Rchr
J-GLOBAL ID:201801016632384094   Update date: Jun. 15, 2021

Matsunaga Noriko

Matsunaga Noriko
Affiliation and department:
Research field  (1): Literature - British/English-languag
Research keywords  (3): ジェンダー ,  フェミニズム ,  イギリス文学
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2019 - 2022 ポストサフレジズム研究 研究課題
  • 2016 - 2020 イスラーム・ジェンダー学構築のための基礎的総合的研究
  • 2016 - 2019 社会運動としての女性文学
  • 2013 - 2016 英国20世紀前半の児童文学における女児表象研究
  • 2011 - 2013 英国大戦間期の主体構築研究:女性作家による戦争自伝伝記文学作品の考察
Show all
Papers (15):
  • 松永 典子. ボランティア. 『研究社WEBマガジンLingua』文化と社会を読むキーワード辞典reboot(リレー連載). 2020. 7. 3号/総号313号
  • MATSUNAGA Noriko. Dreaming of Sisterhood in the British Art Deco Era: Feminist Infrastructure and Leaning Tower Writers' Materials. 2019. 36号. 121-139
  • 松永 典子. ありのままで. 『研究社WEBマガジンLingua』文化と社会を読むキーワード辞典reboot(リレー連載). 2019
  • 松永 典子. 歌を聴くこと、歌を歌うこと. 『New Perspective』(新英米文学会誌). 2017. 204号. 3-4
  • 松永 典子. 「わたしを知らないなんて言わないで」:『メアリー・ポピンズ』におけるケア労働. 『New Perspective』(新英米文学会誌). 2017. 204号. 5-17
more...
MISC (9):
  • "Introduction": (Re)thinking the Past, Present and Future of Our Research/Education. Virginia Woolf Review. 2020. 37. 60-67
  • 松永 典子. Clare Battershill, _Modernist Lives: Biography and AUtobiography at Leonard and Virginia Woolf's Hogarth Press_. 『ヴァージニア・ウルフ研究』(日本ヴァージニア・ウルフ協会誌). 2018. 35号. 80-84
  • 松永 典子. 『戦う姫、働く少女』その後:《序》国内の無国籍者たち. 『ヴァージニア・ウルフ研究』(日本ヴァージニア・ウルフ協会誌). 2018. 35号. 24-28
  • 松永 典子. 共感とシスターフッド. 『女性とジェンダーの歴史』(イギリス女性史研究会). 2017. 3号. 54-55
  • 松永 典子. フェミニズムを自分/他人のこととして語る. 『月刊女性&運動』. 2017. 415号. 35-35
more...
Books (6):
  • Art Deci and English Modernism: Redesigning the Cultural Space in the Twentieth Century
    2021
  • 『イスラーム・ジェンダー学の構築に向けて』
    東京大学東洋文化研究所 2017
  • Feminism Unfinished: Language, Desire, and "Working" Women
    2016 ISBN:9784327472337
  • 『豊穣なる埃及1841〜44』
    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 2010
  • 『もうひとつのノーベル平和賞:平和を紡ぐ1000人の女性たち』
    週刊金曜日 2008
more...
Lectures and oral presentations  (17):
  • Reading English Literature and Feminism in Japan in the #MeToo Era Angry Young Women in Shelagh Delaney’s A Taste of Honey
    (The 4th Japan-Korea International Virginia Woolf Conference 2019)
  • Feminist Temporalities and Modernism: Remapping Virginia Woolf’s ‘Works'
    (The Modernist Studies in Asia Network (MSIA) Second International Conference: Modernism and Multiple Temporalities 2019)
  • ふつうのフェミニスト?
    (日本英文学会第91回全国大会シンポジウム第四部門「Literature is Ordinary?ーー20世紀の英文学と〈ふつうの人びと〉」 2019)
  • 英国モダニズムのシスターフッド?
    (日本ヴァージニア・ウルフ協会第38回大会シンポジウム「アール・デコ時代の英国モダニズム」 2018)
  • Domestic Care Work and Postsuffragism/Postfeminism: Housewife, Nanny, and Servants in Mary Poppins
    (Women’s History Network Conference 2018 2018)
more...
Work history (3):
  • 2018/04 - 現在 Waseda University School of Education
  • 2012/04 - 2018/03 Teikyo University
  • 2010/04 - 2012/03 Surugadai University
Committee career (4):
  • 2019/01 - 現在 日本ヴァージニア・ウルフ協会 例会委員
  • 2017/01 - 2018/12 日本ヴァージニア・ウルフ協会 編集委員
  • 2015/01 - 2016/12 日本ヴァージニア・ウルフ協会 事務局・記念論集編集委員
  • 2009/09 - 2015/08 新英米文学会 編集委員
Association Membership(s) (5):
THE VIRGINIA WOOLF SOCIETY OF JAPAN ,  イギリス女性史研究会 ,  THE GENDER HISTORY ASSOCIATION OF JAPAN ,  New Association for English and American Literature ,  THE ENGLISH LITERARY SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page