau in the Kyushu Island, Southwestern Japan. Advances in Natural Hazards and Volcanic Risks: Shaping a Sustainable Future, Proceedings of the 3rd International Workshop on Natural Hazards. 2023
  • 太田岳洋, 髙吉菜夕, 川上千尋, 井上颯太. 山口県阿武町奈古におけるトラバーチンの発見とその意義. 山口地学会誌. 2022. 84. 5-10
more...
MISC (46):
more...
Books (7):
  • 土木技術者のための岩盤力学 2023年度改訂版 基礎編,CDROM版
    土木学会 2023
  • Rock Mechanics and Engineering Geology in Volcanic Fields
    CRC Press/Balkema 2023 ISBN:9781032276571
  • 鉄道と自然災害-列車を護る防災・減災技術-
    日刊工業新聞社 2015
  • 地盤工学・実務シリーズ24 山岳トンネル工法の調査・設計から施工まで
    地盤工学会 2007
  • 設計用地盤定数の決め方-岩盤偏-
    地盤工学会 2007
more...
Lectures and oral presentations  (159):
  • 定量化地生態学的手法による斜面災害危険度評価手法の開発
    (一般財団法人日本国土開発未来研究財団 第3回学術研究助成研究成果発表会 2023)
  • 地生態学的視点から見た斜面災害
    (2023中国地方建設技術開発交流会(岡山県) 2023)
  • 地下水水質から地質を探る
    (令和5年度 中国地質調査業協会広島県支部 技術研修会 2023)
  • 山口県岩国市における花崗岩の風化と土壌の形成に関する検討
    (日本応用地質学会中国四国支部令和5年度研究発表会 2023)
  • 山口県阿武町奈古地域における高塩濃度流体の起源と湧昇経路に関する検討
    (日本応用地質学会令和5年度研究発表会 2023)
more...
Education (3):
  • 1989 - 1991 Tohoku University Graduate School, Division of Natural Science
  • 1987 - 1989 Tohoku University Graduate School, Division of Natural Science
  • 1983 - 1987 Tohoku University Faculty of Science
Professional career (1):
  • 博士(理学) (東北大学)
Work history (13):
  • 2020/04 - 現在 The Graduate School of Sciences and Technology Innovation Yamaguchi University Division of Earth Science, Biology and Chemistry Professor
  • 2016/06 - 2020/03 Yamaguchi University Graduate School
  • 2012/04 - 2019/09 Waseda University Faculty of Science and Engineering
  • 2016/04 - 2016/05 (公財)鉄道総合技術研究所 防災技術研究部 主管研究員
  • 2013/03 - 2016/03 (公財)鉄道総合技術研究所 防災技術研究部 部長
Show all
Committee career (14):
  • 2024/03 - 現在 日本技術者教育認定機構 日本技術者教育認定機構の認定審査にかかわる副審査員
  • 2023/06 - 現在 国土交通省中国地方整備局山陰西部国道事務所 俵山・豊田道路地すべり対策外検討委員会
  • 2023/04 - 現在 広島県水道広域連合企業団 広島県水道広域連合企業団水道工事技術委員会 委員
  • 2023/04 - 現在 山口県 山口県防災会議防災対策専門部会
  • 2021/04 - 現在 山口県 山口県土木建築部 外部アドバイザー
Show all
Awards (6):
  • 2023/10 - 全国地質調査業協会連合会 功績賞
  • 2023/10 - 日本魚用地質学会 日本応用地質学会優秀ポスター賞 奈良ヶ谷川流域の重力変形地域における地質構造と崩壊深度の関係
  • 2020/03 - 地盤工学会中国支部 「地盤と建設」論文奨励賞 関門層群における強風化安山岩のスレーキング特性および切土斜面表層の脆弱化に関する検討
  • 2015/09 - excellent paper of outstanding performance
  • 2004/05 - 日本応用地質学会 日本応用地質学会論文賞 酸性水発生に関わる掘削残土の応用地質学的検討-鉱山に近接して施工される八甲田トンネルにおける岩石特性評価法-
Show all
Association Membership(s) (9):
International Association for Engineering Geology and the Environment ,  JAPANESE GEOMORPHOLOGICAL UNION ,  JAPAN SOCIETY OF CIVIL ENGINEERS ,  岩の力学連合会 ,  日本トンネル技術協会 ,  日本情報地質学会 ,  日本応用地質学会 ,  日本火山学会 ,  日本鉱物科学会(旧日本岩石鉱物鉱床学会)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page