Rchr
J-GLOBAL ID:201901002166482206   Update date: Sep. 10, 2021

Kazuhiro Fukata

Kazuhiro Fukata
Affiliation and department:
Research field  (1): Rehabilitation science
Research keywords  (4): 脳卒中 ,  神経科学 ,  バランス ,  神経リハビリテーション
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2023 座位保持困難な脳卒中症例に対する座位傾斜装置を用いた新たな理学療法介入の開発
  • 2020 - 2021 脳卒中患者におけるオモニューレクサ上肢懸垂装具装着前後の座位課題中の体幹筋の筋活動の変化に関する研究
  • 2018 - 2019 発症早期のPusher現象例の主観的垂直認知の特性分析に関する研究
  • 2016 - 2017 健常者における電動傾斜装置を用いた対角平面上の主観的身体垂直の分析-測定の信頼性と加齢による差異について-
Papers (26):
  • Masahide Inoue, Yuji Fujino, Satoshi Sugimoto, Kazu Amimoto, Kazuhiro Fukata, Kohei Miura, Tadamitsu Matsuda, Shigeru Makita, Hidetoshi Takahashi. Effects of dynamic supported standing training in a patient with pusher behavior: a case report. Physiotherapy theory and practice. 2021. 1-7
  • Kazuhiro Fukata, Kazu Amimoto, Kohei Shida, Yuji Fujino, Shinpei Osaki, Shigeru Makita, Hidetoshi Takahashi. Effects of standing and walking training using a laser pointer based on stimulus-driven attention for behavioural outcome in spatial neglect: A single-case study. Neuropsychological rehabilitation. 2021. 1-15
  • Yuji Fujino, Kazuhiro Fukata, Masahide Inoue, Shinsuke Okawa, Katsunobu Okuma, Yota Kunieda, Hiroshi Miki, Tadamitsu Matsuda, Kazu Amimoto, Shigeru Makita, et al. Examination of Rehabilitation Intensity According to Severity of Acute Stroke: A Retrospective Study. Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association. 2021. 30. 9. 105994-105994
  • Kazuhiro Fukata, Kazu Amimoto, Masahide Inoue, Daisuke Sekine, Mamiko Inoue, Yuji Fujino, Shigeru Makita, Hidetoshi Takahashi. Effects of diagonally aligned sitting training with a tilted surface on sitting balance for low sitting performance in the early phase after stroke: a randomised controlled trial. Disability and rehabilitation. 2021. 43. 14. 1973-1981
  • Masahide Inoue, Kazu Amimoto, Yuya Chiba, Daisuke Sekine, Kazuhiro Fukata, Yuji Fujino, Hidetoshi Takahashi, Shigeru Makita. Effect of Exercise Involving Standing Weight Shifting to the Nonparetic Side on an Inclined Surface in the Early Phase After a Stroke: A Randomized Controlled Trial. Physical therapy. 2021
more...
MISC (5):
  • 深田和浩, 網本和, 藤野雄次. 脳卒中後の垂直性障害と理学療法. 理学療法-臨床・研究・教育. 2021. 28. 28. 11-16
  • 藤野雄次, 網本和, 深田和浩, 松田雅弘, 藤原俊之, 藤原俊之. Pusher現象の謎「傾き」への挑戦-臨床像と治療アプローチ Pusher現象の生起メカニズム. 理学療法ジャーナル. 2020. 54. 6
  • 深田和浩. 最先端医学としての国際リハビリテーション医学会世界会議. 理学療法ジャーナル. 2019. 53. 10. 1009-1009
  • 松田 雅弘, 藤野 雄次, 深田 和浩, 阿部 紀之. エビデンスを参照した脳卒中片麻痺患者に対する理学療法の考え方と進め方 (特集 エビデンスを参照した神経疾患に対する理学療法の考え方と進め方). 理学療法. 2019. 36. 7. 588-597
  • 深田 和浩, 網本 和, 藤野 雄次. 【バランス再考】垂直性とバランス. 理学療法ジャーナル. 2018. 52. 9. 831-840
Books (5):
  • 夢幻の空間 : 半側空間無視の評価と治療の考え方
    ヒューマン・プレス 2019 ISBN:9784908933240
  • 脳卒中理学療法コアコンピテンス
    中外医学社 2018 ISBN:9784498067288
  • そのとき理学療法士はこう考える : 事例で学ぶ臨床プロセスの導きかた
    医学書院 2017 ISBN:9784260030045
  • クリニカルリーズニングで神経系の理学療法に強くなる!
    羊土社 2017 ISBN:9784758102209
  • 傾いた垂直性 : Pusher現象の評価と治療の考え方
    ヒューマン・プレス 2017 ISBN:9784908933059
Lectures and oral presentations  (101):
  • 高血圧性心不全の加療中に心原性脳塞栓症を合併した左片麻痺患者の急性期リハ処方 -症例報告-
    (第27回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 2021)
  • 第21回日本神経理学療法学会サテライトカンファレンス,「脳卒中患者のバランスを多角的に見よう」
    (第21回日本神経理学療法学会サテライトカンファレンス 2021)
  • 第20回日本神経理学療法学会サテライトカンファレンス,「注意障害・半側空間無視を有する脳卒中患者の移動・歩行練習をどうするか」
    (第20回日本神経理学療法学会サテライトカンファレンス 2021)
  • 第29回埼玉県理学療法学会 神経理学療法におけるデータ活用
    (第29回埼玉県理学療法学会 2021)
  • ベッド上で実施可能な評価を元にした退院時における歩行予後予測 -多施設間共同研究による決定木分析での検討-
    (第29回埼玉県理学療法学会 2021)
more...
Education (3):
  • 2016 - 2020 首都大学東京(現 東京都立大学)博士後期課程
  • 2014 - 2016 首都大学東京(現 東京都立大学)博士前期課程
  • 2006 - 2009 Teikyo Heisei University Department of Physical Therapy
Professional career (2):
  • 修士(理学療法学)
  • 博士(理学療法学)
Work history (3):
  • 2021/08 - 現在 埼玉医科大学国際医療センター リハビリテーションセンター 理学療法士
  • 2019/04 - 現在 武蔵野大学社会福祉学部 非常勤講師
  • 2009/04 - 現在 埼玉医科大学国際医療センター リハビリテーションセンター 理学療法士
Committee career (1):
  • 2021/08 - 現在 一般社団法人 日本神経理学療法学会 選挙管理委員
Awards (1):
  • 2016/04 - 25th EUROPEAN STROKE CONFERENCE JUNIOR TRAVEL GRANTS 2016 OF THE EUROPEAN STROKE CONFERENCE
Association Membership(s) (7):
理学療法科学学会 ,  日本保健科学学会 ,  日本神経心理学会 ,  日本高次脳機能障害学会 ,  日本心臓リハビリテーション学会 ,  日本理学療法士協会 ,  日本リハビリテーション医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page