Rchr
J-GLOBAL ID:201801020193499740   Update date: Sep. 01, 2020

Akihiro Takeda

Akihiro Takeda
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2019 - 2021 マトリックスライブラリの構築と医薬品成分含有健康食品の前処理法標準化への応用
  • 2018 - 2021 規制・乱用薬物を対象とした標準品を必要としない簡便な絶対構造解析法の開発
  • 2015 - 2019 全てのカンナビノイド系指定薬物に適用可能な高感度分析法の確立
  • 2012 - 2015 漢方薬・生薬中のアリストロキア酸(腎障害惹起物質・発がん物質)の検出法の確立
Papers (22):
Lectures and oral presentations  (33):
  • Characterization of a new illicit phosphodiesterase-type- 5 inhibitor, propoxyphenyl noracetildenafil, identified in the softgel shell of a dietary supplement
    (The 38th Annual Meeting of the Japanese Association of Forensic Toxicology 2019)
  • いわゆる健康食品から検出された新規PDE5 阻害薬について
    (第55回全国衛生化学技術協議会年会 2018)
  • 合成カチノンを対象としたナフチルエチルカラムによる位置異性体の分離分析
    (平成30年度大阪府における医薬品等の製造販売承認等に関する講習会 2018)
  • 合成カチノンを対象としたナフチルエチルカラムによる位置異性体の分離分析
    (平成30年度大阪府における医薬品等の製造販売承認等に関する講習会 2018)
  • 固相分解抽出法を用いた化粧品中の防腐剤イミダゾリジニルウレア定量法開発について
    (日本薬学会第138年会 2018)
more...
Association Membership(s) (2):
日本薬学会 ,  日本法中毒学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page