Rchr
J-GLOBAL ID:201901000281551928   Update date: Jan. 10, 2020

Sawayama Eitaro

サワヤマ エイタロウ | Sawayama Eitaro
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Aquatic bioproduction science
Research keywords  (3): 養殖魚 ,  DNAマーカー ,  選抜育種
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2019 - 2021 マダイをモデルとした養殖魚の育種-管理-保全に利用可能な高感度個体識別システム
  • 2018 - 2019 メタゲノム解析による養殖マダイ尾鰭末端欠損の原因解明と育種への応用
  • 2017 - 2018 マダイ人工種苗で見られる体色透明化異常の原因遺伝子を特定する
  • 2016 - 2017 マダイの体色透明化異常の原因遺伝子特定に向けた染色体領域の詳細化
  • 2015 - 2016 AFLP法によるマダイの遺伝的形態異常特異的マーカーの探索
Show all
Papers (36):
  • Eitaro Sawayama, Hironori Nakao, Wataru Kobayashi, Takashi Minami, Motohiro Takagi. Identification and quantification of farmed red sea bream escapees from a large aquaculture area in Japan using microsatellite DNA markers. Aquatic Living Resources. 2019. 32. 26
  • 澤山英太郎. 養殖親魚の品質をDNAで見極める. 月刊 海洋. 2019. 51. 6. 276-279
  • Eitaro Sawayama, Shin-Ichi Kitamura, Kei Nakayama, Kohei Ohta, Hiroyuki Okamoto, Akiyuki Ozaki, Motorhiro Takagi. Development of a novel RSIVD-resistant strain of red sea bream (Pagrus major) by marker-assisted selection combined with DNA-based family selection. Aquaculture. 2019. 506. 188-192
  • 澤山英太郎. マダイ・ヒラメの実践的遺伝育種研究. 日本水産学会誌. 2018. 84. 618-628
  • Mohammad Ali Noman Reza, Sipra Mohapatra, Sonoko Shimizu, Shin-Ichi Kitamura, Shogo Harakawa, Hidemasa Kawakami, Kei Nakayama, Eitaro Sawayama, Takahiro Matsubara, Kohei Ohta, Tapas Chakraborty. Molecular cloning, characterization and expression analysis of complement components in red sea bream (Pagrus major) after Edwardsiella tarda and red sea bream Iridovirus (RSIV) challenge. Fish and Shellfish Immunology. 2018. 82. 286-295
more...
MISC (10):
  • 澤山英太郎. 種苗生産現場の技術課題と克服へのアプローチ. 月刊アクアネット. 2019. 22. 26-30
  • 澤山英太郎. (有)まる阿水産におけるマダイの耐病性系統開発. 月刊養殖ビジネス. 2016. 53. 20-21
  • 澤山英太郎. (有)まる阿水産を例に見る国内のヒラメ種苗生産状況. 月刊養殖ビジネス. 2016. 53. 12-15
  • 澤山英太郎. 種苗生産における品質管理. 月刊アクアネット. 2015. 18. 40-44
  • 澤山英太郎. (有)まる阿水産の育種技術開発 DNA親子鑑定による家系選抜. 月刊養殖ビジネス. 2014. 51. 94-96
more...
Lectures and oral presentations  (47):
  • ヒラメ体色異常個体の遡及的親子鑑定による発生要因の推定と効率的排除
    (平成22年度日本水産学会春季大会 2010)
  • DNA親子鑑定技術を用いたヒラメ体色変異個体の発生要因の推定
    (第8回因島種苗生産技術交流会 2010)
  • マダイ体色異常個体の特徴とDNA親子鑑定による発生要因の推定
    (平成22年度日本水産学会秋季大会 2010)
  • DNA親子鑑定によるヒラメ逆位個体の発生要因の推定
    (第9回日本水産増殖学会大会 2010)
  • 異なる餌料環境下におけるヒラメ下顎伸長異常個体の親間差
    (平成23年度日本水産学会春季大会 2011)
more...
Education (2):
  • 1999 - 2004 Nihon University 生物資源科学部 海洋生物資源科学科
  • 2004 - 2006 Tokyo University of Marine Science and Technology 海洋科学技術研究科 海洋生命科学専攻
Work history (4):
  • 2006/04/01 - 2018/03/31 有限会社まる阿水産
  • 2013/04/01 - 2018/03/31 愛媛大学大学院 特定研究員(兼任)
  • 2018/04/01 - 2019/03/31 愛媛大学 特任助教
  • 2019/04/01 - 日本大学 専任講師
Awards (5):
  • 2019/09/09 - マリンバイオテクノロジー学会 マリンバイオテクノロジー学会 平成30年度マリンバイオテクノロジー論文賞 Identification, Characterization, and Mapping of a Novel SNP Associated with Body Color Transparency in Juvenile Red Sea Bream (Pagrus major).
  • 2019/03/25 - 日本大学生物資源科学部 学部長賞 家系判別による養殖親魚の形質評価に関する研究
  • 2018/03/28 - 公益社団法人日本水産学会 平成29年度水産学奨励賞 家系判別による養殖親魚の形質評価に関する研究
  • 2010/08 - 第8回因島種苗生産技術交流会 ベストポスター賞 DNA親子鑑定技術を用いたヒラメ体色変異個体の発生要因の推定
  • 2009/12 - えひめフロンティア企業クラブ ジュニアドベンチャー選手権 伊予銀行賞 マイクロサテライトDNAマーカーを利用した養殖魚の選抜育種効率化
Association Membership(s) (6):
公益社団法人日本水産学会 ,  日本水産増殖学会 ,  マリンバイオテクノロジー学会 ,  日本魚病学会 ,  日本動物遺伝育種学会 ,  水産育種研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page