Rchr
J-GLOBAL ID:201801018522350049   Update date: Nov. 26, 2019

HOSOKI RUMIKO

ホソキ ルミコ | HOSOKI RUMIKO
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research keywords  (1): レギュラトリーサイエンス、社会薬学、医薬品評価、ファーマコビジランス、医薬品開発
Papers (23):
  • Hideo TAKAMI, Rumiko HOSOKI and Hiromi TAKANO-OHMURO. A proposal for improving the design of fracture studies involving new drugs for osteoporosis by reducing the number of patients, shortening the administration period, and minimizing disadvantages for patients in the placebo group. RSMP. 2018. 8. 151-163
  • 細木るみこ. PMDAにおけるレギュラトリーサイエンスの取り組み. 日本薬理学雑誌. 2016. 148. 9-13
  • 西村(鈴木)多美子、豊島聰、宇山佳明、山田博章、細木るみこ、藤森観之助、長尾拓. 新医薬品承認申請において必要とされる薬理学の役割. 日本薬理学雑誌. 2002. 120. 187-194
  • Hosoki R., Yanagisawa M., Onishi Y., Yoshioka K., Otsuka M. Pharmacological profiles of new orally active nonpeptide tachykinin NK1 receptor antagonists. Eur. J. Pharmacol. 1998. 341. 235-241
  • 高柳一成、細木るみこ. 受容体はどのように考えられてきたか -薬物受容体機構の変遷を中心に-. 薬局. 1997. 48. 4-13
more...
Books (2):
  • Pharmacological characterization of receptors in the spinal cord of the newborn rat. In The Tachykinin Receptors
    (Buck, S. H., Ed), Humana Press, Totowa 1994
  • 薬事関係法規・制度解説 2019-20 年版 「第1部 第2章 第2節の5 医薬品等の承認審査」(編集:薬事衛生研究会)
    薬事日報社 2019 ISBN:978-4-8408-1485-0
Lectures and oral presentations  (42):
  • 感作モルモット肺におけるケミカルメディエーター遊離に対する抗アレルギー薬の作用
    (第56回日本薬理学会年会(Japan. J. Pharmacol., 33, 113p) 1983)
  • ウサギ瞳孔括約筋におけるサブスタンスPおよびその類似体(tachykinin)受容体について
    (日本薬学会第104年会 1984)
  • 家兎瞳孔括約筋におけるtachykinin受容体について
    (第4回眼薬理研究会 1984)
  • ウサギ瞳孔括約筋における各種タキキニンの作用について
    (第58回日本薬理学会年会(Japan. J. Pharmacol., 39, 262p) 1985)
  • 家兎瞳孔括約筋におけるタキキニン受容体について
    (第5回眼薬理研究会 1985)
more...
Education (2):
  • - 1983 東邦大学
  • - 1985 東邦大学大学院
Association Membership(s) (9):
日本薬学会 ,  レギュラトリーサイエンス学会 ,  日本薬理学会 ,  日本臨床薬理学会 ,  日本薬学教育学会 ,  日本神経科学会 ,  日本炎症・再生医学会 ,  日本介護福祉学会 ,  DIA
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page