Rchr
J-GLOBAL ID:201801020351569688   Update date: Nov. 17, 2020

Sakai Hiroaki

サカイ ヒロアキ | Sakai Hiroaki
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Commerce
Research keywords  (3): Brand relationship ,  Consumer behavior ,  Consumer psychology
Papers (8):
  • Responding to Price-cutting Initiated by Market Newcomers - A simulated study of consumer choice and brand strength. Osaka Sangyo University Journal of Business Administration. 2018. 20. 1. 53-84
  • 2者競争状況における価格プロモーションの効果-ブランド力維持のためにSTP戦略を行う企業行動を考慮したシミュレーション-. 日本産業科学学会研究論叢. 2017. 22. 67-75
  • Hiroaki SAKAI. How Do You Do Price Promotion while Competing with the Other Firm? -Simulation Subject to Inner Reference Price and Dynamic Brand Loyalty of Consumer Behavior-. 日本産業科学学会研究論叢. 2016. 21. pp.23-31(9頁)
  • 酒井博章. 2者競争においてどのような価格プロモーションが望ましいか –内的参照価格と静的なブランド・ロイヤルティを持つ消費者行動を前提としたシミュレーション-. 日本産業科学学会研究論叢. 2015. 20. pp.53-59(8頁)
  • 酒井博章. 内的参照価格を考慮した価格プロモーションの効果 –異なる操作的概念の比較・検証-. 日本産業科学学会研究論叢. 2014. 19. pp.29-36(8頁)
more...
MISC (8):
  • 松野光範, 院, 佐野薫, 酒井博章. スポーツボランティア組織に参加する動機づけ要因の検証-コンサドーレ札幌のボランティア組織のアンケート調査より. 大阪学院大学経済論集. 2012. 262. 2. pp.135-154(20頁)
  • 河合勝彦, 屋市立大, 酒井博章. イノベーション普及とオピニオンリーダー. 日本情報経営学会2007年第55回全国大会予稿集. 2007. pp.141-144(4頁)
  • 酒井博章, 河合勝彦. 消費者間ネットワークを考慮した新製品普及の考察. 経営情報学会2006年秋季全国大会研究大会予稿集. 2006. pp.84-87(4頁)
  • 酒井博章, 河合勝彦. エージェント・ベース・モデルを利用した新製品普及戦略の考察-キャズム発生要因の確認とその対策-. 名古屋市立大学経済学会オイコノミカ. 2006. 43. 2. pp.1-16(16頁)
  • 酒井博章, 河合勝彦. キャズムを乗り越えるマーケティング戦略- エージェントベース・モデルによるアプローチ –. オフィス・オートメーション学会経営情報学会2006年合同・全国研究大会予稿集. 2006. pp.362-365(4頁)
more...
Lectures and oral presentations  (18):
  • Relationship between Factors that Consumers Have Attachment and Factors that They Lose Their Attachment towards Brand
    (Chubu Sectional Meeting Japan Academy of Advertising 2019)
  • なぜ愛着があったブランドがどうでも良くなるのか ー製品特性を考慮した因果分析ー
    (日本商業学会関西部会 2018)
  • 価格面で競争を仕掛ける新規参入者にどのように対応すべきか-顧客の愛着の変化パターンを考慮したシミュレーション-
    (日本産業科学学会関西部会 2017)
  • 2者競争状況における価格プロモーションの効果 -ブランド力維持のためにSTP戦略を行う企業行動を考慮したシミュレーション-
    (日本産業科学学会 第22回全国大会 2016)
  • 2者競争状況における価格プロモーションの効果 -STP戦略を行う企業行動を考慮したシミュレーション-
    (日本産業科学学会中部・関西合同部会 2016)
more...
Professional career (2):
  • Doctor of Economics (Nagoya City University)
  • 博士(経済学) (名古屋市立大学)
Committee career (2):
  • 2014 - 2015 日本産業科学学会 理事
  • 2014 - 2015 JAPAN ACADEMY FOR INDUSTRIAL SCIENCE Director
Association Membership(s) (4):
Association for Consumer Research ,  JAPAN ACADEMY FOR INDUSTRIAL SCIENCE ,  Japan Society of Marketing and Distribution ,  Japan Academy of Advertising
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page