Rchr
J-GLOBAL ID:201801017509572630   Update date: Aug. 11, 2021

Mori Keiko

モリ ケイコ | Mori Keiko
Affiliation and department:
Job title: professor
Homepage URL  (1): http://www.fhs.okayama-u.ac.jp/
Research field  (1): Clinical nursing
Research keywords  (20): critical care nursing ,  perioperative nursing ,  oncology nursing ,  esophageal cancer ,  cancer rehabilitation ,  qualitative research ,  災害看護 ,  移植看護 ,  アピアランスケア(脱毛) ,  adult care nursing ,  Critical care nursing ,  Perioperative nursing ,  Oncology nursing ,  Esophageal cancer ,  Cancer rehabilitation ,  Qualitative research ,  Disaster nursing ,  Transplant nursing ,  appearance care( chemotherapy induced alopecia ) ,  Adult care nursing
Research theme for competitive and other funds  (19):
  • 2021 - 2025 食道切除後術患者のサルコペニア予防を目的としたモバイルヘルスプログラムの開発
  • 2021 - 2025 レジリエンス促進支援を必要とする早期乳がん患者の特徴の解明
  • 2018 - 2023 The construction of daily life support nursing model to postoperative long-term survivor of thoracic esophagus cancer
  • 2020 - 2023 災害時における在日外国人のセルフリスクアセスメント 研究課題
  • 2016 - 2020 Verification of a nursing practice model for relaxation of psychosomatic tension in cancer patients undergoing ambulatory chemotherapy
Show all
Papers (21):
MISC (10):
  • 森恵子. 【手術をめぐるがん看護~意思決定支援から術後リハビリテーション看護まで~】 (第V章)がん手術患者に対するリハビリテーション看護 リハビリテーション看護の特徴(解説/特集). がん看護. 2013. 18. 2. 235-239
  • 森恵子. 【手術をめぐるがん看護~意思決定支援から術後リハビリテーション看護まで~】 (第V章)がん手術患者に対するリハビリテーション看護 食道がんで食道切除術および食道再建術を受けた患者の看護. がん看護. 2013. 18. 2. 259-62
  • 森恵子. 看護編 (疾患と看護がわかる看護過程 ナーシングプロセス 食道がん). クリニカルスタディー. 2011. 32. 8. 684-697
  • 森恵子, 秋元典子, 猶本良夫. 胸壁皮下経路再建術が食道がん患者の術後QOLに及ぼす影響. 2005年度財団法人岡山医学振興会研究助成報告書. 2006
  • 森恵子, 秋元典子. 周術期ケアの現在とエビデンス. EBNURSING. 2006. 7. 1. 28-35
more...
Books (10):
  • 緩和・ターミナルケア看護論第2版
    ヌーベル・ヒロカワ 2011
  • がん化学療法・バイオセラピー看護実践ガイドライン
    医学書院 2009
  • がん看護コアカリキュラム
    医学書院 2007
  • シリーズ・基礎からの社会福祉5介護福祉概論
    ミネルヴァ書房 2005
  • 周手術期看護論
    ヌーベル・ヒロカワ 2005
more...
Lectures and oral presentations  (82):
  • クリティカルケア領域の達人看護師がおこなう高度医療機器を駆使したモニタリングの実践知をもとに,クリティカルケア看護におけるモニタリングの意味を明らかにすること.
    (第17回日本クリティカルケア看護学会学術集会 2021)
  • wearable fitness tracking deviceを用いた食道癌周術期支援プログラムの短期的効果
    (第74回日本食道学会学術集会 2020)
  • 食道切除術前後の運動耐容能と筋力の変化
    (第74回日本食道学会学術集会 2020)
  • 食道切除術を受けた患者が退院時に感じる社会復帰への思い
    (第34回日本がん看護学会学術集会 2020)
  • がん患者に対するwearable fitness tracking deviceの有用性に関する文献レビュー
    (第34回日本がん看護学会学術集会 2020)
more...
Education (2):
  • 2006 - 2012 Okayama University
  • 1983 - 1986 岡山大学医学部附属看護学校
Professional career (1):
  • 博士保健学 (岡山大学)
Work history (6):
  • 2020/04 - 現在 岡山大学 学術研究院保健学域 教授
  • 2013 - 2020/03 Hamamatsu University School of Medicine School of Nursing, Faculty of Medicine Professor
  • 2009/04 - 2013/03 The University of Tokushima
  • 2006/04 - 2009/03 Hamamatsu University School of Medicine School of Nursing, Faculty of Medicine
  • 1999/04 - 2006/03 Okayama University Medical School, Faculty of Health Sciences
Show all
Awards (1):
  • 2004/11 - 日本ME学会 第18回日本ME学会研究奨励賞 食道癌手術前後の嚥下機能変化におけるインピーダンス咽頭図(IPG)の有効性の検討
Association Membership(s) (6):
Japanese Association for Emergency Nursing ,  Japan Academy of Critical care Nursing ,  JAPAN ACADEMY OF NURSING EDUCATION ,  JAPAN SOCIETY OF NURSING RESEARCH ,  JAPAN ACADEMY OF NURSING SCIENCE ,  JAPANESE SOCIETY OF CANCER NURSING
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page