Rchr
J-GLOBAL ID:201901002068432730   Update date: Jun. 17, 2022

Kengo Yasui

Kengo Yasui
Affiliation and department:
Research field  (1): International law
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2021 - 2024 Prevention of Environmental Harm related to Armed Conflict: Actual Proof of the "Due Diligence" Obligation of Billigerent Powers, Companies and their Jurisdictional States
  • 2021 - 2024 Studies on the Nature of the Obligation to Take Precautions in Military Operations in Information Warfare
Papers (10):
  • 保井 健呉. 海戦法規の人道化-海上経済戦における展開-. 国際法外交雑誌. 2022. 121. 1. 54-80
  • 保井 健呉. 武力紛争における海洋生物多様性の保護:「場所本位アプローチ」に基づく可能性. 同志社法学. 2021. 73. 3. 629-653
  • 保井 健呉. 武力紛争法による武力紛争の影響からの自然環境保護の射程:民用物としての自然環境に対する保護の検討を中心に. 同志社法学. 2021. 73. 1. 53-82
  • 保井 健呉. 非国際的武力紛争における航行規制水域の設定と実施に関する法的枠組み. 同志社法学. 2020. 72. 5. 71-103
  • 保井 健呉. 非国際的武力紛争における海上での武力衝突に適用される法的パラダイムの研究. 同志社法学. 2020. 72. 2. 1-34
more...
MISC (3):
  • 保井 健呉. パレスチナの国際刑事裁判所規程締約国としての地位と裁判所の管轄権-パレスチナに関する裁判所の場所的管轄権の第1予審裁判部による範囲決定(2021年2月5日). 国際法研究. 2022. 10. 247-254
  • 翻訳, 保井 健呉, 新井 京. 2010年5月31日の船団に関する事件についての事務総長調査パネルの報告書. 同志社法学. 2016. 67. 8. 1-70
  • Blockade Law in Modern International Law. 2015. 66. 6. 139-218
Lectures and oral presentations  (11):
  • 判例報告・ICC予審裁判部によるパレスチナの事態に関する領域的管轄に関する決定(2021年2月5日)
    (国際人道法・刑事法研究会 2021)
  • 海戦法規の「人道化」-海上経済戦における展開
    (国際法学会2021年度研究大会 2021)
  • 武力紛争と環境保護
    (国際法研究会 2020)
  • 海戦法規の「人道化」-海上経済戦における展開(国際法学会予備報告)
    (国際法研究会 2020)
  • 封鎖法上の均衡原則-武力紛争法体系における位置づけ
    (国際法研究会 2019)
more...
Education (2):
  • 2014 - 2019 Doshisha University
  • 2012 - 2014 Doshisha University
Professional career (1):
  • 博士(法学) (同志社大学)
Work history (2):
  • 2021/04 - 現在 Doshisha University
  • 2019/04 - 2021/03 Doshisha University Office for Research Initiatives and Development
Association Membership(s) (2):
THE JAPANESE ASSOCIATION OF WORLD LAW ,  JAPANESE SOCIETY OF INTERNATIONAL LAW
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page