Rchr
J-GLOBAL ID:201801019548116482   Update date: Jun. 09, 2020

Kitamura Tetsu

キタムラ テツ | Kitamura Tetsu
Affiliation and department:
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (3): 運動学 ,  コーチ学(テニス方法論) ,  トレーニング科学
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2008 - スポーツ選手の体力トレーニング(動作改善に着目して)
  • 2006 - テニス競技のパフォーマンス向上のための研究
Papers (11):
  • 村上俊祐, 北村哲, 前田明, 高橋仁大. Evaluation based on the relationship between ball speed and ball spin rates on forehand ground strokes in tennis. テニスの科学. 2018. 26. 13-19-19
  • 藤林 献明, 齋藤 壮馬, 山田 庸, 北村 哲. Relationships among Time-limited Stretch-shortening Cycle Movement Ability in Front, Lateral and Upper Direct for Sports Test Evaluation Abilities for 3rd and 4th grade Elementary School Children. 研究紀要 = Bulletin of Biwako Seikei Sport College. 2018. 15. 95-104
  • Koya Nahoko, Kitamura Tetsu, Takahashi Hiroo, Mitsuhashi Daisuke. The correlation between service performance and physical fitness in elite male tennis players::The speed and spin of the service. The Japan Journal of Coaching Studies. 2018. 31. 2. 197-208
  • 北村 哲, 髙橋 仁大, 佐藤 周平, 松本 健太郎, 村上 俊祐, 前田 明, 西薗 秀嗣. Characteristics of the offence performance of groundstrokes in world-top-class tennis players based on the phase of shot. テニスの科学 = Japanese journal of tennis sciences. 2017. 25. 73-90
  • Murakami Shunsuke, Takahashi Hiroo, Muramatsu Tadashi, Sato Bunpei, Sato Masayuki, Koya Nahoko, Kitamura Tetsu, Maeda Akira. Analyzing the speed and spinning frequency of tennis serves: measurements with an instrument that uses radar technology. Research journal of sports performance. 2016. 8. 361-374
more...
MISC (11):
  • 北村 哲. Evaluation methods in coaching for the improvement of sport performance : A case study of the effect of skill training on the tennis service motions of a female college player. 研究紀要. 2014. 11. 125-128
  • 北村哲, 佐藤周平, 小林雄志, 村田宗紀, 山田幸雄. 肩関節の内外旋動作の改善に着目したテニスのサービス改善について. コーチング学研究. 2013. 26. 2. 293-297
  • Kitamura Tetsu, Hondo Shingo, Takabatake Rui, Soejima Hideharu, Endo Toshinori, Miyazaki Junichi, Yasui Toshifumi, Inoue Naoko. 本学学生における体力と生活習慣の関係について (研究の部). The Aoyama standard journal. 2010. 5. 5. 209-228
  • Endo Toshinori, Soejima Hideharu, Kitamura Tetsu, Takabatake Rui, Hondo Shingo, Yasui Toshifumi, Miyazaki Junichi, Inoue Naoko. 相模原キャンパス開設からの追跡調査からみた本学学生の体力・運動能力の現状 (研究の部). The Aoyama standard journal. 2010. 5. 5. 195-207
  • Kitamura Tetsu, Soejima Hideharu, Ueno Yukiko, Ichikawa Daisuke, Takabatake Rui. A Study on the change of psychological condition during a game in the bowling : Focused on "a strike". The Aoyama standard journal. 2008. 3. 3. 341-351
more...
Lectures and oral presentations  (32):
  • 日本トップテニス選手のグラウンドストロークにおける打球データ分析:コースとポジションの違いに着目して
    (テニス学会 2018)
  • 世界トップテニス選手のグラウンドストロークの攻撃場面における打球動作の遂行状況
    (テニス学会 2018)
  • ジュニアテニス選手のサービスおよびグラウンドストロークにおける速度と回転数-K県国体・競技力向上対策事業における測定結果-
    (テニスの科学 2017)
  • 男子エリートテニス選手におけるサービスパフォーマンスと体力との関連性 サービススピードと回転量に着目して
    (日本体育学会大会予稿集 2017)
  • 09方-10-口-21 男子エリートテニス選手におけるサービスパフォーマンスと体力との関連性:サービススピードと回転量に着目して
    (日本体育学会大会予稿集 2017)
more...
Professional career (1):
  • 体育学博士 (鹿屋体育大学大学院)
Committee career (2):
  • 2011 - - 日本テニス協会 技術・サイエンス委員会委員
  • 2009 - - 日本テニス協会 ナショナルチームテクニカルサイエンスサポートチームスタッフ
Association Membership(s) (6):
日本スポーツ運動学会 ,  Japan Society on Tennis Science ,  日本コーチング学会(旧日本スポーツ方法学会) ,  日本トレーニング科学会 ,  日本テニス学会 ,  日本体育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page