Rchr
J-GLOBAL ID:201801018575305819   Update date: Sep. 07, 2021

Keita Shibata

シバタ ケイタ | Keita Shibata
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (2): Physiology ,  Pharmacology
Research keywords  (8): 糖尿病網膜症 ,  糖尿病性神経障害 ,  糖尿病 ,  Pharmacology ,  Non-alcoholic steatohepatitis ,  Diabetic kidney disease ,  Acute kidney injury ,  Cerebral infarction
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2021 - 2024 CHP3欠損マウスを用いた糖尿病由来の心不全発症メカニズムの解明
  • 2017 - 2021 安全で確実な経管投薬を実施するための「簡易懸濁法ガイドライン」の策定
  • 2018 - 2020 酢酸誘発脳梗塞モデルマウスを用いた新規治療薬の探索および作用メカニズムの解明
Papers (17):
more...
MISC (2):
Patents (3):
  • Cytoprotective Agents (細胞保護剤)
  • 薬剤及び該薬剤を用いて糖尿病合併症を治療又は予防する方法
  • 薬剤及び該薬剤を用いて腎臓病を治療又は予防する方法
Books (2):
  • 製剤・薬理学から服薬支援を強化する 頻用薬のこれなんで?
    株式会社じほう 2021
  • リハベーシック 薬理学・臨床薬理学
    医歯薬出版株式会社 2020
Lectures and oral presentations  (58):
  • 糖尿病神経障害モデルマウスに対する SMTP-44D の作用メカニズムの検討
    (日本薬学会第141年会 2021)
  • 薬局実務実習におけるオンラインによる「学生カンファレンス」の有用性の検討
    (日本薬学会第141年会 2021)
  • 日本人健康成人男性におけるテモカプリルの薬物血中濃度の比較 ~簡易懸濁法および粉砕による影響の検討~
    (日本薬学会第141年会 2021)
  • 糖尿病神経障害モデルマウスに対するSMTP-44Dの抗酸化作用および抗炎症作用を介した作用メカニズムの解明
    (第143回日本薬理学会関東部会 2020)
  • 糖尿病腎症モデルマウスにおけるSMTP-27の腎機能改善効果
    (第63回日本糖尿病学会年次学術集会 2020)
more...
Education (4):
  • 2008 - 2011 Showa University Graduate School of Pharmacy
  • 2010 - 2010 Albany College of Pharmacy and Health Sciences
  • 2006 - 2008 Showa University Graduate School of Pharmacy
  • 2002 - 2006 Showa University
Professional career (1):
  • 博士 (薬学) (昭和大学)
Work history (7):
  • 2019/11 - 現在 Showa University School of Pharmacy
  • 2019/04 - 現在 昭和医療技術専門学校 非常勤講師
  • 2018/04 - 2021/03 Showa University School of Nursing and Rehabilitation Sciences
  • 2016/07 - 2019/10 Showa University, Division of Pharmacology, Department of Pharmacology, Toxicology, and Therapeutics, Assistant Professor
  • 2013/06 - 2016/06 Showa University, Division of Community Healthcare and Pharmacy, Department of Healthcare and Regulatory Sciences, Assistant Professor
Show all
Committee career (10):
  • 2021/03 - 現在 公益社団法人日本薬学会 ファルマシア地区通信委員
  • 2021/02 - 現在 公益社団法人日本薬学会 代議員
  • 2020/11 - 現在 公益社団法人日本薬理学会 代議員
  • 2020/04 - 現在 学校法人 昭和大学 評議員
  • 2019/07 - 現在 公益社団法人東京都薬剤師会 代議員
Show all
Awards (1):
  • 2010/03 - The Japanese Pharmacological Society The 83rd Annual Meeting Best Presentation Prize
Association Membership(s) (7):
日本糖尿病学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS ,  JAPAN PHARMACEUTICAL ASSOCIATION ,  THE JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOCIETY ,  THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN ,  日本東洋医学会 ,  日本社会薬学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page