Rchr
J-GLOBAL ID:201801018738273464   Update date: Dec. 08, 2020

Asahina Yasuhiro

アサヒナ ヤスヒロ | Asahina Yasuhiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research theme for competitive and other funds  (29):
  • 2018 - 2020 肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索
  • 2018 - 2020 肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発
  • 2017 - 2019 慢性肝疾患の線維化進展におけるMMP関連因子の機能解明と抗線維化療法の開発
  • 2017 - 2019 人工多能性幹細胞由来幹細胞を用いたHBV持続感染とHBV起因肝癌の分子機構の解明
  • 2017 - 2019 ヒトiPS細胞を用いた画期的人工発癌モデルの開発
Show all
Papers (83):
  • Yuki Tahata, Hayato Hikita, Satoshi Mochida, Norifumi Kawada, Nobuyuki Enomoto, Akio Ido, Hitoshi Yoshiji, Daiki Miki, Yoichi Hiasa, Yasuhiro Takikawa, et al. Sofosbuvir plus velpatasvir treatment for hepatitis C virus in patients with decompensated cirrhosis: a Japanese real-world multicenter study. J Gastroenterol. 2020. Online ahead of print.
  • Yasuhiro Asahina, Chun-Jen Liu, Edward Gane, Yoshito Itoh, Norifumi Kawada, Yoshiyuki Ueno, Jin Youn, Chen-Yu Wang, Joe Llewellyn, Takuma Matsuda, et al. Twelve weeks of ledipasvir/sofosbuvir all-oral regimen for patients with chronic hepatitis C genotype 2 infection: Integrated analysis of three clinical trials. Hepatol Res. 2020. 50. 10. 1109-1117
  • Mina Nakagawa, Nobutoshi Nawa, Eiko Takeichi, Taro Shimizu, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, et al. Mac-2 binding protein glycosylation isomer as a novel predictive biomarker for patient survival after hepatitis C virus eradication by DAAs. J. Gastroenterol. 2020
  • Ryoichi Ando, Yasuhiro Asahina, Kazuaki Chayama, Naoki Hiramatsu, Toru Ikegami, Namiki Izumi, Kan Kikuchi, Kazuhiko Koike, Masayuki Kurosaki, Satoshi Mochida, et al. Japan Society of Hepatology guidelines for the management of hepatitis C virus infection: 2019 update. Hepatol Res. 2020. 50. 7. 791-816
  • Yasuhiro Asahina, Drafting Committee for Hepatitis Management Guidelines, the Japan, Society of Hepatology. JSH Guidelines for the Management of Hepatitis C Virus Infection, 2019 Update; Protective Effect of Antiviral Therapy against Hepatocarcinogenesis. Hepatol Res. 2020. 50. 7. 775-790
more...
Books (10):
  • 消化器疾患 最新の治療2019-2020.C型慢性肝炎
    南江堂 2018
  • 臨床薬理学 慢性肝炎
    医学書院 2018
  • 今日の治療指針2018年版 C型慢性肝炎,肝硬変:抗ウイルス療法
    医学書院 2018
  • C型肝炎ウイルス排除後の病態を見極める
    2017
  • II. 肝疾患の治療薬 ~エキスパートはこう使う!~.
    南江堂 2017
more...
Awards (106):
  • 2020/06 - 令和2年度 日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 「制御性単球を標的としたがんの進展・転移に対する治療法の開発」 研究開発代表者:田中正人 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴、中川美奈 制御性単球を標的としたがんの進展・転移に対する治療法の開発
  • 2020/04 - 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「ウイルス性肝炎の薬剤耐性が及ぼす病態変化に関する研究」 研究開発代表者:黒崎雅之 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:村川美也子、新田沙由梨 ウイルス性肝炎の薬剤耐性が及ぼす病態変化に関する研究
  • 2020/04 - 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「血清・肝組織の網羅的グライコミクス等による、肝線維化の病態を効率的に評価・予後予測するバイオマーカーの探索」 研究開発代表者:坂本直哉 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴、三好正人 血清・肝組織の網羅的グライコミクス等による、肝線維化の病態を効率的に評価・予後予測するバイオマーカーの探索
  • 2020/04 - 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「次世代シークエンス技術を用いたC型肝炎の直接作用型抗ウイルス薬による治療後病態に影響をおよぼす因子に関する研究」 研究開発代表者:榎本信幸 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:新田沙由梨、北畑富貴子 次世代シークエンス技術を用いたC型肝炎の直接作用型抗ウイルス薬による治療後病態に影響をおよぼす因子に関する研究
  • 2020/04 - 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 「C型肝炎ウイルス排除治療による肝硬変患者のアウトカムに関する研究開発」 研究開発代表者:竹原徹郎 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:村川美也子、北畑富貴子 C型肝炎ウイルス排除治療による肝硬変患者のアウトカムに関する研究開発
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page