Rchr
J-GLOBAL ID:201801016463183068   Update date: Nov. 09, 2023

SHIKATA Masataka

シカタ マサタカ | SHIKATA Masataka
Affiliation and department:
Job title: 講師
Research field  (2): Social welfare ,  Rehabilitation science
Research keywords  (4): Occupational Therapy ,  Model of Human Occupation ,  高齢者 ,  地域リハビリテーション
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2023 - 2027 多職種協働で展開するケア倫理コンピテンシー育成プログラムの実装と評価
  • 2023 - 2026 地域在住要支援・要介護高齢者の活動と参加を促進する生活支援プログラムの効果の検証
  • 2019 - 2022 高齢者の健康関連QOLを高める生活行動意識アセスメントと支援方法の構築
Papers (31):
  • 篠原和也, 青柳翔太, 廣野 新, 吉政豪也, 鹿田将隆, 山田 孝. 「作業に関する自己評価・短縮版」と「作業に関する自己評価」の 妥当性と信頼性の検討-Raschモデルを用いて-. 作業行動研究. 2023. 27. 2. 89-99
  • 篠原和也, 葛谷憲彦, 鈴木ゆい, 鹿田将隆. Communication and Intervention Skills Assessment to Build Better Partnerships with Clients in clinical rehabilitation settingsの開発のためのデルファイ法を用いた内容妥当性の検討. 日本保健科学学会誌. 2023. 26. 2. 72-84
  • 廣野 新, 鹿田 将隆, 篠原 和也. 人間作業モデルの評価法の併用と介入により,他職種の関わりが見直された重度失語症者の事例. 作業行動研究. 2023. 27. 1. 48-55
  • 鹿田 将隆, 篠原 和也. 作業同一性の情報は作業療法でどのように活用されているのかに関する文献検討. 作業行動研究. 2022. 26. 3. 130-138
  • 吉政 豪也, 鹿田 将隆, 谷村 厚子. 日本における作業療法士とクライアントとの関係性に関するスコーピングレビュー. 作業行動研究. 2022. 26. 3. 147-157
more...
MISC (3):
Books (3):
  • Rehabilitation for people with complex needs: a user's guide for Occupational Therapists Version 1.0.
    2021
  • MOHO-ExpLOR
    2020
  • 評価プロセス×リハプログラム PT/OTリハ 演習メソッド
    診断と治療社 2016
Lectures and oral presentations  (44):
  • 「作業に関する自己評価・短縮版」と「作業に関する自己評価」の妥当性と信頼性の検討 Raschモデルを用いて
    (日本作業行動学会学術集会抄録集 2023)
  • 評価法レクチャー:人間作業モデル探索レベル成果評定法MOHO-ExpLOR
    (日本作業行動学会学術集会抄録集 2023)
  • 現在と将来の作業同一性の維持ができた訪問リハビリテーションの事例
    (日本作業行動学会学術集会抄録集 2023)
  • 地域在住要支援・要介護高齢者の肯定的な作業同一性を維持するための要因
    (第56回日本作業療法学会 2022)
  • Communication and intervention skills assessment in clinical settingの開発ためのデルファイ法を用いた内容妥当性の検討
    (第56回日本作業療法学会 2022)
more...
Education (3):
  • 2018 - 2021 Tokyo Metropolitan University
  • 2012 - 2014 Kibi International University Graduate School of Health Science Studies
  • 2006 - 2009 Kibi International University School of Health Science Department of Occupational Therapy
Professional career (1):
  • Occupational therapy (Tokyo Metropolitan University)
Work history (2):
  • 2020/04 - 現在 Tokoha University Faculty of Health and Medical Sciences Department of Occupational Therapy
  • 2016/04 - 2020/03 Tokoha University Faculty of Health and Medical Sciences Department of Occupational Therapy
Committee career (7):
  • 2023/06 - 現在 日本作業行動学会 作業行動研究編集委員会副委員長
  • 2022/04 - 現在 日本作業科学研究会 機関誌査読委員
  • 2020/06 - 現在 日本作業行動学会 理事
  • 2017/08 - 現在 日本臨床作業療法学会 事務部委員
  • 2016/04 - 現在 日本作業科学研究会 学術委員会(啓発・国際情報班)委員
Show all
Awards (3):
  • 2022/06 - 日本作業行動学会 年度優秀論文 事例報告部門 作業同一性質問紙の臨床的有用性の検討 -地域在住要支援・要介護高齢者の3 事例を通して-
  • 2021/10 - 第13回日本保健科学学会 奨励賞 Content and face validity of an occupational identity questionnaire based on MOHO concept for community-living elderly people requiring support
  • 2020/10 - 第30回日本保健科学学会学術集会 最優秀演題賞 リハビリテーションセラピストと患者との信頼関係形成のプロセスに関する質的研究
Association Membership(s) (5):
日本保健科学学会 ,  日本作業科学研究会 ,  日本臨床作業療法学会 ,  JAPANESE SOCIETY OF OCCUPATIONAL BEHAVIOR ,  JAPANESE ASSOCIATION OF OCCUPATIONAL THERAPISTS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page