Rchr
J-GLOBAL ID:201801016567294570   Update date: Apr. 11, 2021

MATSUDA Tomohiro

マツダ トモヒロ | MATSUDA Tomohiro
Affiliation and department:
Research field  (3): Education - general ,  Philosophy and ethics ,  History of thought
Research keywords  (5): ジェラール・グラネル ,  哲学教育 ,  デリダ ,  現象学 ,  フランス哲学
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2023 いわく言いがたいものの現象学:「フランス現象学」の生成と発展に関する研究
  • 2019 - 2021 ジャック・デリダを中心とした戦後フランスの哲学教師論の展開に関する研究
  • 2020 - 2021 日本の大学制度におけるフランス哲学の受容史研究
  • 2019 - 2020 萌芽的プロジェクトB4「差別と哲学思想研究会」
Papers (8):
  • 松田智裕. 証言、和解、赦しーーデリダと南アフリカ真実和解委員会. 立命館言語文化研究. 2020. 32. 3. 77-86
  • 松田智裕. 時間の弁証法--フッサール『時間講義』をめぐるピカールとデリダ--. 現象学年報. 2020. 36. 121-128
  • 松田智裕. 生の再現前化と悲劇の弁証法--デリダのアルトー--. 『立命館文學』. 2020. 665. 265-277
  • 松田智裕. アイノスは歴史的なのか--亀井大輔『デリダ 歴史の思考』について--. 立命館大学人文科学研究所紀要. 2019. 120. 93-107
  • 松田 智裕. 眼はなにを映し出すのかーーデリダにおける視覚の限界性と生の記述をめぐって. 立命館大学人文科学研究所紀要. 2016. 108. 21-38
more...
MISC (13):
  • エドワード・ベアリング 翻訳=松田智裕. 【翻訳】「これ以上、歴史を語らないで--デリダと哲学史の問題」. 『人文学報』東京都立大学人文科学研究科. 2021. 517. 15. 43-73
  • 松田智裕. 書評「グラマトロジーの広がりを考えるための必読書」. 週刊読書人. 2020. 3364
  • 松田智裕. 【新刊紹介】横田祐美子『脱ぎ去りの思考 バタイユにおける思考のエロティシズム』. 表象文化論学会ニューズレターREPRE. 2020. 40
  • 松田智裕. 書評:「読み、抵抗し、問う」. hontoブックツリー (ブックキュレーター哲学読書室). 2020
  • 松田 智裕. 【新刊紹介】加國尚志『沈黙の詩法 メルロ゠ポンティと表現の哲学』. 表象文化論学会ニューズレターREPRE. 2017. 31
more...
Books (3):
  • 弁証法、戦争、解読 : 前期デリダ思想の展開史 = Dialectique, guerre, déchiffrement : le développement de la pensée de Jacques Derrida
    法政大学出版局 2020 ISBN:9784588151064
  • 『ラディカル無神論 デリダと生の時間』
    法政大学出版局 2017
  • 『終わりなきデリダ』
    法政大学出版局 2016
Lectures and oral presentations  (16):
  • 年齢と時代--デリダの哲学教育論における「諸力の闘争」について
    (日仏哲学会・2021年春季大会 2021)
  • 『スクリッブル』を読むために
    (脱構築研究会「デリダ『スクリッブル』(月曜社)を読む」 2021)
  • 「教師」の役割とはいかなるものか--ジャック・デリダの哲学教師論について
    (教育哲学会第63回大会)
  • 証言、和解、赦し--デリダの南アフリカ--
    (立命館大学国際言語文化研究所 研究成果報告会「異なる者たちの共生を目指して」 2020)
  • 時間の弁証法--フッサール『時間講義』をめぐるピカールとデリダ--
    (日本現象学会第41回研究大会 2019)
more...
Education (4):
  • 2013 - 2019 Ritsumeikan University
  • 2015 - 2017 パリ西ナンテール大学
  • 2011 - 2013 Ritsumeikan University
  • 2006 - 2010 國學院大学 哲学科
Professional career (3):
  • 修士(文学) (立命館大学)
  • Master 2 (Université Paris-Ouest, Nanterre la Défense)
  • 博士(文学) (立命館大学)
Work history (5):
  • 2021/04 - 現在 Waseda University School of Social Sciences
  • 2021/04 - 現在 National Institute of Informatics
  • 2020/04 - 2021/03 滋賀大学 非常勤講師
  • 2019/04 - 2021/03 Ritsumeikan University College of Letters
  • 2020/04 - 2020/08 立命館大学 文学部 授業担当講師
Association Membership(s) (5):
THE KANSAI ETHICAL SOCIETY ,  THE ASSOCIATION FOR STUDIES OF CULTURE AND REPRESENTATION ,  THE PHENOMENOLOGICAL ASSOCIATION OF JAPAN ,  Societe Franco-Japonaise de Philosophie ,  教育哲学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page