Rchr
J-GLOBAL ID:201801016783222606   Update date: Jul. 10, 2024

Kaori Ishii

Kaori Ishii
Affiliation and department:
Research field  (1): Developmental dentistry
Papers (39):
  • 伊藤 久美子, 石井 かおり, 榎本 豊, 小倉 直美, 高橋 康輔, 伊藤 耕, 根岸 慎一. 第一第二鰓弓症候群に対してStaged approachの外科的矯正治療を行なった1例. 日大口腔科学. 2023. 49. 2. 125-137
  • 石岡 亮, 石井 かおり, 宮崎 樹梨, 根岸 慎一. 歯根彎曲および鋏状咬合のため第二小臼歯を抜去した上下顎前突症の治療例. 日大口腔科学. 2023. 49. 2. 107-115
  • Chiori Nakamura, Masaaki Suemitsu, Mitsuko Nakayama, Hidekuni Tanaka, Yuko Muto, Kaori Ishii, Kayo Kuyama. Morphological Changes of the Epipharynx as a Result of Rapid Maxillary Expansion in Children. International Journal of Oral-Medical Sciences. 2023. 21. 3. 120-130
  • Yuko Muto, Kaori Ishii, Hideaki Taketani, Masashi Nakayama, Shunsuke Ishimitsu, Satoshi Horihata, Kazutaka Kasai, Shinichi Negishi. Voice characteristics in patients with nasal congestion and enlarged pharyngeal tonsils. Clinical and Investigative Orthodontics. 2023. 82. 1. 15-20
  • 菅野 範, 松井 美咲, 大澤 謙二, 岡林 一登, 小山 晴香, 村田 聡, 石井 かおり, 根岸 慎一, 葛西 一貴. フーセンガムトレーニングによる子どもの口腔機能への影響. 薬理と治療. 2023. 51. 1. 105-112
more...
MISC (8):
  • 小山 晴香, 石井 かおり, 鈴木 裕介, 黒江 星斗, 和仁 俊夫, 吉澤 葵, 根岸 慎一. 食品テクスチャー分析による咀嚼トレーニングに適したガムの選定に関する研究. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2023. 82回. 170-170
  • 和仁俊夫, 石井かおり, 鈴木裕介, 黒江星斗, 根岸慎一. The effect of masticatory movements on slow palate expansion. 日本顎口腔機能学会学術大会プログラム・事前抄録集. 2023. 69th
  • 吉澤葵, 石井かおり, 小松昌平, 鈴木裕介, 黒江星斗, 和仁俊夫, 根岸慎一. The relationship between mandibular molar adaptation and oral function with maxillary slow expansion. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2022. 81st
  • 黒江星斗, 石井かおり, 鈴木裕介, 根岸慎一, 黒江星斗, 石井かおり, 鈴木裕介, 根岸慎一. 骨格性下顎前突者の口腔機能が上下顎側方歯の歯性補償に及ぼす影響について. 東京矯正歯科学会雑誌. 2022. 32. 2
  • 竹谷英哲, 中山仁史, 石光俊介, 武藤佑子, 根岸慎一, 石井かおり, 葛西一貴, 堀畑聡. Fundamental research for detection of Adenoid hypertrophy using Mel-filter bank. 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM). 2022. 2022
more...
Patents (1):
  • 舌位・舌癖判定装置、舌位・舌癖判定方法及びプログラム
Lectures and oral presentations  (50):
  • 食品テクスチャー分析による咀嚼トレーニングに適したガムの選定に関する研究
    (第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023)
  • 一般集団の経年資料を用いた上顎前歯部叢生と歯列形態の成長のメカニズムについて
    (第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023)
  • 音声分析を応用した鼻閉と咽頭扁桃肥大の比較に関する研究-音声分析による気道狭窄の簡易的診断方法の開発-
    (東京矯正歯科学会 2023)
  • 第一第二鰓弓症候群に対してStaged approachの外科的矯正治療を行なった1例
    (日本顎変形症学会 2023)
  • 硬性グミ咀嚼が小学生児童の口腔機能に及ぼす影響
    (小児歯科学会 2023)
more...
Professional career (1):
  • 博士(歯学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page