Rchr
J-GLOBAL ID:201901000363132192   Update date: Sep. 21, 2021

Kazuma Sogabe

Kazuma Sogabe
Affiliation and department:
Research field  (2): Education - general ,  Gender studies
Research keywords  (7): マイノリティ教育 ,  セクシュアリティ ,  アメリカ哲学 ,  スタンリー・カベル ,  教育人間学 ,  臨床教育学 ,  教育哲学
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2016 - 2019 セクシュアル・マイノリティと「強い個」の育成:エマソンのアメリカ哲学の現代的意義
  • 2014 - 2016 Cultivation of the “Strong Self” for Social Minority: Cross-cultural dialogue on Ralph Waldo Emerson an its American Philosophy for Practice
Papers (5):
  • SOGABE Kazuma. The Politics of Hope: Reconsidering Political Education through Stanley Cavell’s “Moral Perfectionism”. 2021. 88. 2. 158-170
  • SOGABE Kazuma. Stanley Cavell’s “Acknowledgment” and Its Implications for Moral Education: In Relation to the Ordinary and Skepticism. 2020. 66. 1-14
  • 曽我部 和馬. マイノリティともうひとつの政治性:スタンリー・カベルの「エマソンの道徳的完成主義」を通じて. 臨床教育人間学. 2019. 14. 37-47
  • Kazuma Sogabe. Education for the Politics of “Voice”: Cavell, Butler, and Acknowledging Others. Educational Studies in Japan: International Yearbook. 2019. 13. 97-109
  • 曽我部 和馬. マイノリティと「強い個」:スタンリー・カベルの「エマソンの道徳完成主義」を通じて. 修士論文(京都大学). 2016
MISC (4):
  • リズ・ジャクソン(著), 上林 梓, 曽我部 和馬, 森田 一尚(翻訳). 多様性、言語、そして教育哲学を通じた自己発見. 教育哲学研究. 2020. 121. 25-31
  • 曽我部 和馬. 「他者の心を知ること」の認識論を超えて:S・カベルの「acknowledgment」概念を手がかりに. 教育哲学会 第61回大会 発表要旨集録. 2018. 66-67
  • 曽我部 和馬. グローバル生存学履修生の紹介. 京都大学グローバル生存学大学院連携プログラム News Letter. 2015. 9. 6
  • 曽我部 和馬. 学部生から. 京都大学 大学院教育学研究科/教育学部 News Letter. 2013. 26. 5
Lectures and oral presentations  (10):
  • 「他者の心を知ること」の認識論を超えて:S・カベルの「acknowledgment」概念を手がかりに
    (教育哲学会 第61回大会 2018)
  • Towards Alternative Minority Education: Stanley Cavell and “Emersonian Thinking”
    (International Network of Philosophers of Education 15th Conference 2016)
  • マイノリティと「もうひとつの政治性」:スタンリー・カベルの「エマソンの思考」を通じて
    (アメリカ哲学フォーラム 第3回大会 2016)
  • マイノリティとスタンリー・カベルの「エマソンの『強い個』」:今年度の研究計画
    (京都大学融合チーム研究プログラムSPIRITS「『翻訳としての哲学』と他文化理解:双方向的国際化に向けた哲学と教育の学際研究」平成28年度SPIRITSプロジェクト第一回会議 2016)
  • Recognition of Minorities: Lessons from Stanley Cavell’s “Emersonian Perfectionism”
    (Issues of Recognition in Pragmatism and American Transcendentalism 2015)
more...
Education (4):
  • 2016 - 現在 京都大学大学院 臨床教育学専攻 臨床教育学講座 博士後期課程
  • 2014 - 2016 京都大学大学院 臨床教育学専攻 臨床教育学講座 修士課程
  • 2012 - 2014 Kyoto University Department of Educational Studies
  • - 2010 Kyoto University Faculty of Letters
Professional career (3):
  • 教育学修士 (京都大学)
  • 文学学士 (京都大学)
  • 教育学学士 (京都大学)
Work history (9):
  • 2021/04 - 現在 Koyasan University
  • 2021/04 - 現在 清恵会医療専門学院 非常勤講師(「英語」)
  • 2020/10 - 現在 大阪大学 教職科目 非常勤講師(「教育方法学」)
  • 2019/04 - 現在 Osaka University
  • 2019/04 - 現在 阪奈中央リハビリテーション専門学校 非常勤講師(「教育学」)
Show all
Committee career (1):
  • 2015/10 - 2018/09 教育思想史学会 事務局幹事
Association Membership(s) (5):
JAPANESE EDUCATIONAL RESEARCH ASSOCIATION ,  PHILOSOPHY OF EDUCATION SOCIETY OF JAPAN ,  HISTORY OF EDUCATIONAL THOUGHT SOCIETY ,  アメリカ哲学フォーラム ,  International Network of Philosophers of Education
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page