Rchr
J-GLOBAL ID:201801015328397647   Update date: Nov. 17, 2020

SHUN WATANABE

ワタナベ シュン | SHUN WATANABE
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Neuroscience - general
Papers (10):
MISC (4):
Patents (1):
  • 疼痛治療剤
Lectures and oral presentations  (101):
  • ミロガバリンの上位中枢を介する神経障害性疼痛緩解作用とα2δ-1サブユニットの関与
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • アミノ酸飢餓によるグリシントランスポーター1の遺伝子発現の誘導
    (第93回日本薬理学会年会学会 2020)
  • 炎症早期と慢性炎症における痛みに対するスルファチドの機能の変化
    (第93回日本薬理学会年会学会 2020)
  • ガングリオシドの糖鎖構造と感覚系における機能の差異
    (第93回日本薬理学会年会学会 2020)
  • ミロガバリンの上位中枢を介する神経障害性疼痛緩解作用には、α2δ-1サブユニットへの結合と下行性ノルアドレナリン神経系活性化が関与する
    (第93回日本薬理学会年会学会 2020)
more...
Professional career (1):
  • 理学博士 (東京理科大学)
Awards (2):
  • 2017/06 - 優秀演題 スフィンゴ糖脂質とその糖転移酵素、分解酵素の疼痛への関与
  • 2010/09 - The international society of Neurochemistry The international society of Neurochemistry Conference Support Grant: “Molecular Targets for Novel Pain Therapeutics Intraplantar injection of gangliosides produces nociceptive behavior and hyperalgesia
Association Membership(s) (8):
生化学会 ,  分子生物学会 ,  日本神経科学会 ,  日本脂質生化学会 ,  日本糖質学会 ,  日本薬学会 ,  日本薬理学会 ,  日本疼痛学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page