Rchr
J-GLOBAL ID:201801019465267594   Update date: Jun. 08, 2021

MAKIHARA Erina

MAKIHARA Erina
Research field  (1): Software
Research keywords  (3): Software Engineering Education ,  Programming Education ,  Software Engineering
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2024 学習者のコミュニケーション活動を取り入れた適応学習支援システムの提案
  • 2020 - 2023 状態遷移モデリング学習を支援する学習者向けフィードバック自動生成手法の研究
  • 2020 - 2021 遠隔プログラミング演習における自動フィードバックシステムの提案
  • 2018 - 2019 プログラミング演習における包括的支援システムの検討
Papers (24):
  • Shinpei Ogata, Yusuke Nishizawa, Erina Makihara, Mizue Kayama, Kozo Okano. Property Lifecycle Diagram for Tracing State Machine Diagram Changes. the 16th International Conference on Evaluation of Novel Approaches to Software Engineering. 2021. 521-528
  • Understanding Build Errors in Agile Software Development Project-Based Learning. the 27th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2020). 2020
  • 米田 浩崇, 槇原 絵里奈, 小野 景子. Scratchを用いたプログラミング授業における教員支援のためのリアルタイム分析可視化システムCRABERの提案. 第27回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2020). 2020
  • 八十田 周作, 槇原 絵里奈, 小野 景子, 米田 浩崇. 初学者同士におけるペアプログラミング学習の支援 -Scratchにおける細粒度操作ログ取得環境の提案-. 第27回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2020). 2020
  • 前田 侑哉, 小野 景子, 川合 由夏, 盛 滉佑, 槇原 絵里奈. メラノピック照度比率に基づく昼光によるメラノピック照度と天空条件の相互関係. 同志社大学ハリス理化学研究報告. 2020. 61. 3. 138-142
more...
Books (1):
  • An Automatic Detection system of Gazing Object by YOLO v3
    2021
Lectures and oral presentations  (20):
  • UMLステートマシン図の教育的フィードバック自動生成に向けた答案の誤り特定自動化手法の提案 ~ 特定すべき誤りの種類とその特定結果への着目 ~
    (知能ソフトウェア工学研究会 2021)
  • ステートマシン図における編集時間に基づいた学習者の躓き調査
    (2021年電子情報通信学会総合大会 2021)
  • UMLステートマシン図学習における答案の誤り特定自動化手法の提案
    (2021年電子情報通信学会総合大会 2021)
  • Scratchにおける作品ジャンルに注目したコンピュテーショナル・シンキングスキルの習得度分析
    (知能ソフトウェア工学研究会 2021)
  • 生体情報を用いたプログラミング時における学習者の状態推定の試み
    (知能ソフトウェア工学研究会 2021)
more...
Education (3):
  • 2018 - 現在 Doshisha University Department of Intelligent Information Engineering and Sciences
  • 2013 - 2018 NARA Institute of Science and Technology
  • 2009 - 2013 OSAKA INSTITUTE OF TECHNOLOGY Department of Information Systems
Committee career (11):
  • 2021/06 - 現在 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 幹事
  • 2021 - 現在 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2021 Web広報委員長
  • 2019 - 現在 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 運営委員
  • 2020/06 - 2021/06 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 幹事補佐
  • 2019/08 - 2019/08 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019 Web広報委員長
Show all
Awards (2):
  • 2020/11 - 電子情報通信学会SC/KBSE合同研究会 グッド・インタラクション賞 オンラインジャッジシステムにおける問題の関連性調査
  • 2018/08 - 日本ソフトウェア科学会第35回大会 優秀発表賞 プログラミング演習における探索的プログラミング行動の自動検出手法の提案
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page