Rchr
J-GLOBAL ID:201801016109404456   Update date: Apr. 08, 2021

Tanno Takayuki

Tanno Takayuki
Affiliation and department:
Research field  (1): Experimental psychology
Research keywords  (2): 行動分析学 ,  実験心理学
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2018 - 2022 目的的行動から習慣行動への遷移を支える微視的理論と依存研究への応用
  • 2018 - 2021 医療行動分析
  • 2017 - 2020 ヒトの報酬スケジュールのための新たな実験プラットフォームの開発と展開
  • 2019 - 行動の自動計測・リアルタイムフィードバックシステムを用いた行動形成研究の展開
  • 2017 - 2019 ヒトの報酬スケジュールのための新たな実験プラットフォームの開発と展開
Show all
Papers (23):
more...
Books (3):
  • 選好形成と意思決定
    勁草書房 2018
  • 心理学に興味を持ったあなたへ-大学で学ぶ心理学-
    学研プラス 2016
  • 実験が切り開く21世紀の社会科学
    勁草書房 2014
Lectures and oral presentations  (10):
  • 行動の数量化とモデル化の現在
    (日本基礎心理学会第39回大会 2020)
  • multiple FR FIスケジュールにおける反応の時間的及び空間的次元
    (日本行動分析学会第38回大会 2020)
  • 連合学習における刺激競合をめぐって
    (日本心理学会第83回大会 2019)
  • 行動主義をみつめなおす
    (日本行動分析学会第37回年次大会 2019)
  • 産業・政策決定の領域で必要とされる心理学:行動変容(behavior change)に関する基礎と応用をつなぐアプローチ
    (日本心理学会第83回大会 2019)
more...
Works (6):
  • 有斐閣現代心理学辞典
    子安 増生, 丹野 義彦, 箱田 裕司 2021 -
  • B. F. スキナー重要論文集II:行動の哲学と科学を樹てる
    スキナー著作刊行会 2020 -
  • B. F. スキナー重要論文集I:心理主義を超えて
    スキナー著作刊行会 2019 -
  • 行動分析学分析学事典
    日本行動分析学会 2019 -
  • 基礎心理学実験法ハンドブック
    日本基礎心理学 2018 -
more...
Education (4):
  • 2005 - 2008 Keio University Department of Psychology
  • 2002 - 2005 Keio University Department of Psychology
  • 2000 - 2002 Komazawa University Department of Psychlogy
  • 1995 - 2000 Fukushima National College of Technology Civil Engineering
Professional career (1):
  • 博士(心理学) (慶應義塾大学)
Work history (19):
  • 2021/04 - 現在 慶應義塾大学 文学部 非常勤講師(行動・学習心理学特殊I)
  • 2020/04 - 現在 玉川大学 脳科学研究科心の科学専攻 非常勤講師(行動科学)
  • 2018/04/01 - 現在 Department of Psychology
  • 2017/04/01 - 2018/03/31 Department of Psychology
  • 2015/04/01 - 2017/03/31 Meisei University School of Humanities, Department of Psychology
Show all
Committee career (6):
  • 2019/05 - 現在 日本行動分析学会 編集委員
  • 2015/04 - 2020/12 Japanese Psychonomic Science
  • 2015/04 - 2020/12 日本基礎心理学会 幹事
  • 2017/01 - 2019/03 日本行動分析学会 若手委員会委員長
  • 2018/01 - Japanese Psychonomic Science
Show all
Awards (2):
  • 2018 - 日本心理学会 日本心理学会学術大会優秀発表賞 動物の反応のバウト/休止パターンに関する時系列モデリング
  • 2012/09 - 日本行動分析学会論文賞 行動分析学における微視-巨視論争の整理-強化の原理、分析レベル、行動主義への分類-
Association Membership(s) (5):
Japanese Psychological Association ,  American Psychological Association ,  Association for Behavior Analysis International ,  Japanese Psychonomic Science ,  日本行動分析学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page