Rchr
J-GLOBAL ID:201801021190470801   Update date: Feb. 18, 2024

Ayumi Tokunaga

トクナガ アユミ | Ayumi Tokunaga
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2023 - 2026 Prediction Model for Risk of Inpatient Falls Utilizing Multidimensional Data and Multimodal Machine Learning
  • 2023 - 2025 Pharmacist education project to utilize local community pharmacies as peer support stations for cancer patients
  • 2022 - 2025 緊急的な状況における薬事行政と市民の相互理解に寄与するコミュニケーション法の検討
  • 2019 - 2023 The importance of peer-to-peer networking in the community-based integrated care systems
  • 2021 - 2023 レジリエント・ヘルスケアによる医療の質向上・安全推進に資する研究
Show all
Papers (44):
  • 新谷 拓也, 徳永 あゆみ, 新開 裕幸, 勇 佳菜江, 上間 あおい, 安部 猛, 北村 温美, 中島 和江. 転倒転落リスクアセスメントの有用性評価と効率化の試み. 医療の質・安全学会誌. 2023. 18. Suppl. 299-299
  • 徳永 あゆみ, 北村 温美, 安部 猛, 佐藤 仁, 中村 京太, 中島 和江. 医療チームの適応能力を引き出す共通要素とチームタイプ別の特徴 2大学病院における検討. 医療の質・安全学会誌. 2023. 18. Suppl. 316-316
  • 北村 温美, 徳永 あゆみ, 新谷 拓也, 中村 京太, 佐藤 仁, 安部 猛, 中島 和江. 一般市民のコロナウイルス感染症に関連した医薬品情報収集の実際と課題について(Webアンケート調査). ヘルスコミュニケーションウィークプログラム・抄録集. 2023. 2023. 149-149
  • 馬殿 恵, 加藤 更紗, 仁木 暁子, 満塩 研人, 原 知之, 木村 優, 川知 祐介, 小澤 栄稔, 石橋 千咲, 細川 吉弥, et al. 肥満をめぐって、生来と環境の視点から 栄養疫学エビデンスに基づく、調理指導を含めた生活習慣改善プログラムの開発と検証. 日本内分泌学会雑誌. 2023. 99. 1. 212-212
  • 馬殿 恵, 加藤 更紗, 仁木 暁子, 満塩 研人, 原 知之, 木村 優, 川知 祐介, 小澤 栄稔, 石橋 千咲, 細川 吉弥, et al. 肥満をめぐって、生来と環境の視点から 栄養疫学エビデンスに基づく、調理指導を含めた生活習慣改善プログラムの開発と検証. 日本内分泌学会雑誌. 2023. 99. 1. 212-212
more...
MISC (81):
  • 徳永あゆみ. 13. 事故調査結果報告書の作成と組織対応. 公益財団法人日本医療機能評価機構 認定病院患者安全推進協議会 患者安全ジャーナル別冊 医療安全管理者のための実務ガイドブック. 2022. 80-84
  • 馬殿 恵, 仁木 暁子, 満塩 研人, 原 知之, 川知 祐介, 堀井 知美, 石橋 千咲, 藤田 真吾, 藤田 有可里, 藤島 裕也, et al. 調理指導を含めた生活習慣改善プログラムの開発-中間報告. 糖尿病. 2022. 65. Suppl.1. S-145
  • 元田 沙織, 塩田 修三, 馬殿 恵, 藤田 有可里, 小澤 純二, 加藤 更紗, 藤田 真吾, 徳永 あゆみ, 宮川 潤一郎, 下村 伊一郎, et al. 先天性無虹彩症を合併しPax6遺伝子変異を認めた糖尿病2症例. 糖尿病. 2022. 65. Suppl.1. S-160
  • 徳永 あゆみ, 北村 温美, 安部 猛, 中島 和江, 小澤 純二, 下村 伊一郎. 糖尿病をはじめとした慢性疾患患者に対するピアサポートの有用性に関する探索的検討. 糖尿病. 2022. 65. Suppl.1. S-193
  • 小澤 栄稔, 満塩 研人, 仁木 暁子, 川田 哲史, 高山 理佐, 堀井 知美, 元田 沙織, 石橋 千咲, 南茂 隆生, 馬殿 恵, et al. 2型糖尿病患者におけるグルカゴンと糖尿病網膜症および腎症との関連. 糖尿病. 2022. 65. Suppl.1. S-215
more...
Lectures and oral presentations  (27):
  • 境界を越えて協働する
    (令和 5 年度 医療安全に関するワークショップ(厚生労働省 近畿厚生局主催) 2023)
  • 医療チームの適応能力を引き出す共通要素とチームタイプ別の特徴:2大学病院における検討
    (第18回 医療の質・安全学会学術集会 2023)
  • やさしいインスリン塾
    (2023年度北河内メディカルネットワーク(KMN)医療安全講習会 2023)
  • Pharmacist education project to utilize local community pharmacies as peer support stations for cancer patients.
    (2023)
  • Enablers for synthesizing resilience performance in different types of medical teams in Japanese university hospitals.
    (Resilient Health Care Society Summer Meeting 2023 2023)
more...
Education (2):
  • - 2009 Osaka University Graduate School, Division of Medical Sciences
  • - 2001 Osaka University Faculty of Medicine
Work history (6):
  • 2023/04 - 現在 Kansai Medical University
  • 2015/11 - 現在 Osaka University Osaka University Hospital Assistant Professor
  • 2013/04 - 2015/10 大阪大学医学部附属病院 内分泌代謝内科・医員
  • 2004/07 - 2004/11 大阪大学医学部附属病院 内分泌代謝内科・医員
  • 2002/06 - 2004/05 市立吹田市民病院内科・医員
Show all
Committee career (3):
  • 2022/10 - 現在 医療の質・安全学会 代議員
  • 2020/12 - 現在 日本糖尿病学会 近畿支部評議員
  • 2020/06 - 2023/03 吹田市医師会 医療安全委員
Association Membership(s) (4):
医療の質・安全学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本内科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page