Rchr
J-GLOBAL ID:201801020749470215   Update date: Jul. 01, 2022

KAZUHIRO YOSHIDA

ヨシダ カズヒロ | KAZUHIRO YOSHIDA
Affiliation and department:
Job title: Lecturer/Junior Associate Professor
Research field  (7): Prosthodontics ,  Orthopedics ,  Biomaterials ,  Biomedical engineering ,  Machine elements and tribology ,  Design engineering ,  Machine materials and mechanics
Papers (59):
  • Rina Sakai, Tatsuki Kitazato, Katsufumi Uchiyama, Kazuhiro Yoshida, Takeaki Yamamoto, Naonobu Takahira, Masanobu Ujihira. Investigation of Hammering Sound Frequency to Prevent Intraoperative Fracture during Total Hip Arthroplasty. Journal of Biomedical Science and Engineering. 2021. 14. 10. 339-345
  • Effect of osteoblast differentiation of MC3T3-E1 on DLC coated titanium scaffolds. 2021. 266-269
  • 久保田康佑, 吉田和弘, 酒井利奈, 氏平政伸. DLC コーティングチタンがMC3T3-E1 骨芽細胞様細胞の骨芽細胞への分化に及ぼす影響. 臨床バイオメカニクス. 2021. 42. 263-267
  • 酒井利奈, 内山勝文, 吉田和弘, 氏平政伸. 骨接合術における超高分子量ポリエチレン製ケーブルの血流確保に基づく締結力の推定. 臨床バイオメカニクス. 2021. 42. 227-231
  • 水橋智美, 内山勝文, 稲葉裕, 崔賢民, 酒井利奈, 吉田和弘. 人工関節周囲感染症における新たな診断基準の有用性についての検討. 臨床バイオメカニクス. 2021. 42. 145-147
more...
MISC (3):
  • 吉田和弘. 特集号「医療材料の表面における現象」に寄せて. 日本材料科学会誌 材料の科学と工学. 2020. 57. 3. 81
  • 吉田和弘. 特集号「感染-見えない敵と戦うモノ-」に寄せて. 日本材料科学会誌 材料の科学と工学. 2018. 55. 3. 83
  • YOSHIDA Kazuhiro, INUMARU Yutaka, MISHINA Hiroshi, MORITA Masafumi, MABUCHI Kiyoshi, SASAKI Shinya. Development of the bio-cermet for artificial joints. The Proceedings of the JSME Conference on Frontiers in Bioengineering. 2004. 2004. 0. 105-106
Lectures and oral presentations  (77):
  • 人工股関節全置換術の手術創管理における皮膚用接着剤単独使用法及び皮膚接合用テ-プ併用法の有用性の検討
    (第41回バイオトライボロジシンポジウム 2022)
  • 人工股関節全置換術術後の合成皮膚表面接着剤と皮膚接合用テープによる手術創管理
    (第52回日本人工関節学会 2022)
  • DLC コーティングチタン上のハイドロキシアパタイト形成抑制による骨癒着防止効果
    (第48回日本臨床バイオメカニクス学会)
  • セメントレス人工関節用表面処理材料の摩擦係数に対する荷重依存性
    (第48回日本臨床バイオメカニクス学会)
  • 人工股関節置換術における合成皮膚接着剤の創傷治癒に関する検討
    (第48回日本臨床バイオメカニクス学会)
more...
Works (3):
  • 書評『図解 道具としての材料力学入門』
    吉田和弘 2019 -
  • 書評『ヒューマンロボティクス~神経メカニズムと運動制御~』
    吉田和弘 2018 -
  • 書評『採択される科研費申請ノウハウ~審査から見た申請書のポイント~』
    吉田和弘 2018 -
Education (4):
  • 2002 - 2005 Chiba University 人工システム科学
  • 2000 - 2002 Chiba University 電子機械科学専攻
  • 1998 - 2000 Chiba University 機械工学科
  • 1993 - 1998 Kurume National College of Technology 機械工学科
Professional career (1):
  • Ph.D. (Chiba University)
Work history (3):
  • 2016/09/01 - 医療衛生学部 医療工学科 臨床工学専攻 生体工学
  • 2015/10/01 - 2016/08/31 TUV Rheinland Japan Ltd.
  • 2005/04/01 - 2015/09/11 KYOCERA Corporation
Committee career (3):
  • 2021/06 - 現在 日本材料科学会 評議員
  • 2017/01 - 現在 日本材料科学会 編集委員
  • 2016/12 - 現在 日本臨床バイオメカニクス学会 査読委員
Awards (3):
  • 2022/01 - 日本臨床工学技士教育施設協議会 優秀演題賞 遠隔による臨床工学技士国家試験対策演習への取り組みについて
  • 2021/09 - ライフサポート学会 バリアフリーシステム開発財団奨励賞 DLC コーティングチタンがMC3T3-E1 骨芽細胞様細胞の骨形成抑制に与える影響
  • 2020/05/26 - 日本生体医工学会 Young Investigator’s Award優秀賞 DLCコーティングチタン上におけるMC3T3-E1骨芽細胞様細胞の骨形成抑制評価
Association Membership(s) (5):
日本生体医工学会 ,  日本材料科学会 ,  日本骨折治療学会 ,  日本人工関節学会 ,  日本臨床バイオメカニクス学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page