Rchr
J-GLOBAL ID:201801018967889320   Update date: Feb. 01, 2024

Matsumoto Miki

マツモト ミキ | Matsumoto Miki
Affiliation and department:
Research field  (3): Environmental policy and society ,  Civil engineering (materials, implementation, construction management) ,  Civil engineering (planning and transportation)
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2023 - 2024 自然科学と人文・社会学の知を基にした流域治水の総合的マネジメントに関する研究
  • 2022 - 2023 新東名島田金谷IC周辺地区におけるまちづくりの推進について
  • 2017 - 2018 栃木県の建設産業に有する技術力を国際展開するための課題分析
  • 2016 - 2017 小さな拠点づくり推進事業
  • 2011 - 2012 水害避難シナリオ・シミュレータの開発と適用
Show all
Papers (21):
  • An Examination of Climate Anxiety and Its Influencing Factors. 2023. 10. 20-26
  • 松本安生, 岩﨑慶太, 松本美紀. 気候変動緩和に向けた普及啓発事業による効果とその関連要因. 環境情報科学. 2022. 51. 3. 85-90
  • MATSUMOTO Miki, MATSUMOTO Takashi, KOBA Kazuyoshi. Examination of the Effect of the Awareness Methods for Changing Saving Energy Behavior Based on Solution-Focused Coaching. Papers on Environmental Information Science. 2021. ceis35. 280-285
  • 松本美紀, 木下誠也, 笛田俊治. 公共事業発注機関のマネジメント力確保方策に関する一考察-地方公共団体の発注者を対象としたアンケートの分析-. 土木学会論文集F4(建設マネジメント). 2019. 75. 2. 185-199
  • 松本美紀, 佐々木徳朗, Dicky Muslim. インドネシアと日本の大学生の防災意識と防災活動実態に関する調査研究. 土木学会論文集F6 (安全問題). 2018. 74. 2. 53-62
more...
MISC (31):
  • 松本美紀, 白石智子, 海野寿康, 飯村耕介. 栃木県さくら市市民の 流域治水計画に対する受容に関する調査報告. 第41回建設マネジメント問題に関する 研究発表・討論会講演集. 2023. No.3-1. 1-4
  • 全国地球温暖化防止活動推進センター, 事業グループ. 日常生活に関する温室効果ガスの排出抑制等のための調査研究年次レポート(令和2年度). 令和2年度全国地球温暖化防止活動推進センター調査・情報収集等委託業務報告. 2021. 1-53
  • 松本美紀, 松本貴志, 木場和義. 地球温暖化緩和策事業計画のためのCO2排出削減効果の推計. 第38回建設マネジメント問題に関する研究発表討論会講演論文集. 2020
  • 全国地球温暖化防止活動推進センター, 事業グループ. 大学生を対象とした地球温暖化対策に係る普及啓発活動による対象者の意識・行動変容に関する調査研究年次レポート. 平成31年度全国地球温暖化防止活動推進センター調査・情報収集等委託業務報告. 2020. 1-49
  • 全国地球温暖化防止活動推進センター, 事業グループ. 日常生活に関する温室効果ガスの排出抑制等のための調査研究年次レポート(平成30年度). 平成30年度全国地球温暖化防止活動推進センター調査・情報収集等委託業務報告. 2019. 1-26
more...
Lectures and oral presentations  (38):
  • 気候変動を考慮した流域治水に対する社会的受容に関する調査報告
    (第20回 環境情報科学ポスターセッション 2023)
  • 官民連携における 住民 合意の課題 について
    (令和5年度土木学会全国大会 第78回 年次学術講演会 2023)
  • 環境省の家庭エコ診断制度における家庭エコ診断の促進
    (2021年度環境情報科学研究発表大会 2021)
  • 解決志向アプローチ技法を用いた啓発による 省エネの行動変容に関する効果検証
    (2021年度環境情報科学研究発表大会 2021)
  • 健康な暮らしのための住宅の省エネ普及啓発事業に関する一考察
    (土木計画学研究・講演集,第62回土木計画学研究発表会・秋大会 2020)
more...
Professional career (1):
  • 博士(工学)
Work history (7):
  • - 現在 Shizuoka Institute of Science and Technology Faculty of Science and Technology
  • 2018 - 2022 一般社団法人地球温暖化防止全国ネット (全国地球温暖化防止活動推進センター:JCCCA)
  • 2016 - 2018 Utsunomiya University Faculty of Regional Design
  • 2015 - 2016 Utsunomiya University Center for Education and Research of Community Collaboration
  • 2014 - 2015 独立行政法人日本学生支援機構 東京日本語教育センター
Show all
Committee career (6):
  • 2023/06 - 2024/05 藤枝市社会資本総合整備計画評価委員会委員
  • 2016 - 2018 土木学会建設マネジメント委員会国際連携小委員会
  • 2008 - 2012/03 土木学会建設マネジメント委員会運営小委員会
  • 2011 - 2012 愛媛県南宇和郡愛南町防災教育連携協力協議会 委員
  • 2011 - 2012 愛媛県長期計画策定会議 委員
Show all
Awards (1):
  • 日本学校保健学会 学会奨励賞
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page