Rchr
J-GLOBAL ID:201801020493892931   Update date: Oct. 14, 2020

michi kashiwa

michi kashiwa
Affiliation and department:
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2023 抗がん剤脱毛時の頭皮悪化が予測できるウィッグ装着型ウェアラブル端末の開発
  • 2018 - 2021 看護における「チームレジリエンス」の発揮過程-困難からの回復-
  • 2012 - 2015 Development of a mental health care program for nurses to establish an external EAP organization dedicated to nursing care professionals
Papers (7):
more...
MISC (3):
Lectures and oral presentations  (8):
  • 一般病棟の看護チームが困難から回復するまでのチームレジリエンス
    (日本看護科学学会学術集会講演集 2019)
  • 特別養護老人ホームにおいて「より良い看取り」を実現するための取り組み 研究者と施設の職員との協働によるミューチュアル・アクションリサーチ
    (日本臨床死生学会プログラム・抄録集 2018)
  • 香りカプセルを吸着させた『安らぎアロマシート』の開発
    (看護理工学会学術集会・看護実践学会学術集会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会合同学術集会プログラム・抄録集 2017)
  • レジリエンス概念の意味とその用いられ方に関する文献検討
    (日本精神保健看護学会学術集会・総会プログラム・抄録集 2017)
  • 新卒当時を経て看護師が仕事上の困難への対処の仕方を見出すプロセス
    (ストレス科学 2016)
more...
Association Membership(s) (1):
日本看護管理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page