Rchr
J-GLOBAL ID:201801015038411816   Update date: Oct. 26, 2021

Mukai Rie

Mukai Rie
Affiliation and department:
Research field  (2): Nutrition and health science ,  Food sciences
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2020 - 2023 抗筋萎縮フラボノイドによって向上する骨格筋の機能とその調節機構の解明
  • 2021 - 2022 運動不足下において筋量維持向上に役立つ機能性食品の創生
  • 2016 - 2020 筋萎縮からの回復を促進するポリフェノールとタンパク質との相乗効果解明
  • 2018 - 2020 骨格筋を標的とした機能性食品の開発に向けた基盤研究
  • 2018 - 2019 高活性プレニルフラボノイドの臓器蓄積特性の解明
Show all
Papers (51):
MISC (16):
more...
Patents (8):
more...
Books (15):
  • 【第IV編 筋肉】第4章ポリフェノール
    シーエムシー出版 2020
  • 運動機能・認知機能改善食品の開発
    シーエムシー出版 2020
  • 食べ物と健康I.食品学総論 食品の成分と機能 (Visual栄養学テキストシリーズ)
    中山書店 2017 ISBN:4521742874
  • 植物ポリフェノールによる筋萎縮予防の可能性
    2016
  • 第13章 筋委縮予防因子としての食事性ポリフェノール
    KENPAKUSHA 2015
more...
Lectures and oral presentations  (89):
  • 8- プレニルナリンゲニンの肥満抑制効果
    (日本農芸化学会2021年度大会 2021)
  • ケルセチンのプレニル化による抗酸化特性の変化
    (日本農芸化学会2021年度大会 2021)
  • 筋タンパク質合成時にプレニルナリンゲニンが引き起こす骨格筋内代謝物の変動
    (第13回日本ポリフェノール学会・第16回日本カテキン学会合同学術集会 2019)
  • Estrogenic activity of 8-renylnaringenin improve skeletal muscle regeneration from disuse muscle atrophy by activating IGF-I/PI3K/Akt pathway
    (ICoFF2019/ISNFF2019/ICPH2019 2019)
  • Preventive effect of dietary lemon peel extract containing eriocitrin on disuse muscle atrophy in denervated mice
    (ICoFF2019/ISNFF2019/ICPH2019 2019)
more...
Education (5):
  • 2006 - 2009 神戸大学大学院 (後期課程) 生命機構科学
  • 2004 - 2006 神戸大学大学院 (前期課程) 生物機能化学
  • 2002 - 2004 Kobe University Department of Biofunctional Chemistry
  • 1997 - 2000 東京都立短期大学 健康栄養学科
  • 1994 - 1997 兵庫県立鈴蘭台高等学校
Professional career (1):
  • 博士(農学) (神戸大学)
Work history (9):
  • 2017/10 - 現在 徳島大学大学院 社会産業理工学研究部,食料科学分野
  • 2017/04 - 2017/09 徳島大学大学院 社会産業理工学研究部,食料科学分野 講師
  • 2016/04 - 2017/03 徳島大学大学院 生物資源産業学研究科, 食料科学分野 講師
  • 2011/04 - 2016/03 国立大学法人 徳島大学 ヘルスバイオサイエンス研究部, 食品機能学分野
  • 2013/04 - 2014/03 University of Reading (U.K.)
Show all
Committee career (10):
  • 2021/04 - 2022/03 日本農芸化学会 広報委員
  • 2019/04 - 2021/03 文部科学省 徳島県立城西高等学校神山校 運営委員
  • 2020/09 - 日本農芸化学会 中四国支部大会 実行委員
  • 2020/04 - 日本フードファクター学会 参与会員
  • 2019 - The 9th International Conference on Polyphenols and Health 2019 実行委員
Show all
Awards (12):
  • 2021/03 - 2020年度ベストティーチャーオブザイヤー
  • 2019 - ICPH2019 ICPH2019 Poster Award Binding profile of quercetin and its derivatives to human serum albumin measured by multiplex drug-site mapping
  • 2017/03 - 2017年度農芸化学奨励賞 食品機能学によるプレニルフラボノイドの特性解明
  • 2016/11 - 平成28年度徳島大学若手研究者学長表彰
  • 2016/03 - Faculty of Medicine ベストティーチャーオブザイヤー
Show all
Association Membership(s) (5):
日本ビタミン学会 ,  日本酸化ストレス学会 ,  日本フードファクター学会 ,  日本栄養食糧学会 ,  日本農芸化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page