Rchr
J-GLOBAL ID:201801016463183068   Update date: Oct. 01, 2021

SHIKATA Masataka

シカタ マサタカ | SHIKATA Masataka
Affiliation and department:
Job title: 講師
Research field  (2): Social welfare ,  Rehabilitation science
Research keywords  (3): 高齢者 ,  Model of Human Occupation ,  Occupational Therapy
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2019 - 2022 高齢者の健康関連QOLを高める生活行動意識アセスメントと支援方法の構築
Papers (21):
  • Qualitative research on the behaviors required of therapists for the process of building trusting relationships with clients. 2021. 24. 1. 48-57
  • 青柳 翔太, 中村 美希, 篠原 和也, 鹿田 将隆. 生活行為向上マネジメントに人間作業モデルの概念を補完し、主体的な役割獲得を目指した事例. 作業行動研究. 2021. 25. 1. 30-37
  • 鹿田 将隆, 篠原 和也, 二村 元気, 高木 初代, 石井 良和, 谷村 厚子. 作業同一性質問紙の臨床的有用性の検討 地域在住要支援・要介護高齢者の3事例を通して. 作業行動研究. 2021. 25. 1. 38-47
  • Masataka Shikata, Hiroyuki Notoh, Kazuya Shinohara, Kenji Yabuwaki, Yoshikazu Ishii, Takashi Yamada, Renée R Taylor. An examination of the psychometric properties of the occupational identity questionnaire for community-living elderly who require care. Hong Kong Journal of Occupational Therapy. 2021. 34. 1. 156918612199793-156918612199793
  • 鹿田将隆, 篠原和也, 野藤弘幸. 作業療法学生の職業的アイデンティティの形成状態やその違いと生活習慣や健康関連QOLとの関係. 常葉大学保健医療学部紀要. 2021. 12. 1. 19-27
more...
MISC (1):
Books (3):
  • Rehabilitation for people with complex needs: a user's guide for Occupational Therapists Version 1.0.
    2021
  • MOHO-ExpLOR
    2020
  • 評価プロセス×リハプログラム PT/OTリハ 演習メソッド
    診断と治療社 2016
Lectures and oral presentations  (34):
  • リハビリテーションセラピストと患者との信頼関係形成のプロセスに関する質的研究
    (第30回日本保健科学学会 2020)
  • 作業同一性質問紙を用いた支援の有用性の検討-地域在住要支援・要介護高齢者の3事例を通して-
    (第30回日本保健科学学会 2020)
  • 高齢者版作業同一性質問紙の信頼性・妥当性の検討
    (第54回日本作業療法学会 2020)
  • 作業同一性質問紙を用いた介入が意志の改善をもたらした通所リハビリテーションの一事例
    (第54回日本作業療法学会 2020)
  • 作業同一性質問紙の使用により自宅での生活を再構築した一事例
    (第54回日本作業療法学会 2020)
more...
Education (3):
  • 2018 - 2021 Tokyo Metropolitan University
  • 2012 - 2014 Kibi International University
  • 2006 - 2009 Kibi International University Department of Occupational Therapy
Professional career (2):
  • 修士(作業療法学) (吉備国際大学)
  • Occupational therapy (Tokyo Metropolitan University)
Work history (2):
  • 2020/04 - 現在 Tokoha University Faculty of Health and Medical Sciences Department of Occupational Therapy
  • 2016/04 - 2020/03 Tokoha University Faculty of Health and Medical Sciences Department of Occupational Therapy
Committee career (5):
  • 2020/07 - 現在 日本作業行動学会 作業行動研究編集委員
  • 2020/06 - 現在 日本作業行動学会 理事
  • 2017/08 - 現在 日本臨床作業療法学会 事務部委員
  • 2016/04 - 現在 日本作業科学研究会 学術委員会(啓発・国際情報班)委員
  • 2017/06 - 2018/10 日本作業行動学会 評議員
Awards (1):
  • 2020/10 - 第30回日本保健科学学会学術集会 最優秀演題賞 リハビリテーションセラピストと患者との信頼関係形成のプロセスに関する質的研究
Association Membership(s) (4):
日本作業科学研究会 ,  日本臨床作業療法学会 ,  JAPANESE SOCIETY OF OCCUPATIONAL BEHAVIOR ,  JAPANESE ASSOCIATION OF OCCUPATIONAL THERAPISTS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page