Rchr
J-GLOBAL ID:201801016164313095   Update date: May. 06, 2021

Yamade Yuko

Yamade Yuko
Affiliation and department:
Research field  (1): Literature - European
Research keywords  (5): 女性学 ,  日系文学 ,  フランス語圏文学 ,  移動文学 ,  女性文学
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2014 - 2016 「アジア系女性文学におけるジェンダーとエスニシティに関する比較研究
  • 2010 - 2011 移動する女性たちの文学-多文化時代のジェンダーとエスニシ ティ」
  • 2008 - 2010 「北南米の日系女性文化に見られるジェンダーと表象性の比較研究
  • 2007 - 2007 「日本女性文学における文化翻訳性の研究」
  • 2005 - 2005 「カナダのアジア系女性文学研究
Show all
Papers (18):
  • Yuko Yamade. The Role of Translation in Yoko Tawada’s Exophonic and Intercultural Writings. Global Japanese Study Review. 2019. 11
  • 山出裕子. 「ポスト・ケベック文学」時代における女性文学の動向-マレーシア系作家マドレーヌ・チエンの作品を例に-. ケベック研究特別号. 2014. 99-110
  • 山出裕子. 「ケベックのアジア系女性文学に見られる『間文化主義』とエスニシティの変遷」. 文芸研究. 2012. 105. 160-169
  • 山出裕子. 「ジョイ・コガワの作品に見る日系カナダ文化とその変遷」. AALA Journal. 2011. 19. 1-9
  • 山出裕子. 「北米フランス語圏文学の歴史と動向-ケベックの女性文学に関する一考察」. 文芸研究. 2011. 104. 95-118
more...
MISC (16):
  • 山出 裕子. Hybridity and Interculturalism in Quebec Women's Writings in English : An Analysis of Mavis Gallant and Madeleine Thien. カナダ文学研究. 2014. 22. 65-76
  • 山出 裕子. ケベックのアジア系女性文学と「間文化主義」 : キム・チュイの作品を中心に. ケベック研究. 2013. 5. 83-96
  • 山出 裕子. ケベックのアジア系女性文学に見られる「間文化主義」とエスニシティの変遷 : ベトナム系作家キム・チュイの作品を例に (特集 読書の海の航海術). 文芸研究 : 明治大学文学部紀要. 2012. 117. 160-169
  • 山出 裕子. The Role of Minority Writers in Multicultural Society : An Analysis on Asian Women's Writings in French Canadian Literature. 国学院大学紀要. 2012. 50. 0. 195-211
  • 山出 裕子. 北米フランス語圏文学の歴史と動向--ケベックの女性文学に関する一考察 (特集 変貌する〈フランス文学〉--その未踏の拡がり). 文芸研究. 2011. 114. 95-118
more...
Books (4):
  • フランス語圏の社会と文化
    駿河台出版社 2016 ISBN:4411013517
  • 小川
    彩流社 2012 ISBN:4779118220
  • 移動する女性たちの文学-多文化時代のジェンダーとエスニシティ
    御茶の水書房 2010 ISBN:4275008979
  • ケベックの女性文学-ジェンダー・エクリチュール・エスニシティ
    彩流社 2009 ISBN:4779114330
Lectures and oral presentations  (35):
  • ‘Translation and Exophonie in Yoko Tawada’s Migrant Writings.“
    (The 21st Asian Studies Conference Japan (ASCJ) Annual Meeting 2017)
  • “Exploring Cultural Hybrid Space: An Analysis on Japanese-Australian Filmmaker, Mayu Kanamori’s The Heart of the Journey.”
    (Annual Conference of Australian Asian Studies, 2016)
  • 「ケベックの女性文学の歴史と変容-アジア系女性作家の作品を例に」
    (『日本フランス語フランス文学会2015年度秋季大会』 2015)
  • 「移民のエクリチュール」から「世界文学」へ-北米のフランス語圏ケベックの文学を例に」
    (『世界文学・語圏横断ネットワーク研究集会』 2015)
  • « L’influence de l’interculturalisme dans la littérature québécoise contemporaine : la construction de la nouvelle identité dans l’œuvre de Kim Thuy »
    (Conseil international d’Études Francophones 2015)
more...
Education (1):
  • 1999 - 2002 モントリオール大学大学院 比較文学科
Work history (10):
  • 2021/04 - 現在 Tokyo Gakugei University International Student Exchange Center
  • 2019/09 - 現在 Tokyo International University
  • 2008/04 - 現在 Meiji University School of Political Science and Economics
  • 2007/09 - 現在 Kyoritsu Women's University Faculty of International Studies
  • 2009/06 - 2009/09 サンパウロ大学 日本文化研究センター 特別研究員
Show all
Committee career (1):
  • 2010/10 - 2016/09 日本ケベック学会 理事
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page