Rchr
J-GLOBAL ID:201801021473579672   Update date: Aug. 08, 2020

Buseki Sae

ブセキ サエ | Buseki Sae
Affiliation and department:
Research field  (1): Art history
Research keywords  (3): ポンペイ ,  ローマ ,  西洋美術史
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2018 - 2021 古代ローマの室内装飾における自然風景描写の研究
Papers (4):
  • Sae Buseki. Una ricerca sul pittore della Casa del Sacerdos Amandus: L'ipotesi per una specializzazione dei pittori delle pitture parietale romane. Art history. 2020. 41号. 101-120
  • Sae Endo-Buseki. Disaster and its representation in Pompeii. 3.11 Disaster and trauma in experience, understanding, and imagination. 2019. 127-136
  • Kyoko Sengoku-Haga, Sae Buseki, Min Lu, Sintaro Ono, Takeshi Oishi, Takeshi Masuda, Katsushi Ikeuchi. Polykleitos and his followers at work: how the Doryphoros was used. Artistry in Bronze. XIXth International Congress on Ancient Bronzes. 2017
  • 武関彩瑛. 古代ローマ壁画における神話風景画--アグリッパ・ポストゥムス荘「神話の間」を中心に--. 第66回美学会全国大会若手フォーラム報告集. 2016. 97-104
MISC (4):
  • 三角太郎, 小川知幸, 武関彩瑛, 瀬戸はるか, 玉田優花子, 冬木里佳, 福田智美. 日・EUフレンドシップウィーク2019展示「書庫のなかのヨーロッパ:人文学者のよこがお」開催報告ー図書館と学生との協働事業としてー. 東北大学附属図書館調査研究室年報. 2020. 7号. 101-112
  • セッティス サルヴァトーレ, フォンがロ・エンリコ, 芳賀京子, 河西 宏紀, 瀬戸 はるか, 武関 彩瑛, 郭 磊, 河野 奈津美. 翻訳 サルヴァトーレ・セッティス「博物美術史を求めて : アメリカインディアンのルネサンスとアビ・ヴァールブルクの出会い(一八九五年)」. 美術史学 = Art history. 2018. 39. 165-185
  • 武関彩瑛. 【翻訳】作品解説 『古代ギリシャ-時空を超えた旅-』. 2016
  • 武関彩瑛. 【翻訳】作品解説 『世界遺産 ポンペイの壁画展』. 2016
Books (1):
  • 世界遺産 ポンペイの壁画展 (展覧会カタログ)
    2016
Lectures and oral presentations  (6):
  • Asia and Africa in Roman paintings
    (International PhD student workshop: Asian and North African Studies in a Globalized and Interconnected World 2020)
  • Il paesaggio mitologico segue un modello? Le pitture in Terzo e Quarto Stile.
    (PARETI DIPINTE : dallo scavo alla valorizzazione, XIV COLLOQUIO AIPMA 2019)
  • 古代ローマ壁画のコピーに関する一考察--背景描写を中心に
    (イタリア言語・文化研究会 第159回例会 2019)
  • 古代ローマ壁画における図像選択 --ポンペイ「神官アマンドゥスの家」トリクリニウム(b)の神話風景画を中心に--
    (第69回美学会全国大会 2018)
  • L’effetto degli catastrofi naturali sulla espressione artistica a Pompei
    (International Workshop on Japanese Cultural Studies (Università Ca' Foscari Venezia) 2018)
more...
Education (3):
  • 2018 - 現在 東北大学大学院 美学・西洋美術史 博士後期3年の課程
  • 2015 - 2018 東北大学大学院 美学・西洋美術史 博士前期2年の課程
  • 2011 - 2015 Tohoku University Department of Humanities and Social Sciences
Professional career (1):
  • 修士(文学) (東北大学)
Awards (2):
  • 2018/07 - 第4回東北大学若手研究者アンサンブルワークショップ ポスター賞 「古代ローマ美術にみる風景表現の一考察--当時の自然観と自然災害による影響との関連から」
  • 2016/07 - 東北大学基金 グローバル萩海外留学奨励賞
Association Membership(s) (2):
THE JAPANESE SOCIETY FOR AESTHETICS ,  THE JAPAN ART HISTORY SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page