Rchr
J-GLOBAL ID:201801018474271239   Update date: Jul. 29, 2022

IKAWA Shiro

イカワ シロウ | IKAWA Shiro
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Social law
Research keywords  (4): 国際貿易・投資と労働法 ,  経済統合と労働法 ,  労働抵触法 ,  ヨーロッパ・EU労働法
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2022 - 2026 企業の国境を越える人権保護義務の研究~サプライチェーンの労働者を念頭に~
  • 2020 - 2023 プラットフォームエコノミーの進展と社会法の近未来ーゆらぐ企業依存型システム
  • 2018 - 2022 労働者の国際移動の自由としての平等原理の可能性と限界~EU法を素材として~
  • 2017 - 2020 クラウドソーシングの進展と社会法の近未来-クラウドワーカーの法的保護の検討
Papers (25):
  • 井川志郎. プラットフォームワーカーと国際的労働関係-国際民事手続法上の諸論点. ジュリスト. 2022. 1572. 29-34
  • 井川志郎. プラットフォーム就労と法適用通則法12条-労働抵触法上の重要概念の機能性を問う-. 日本労働法学会誌. 2022. 135. 69-85
  • 井川志郎. 労働立法プロセスにおける(政労使)三者間対話の位置付け-日・EUの比較を通じて-. 日本労働法学会誌. 2022. 135. 149-154
  • 井川志郎. 法の適用に関する通則法12条の労務提供地概念の広範性~とくに国際線の客室乗務員を念頭に. 労働法律旬報. 2021. 1985. 41-60
  • 井川志郎. プラットフォーム就労に関するEUの政策動向~パッチワーク的規律から特化型の保護へ~. 浜村彰=石田眞=毛塚勝利編著『クラウドワークの進展と社会法の近未来』(労働開発研究会). 2021. 217-254
more...
MISC (39):
  • 井川志郎. カリン・シュルツェ・ブショフ+ヘルゲ・エンムラー/後藤究訳「新型コロナ危機における自営業者」の掲載にあたって-解題. 労働法律旬報. 2022. 2009. 6-8
  • 井川志郎. EUのプラットフォーム就労指令案:条文全訳と解説. 労働判例. 2022. 1261. 5-18
  • 井川志郎. 国際線の客室乗務員の労働関係をめぐる国際私法上の諸論点-ユナイテッド・エアーラインズ事件東京高判を素材に. 労働法律旬報. 2022. 2005. 14-23
  • 井川志郎. トランスジェンダー(MtF)職員の性自認に基づくトイレ使用の制限の国賠法上の違法性 国・人事院(経産省職員)事件東京高判令3.5.27. やまぐちの労働. 2021. 665. 6-7
  • 井川志郎. 海外出張中の交通事故にかかる使用者の民事責任と準拠法(シーアイマテックスほか事件・東京地判令2.2.25). 労働法学研究会報. 2021. 72. 13. 14-19
more...
Books (8):
  • 現代ドイツ労働法令集
    労働政策研究・研修機構 2022 ISBN:9784538411682
  • 労働法における最高裁判例の再検討
    旬報社 2022 ISBN:9784845117390
  • 労働判例百選[第10版]
    有斐閣 2022 ISBN:9784641115576
  • 実務家のための労務相談(民法で読みとく)
    有斐閣 2020
  • ニューレクチャー労働法[第3版]
    成文堂 2020
more...
Lectures and oral presentations  (8):
  • 労働立法プロセスにおける(政労使)三者間対話の法的位置付け~日・EUの比較を通じて~
    (日本労働法学会138回大会 2021)
  • プラットフォーム就労と通則法12条~労働抵触法上の重要概念の機能性を問う~
    (日本労働法学会138回大会 2021)
  • 労働契約法20条に関する最高裁二判決の検討-長澤運輸事件・最二小判平30.6.1民集72巻2号144頁-
    (日本労働法学会136回大会 2019)
  • 経済統合下での労働抵触法の意義と課題-EU法の展開をてがかりに-
    (日本労働法学会第131回大会 2016)
  • EU域内市場における労働法の課題-協約自治モデルの欠如と侵食-
    (日本EU学会第35回研究大会 2014)
more...
Education (4):
  • 2012 - 2015 Chuo University
  • 2010 - 2012 Chuo University
  • 2006 - 2010 Chuo University Department of International Law and Business
  • 2003 - 2006 中央大学附属高等学校
Professional career (1):
  • Doctor of Law (Chuo University)
Work history (4):
  • 2019/11 - 現在 同 准教授
  • 2017/04 - 2019/10 Yamaguchi University Faculty of Economics
  • 2015/04 - 2017/02 The Japan Institute for Labour Policy and Training
  • 2013/09 - 2014/08 Wirtschafts- und Sozialwissenschaftliches Institut Gastwissenschaftler
Committee career (5):
  • 2021/10 - 現在 厚生労働省 山口地方労働審議会委員
  • 2017/10 - 2021/04 日本労働法学会 編集委員
  • 2018/04 - 2021/03 厚生労働省 山口地方最低賃金審議会委員
  • 2019/08 - 2021/02 一般社団法人山口県労働者福祉協議会 政策研究委員会参与委員
  • 2019/04 - 2020/11 国土交通省 九州地方交通審議会臨時委員
Awards (1):
  • 2020/11 - 日本労働法学会 奨励賞 井川志郎『EU経済統合における労働法の課題:国際的経済活動の自由との相克とその調整』(旬報社、2019年)
Association Membership(s) (4):
THE EUROPEAN UNION STUDIES ASSOCIATION-JAPAN ,  JAPAN ASSOCIATION OF SOCIAL SECURITY LAW ,  JAPAN LABOR LAW ASSOCIATION ,  日独労働法協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page