Rchr
J-GLOBAL ID:201901002249154464   Update date: Jun. 29, 2020

Kohei Koizumi

コイズミ コウヘイ | Kohei Koizumi
Papers (2):
  • Toyohiro Hamaguchi, Jun Tayama, Makoto Suzuki, Naoki Nakaya, Hirokazu Takizawa, Kohei Koizumi, Yoshifumi Amano, Motoyori Kanazawa, Shin Fukudo. The effects of locomotor activity on gastrointestinal symptoms of irritable bowel syndrome among younger people: An observational study. PloS one. 2020. 15. 5. e0234089
  • Koizumi K, Tayama J, Ishioka T, Nakamura-Thomas H, Suzuki M, Hara M, Makita S, Hamaguchi T. Anxiety, fatigue, and attentional bias toward threat in patients with hematopoietic tumors. PloS one. 2018. 13. 2. e0192056
MISC (1):
  • 小泉 浩平, 鈴木 真弓, 牧田 茂. 【作業療法実践のポイント 身体障害領域"自宅で暮らしたい"を支える】がん患者の在宅復帰を支える作業療法 病期の異なる2症例を通して考える. ぐんま作業療法研究. 2015. 18. 53-56
Lectures and oral presentations  (38):
  • 当院における骨転移患者のリハビリテーションの特長と課題
    (日本整形外科学会雑誌 2019)
  • 創傷治療と並行した早期から上肢機能練習が有効であった前腕コンパートメント症候群・熱傷例 症例報告
    (日本集中治療医学会雑誌 2019)
  • がんリハビリテーション研修会受講者の現状と今後の課題 アンケート調査より見えたがんリハビリテーション看護師の役割構築
    (日本がん看護学会誌 2019)
  • アルコール依存症者がアルコール画像へ注意を向ける行動は行動活性心理と相関する
    (日本作業療法研究学会雑誌 2018)
  • 脳卒中患者における情動運動系の損傷の有無と抑うつ症状と注意バイアスの比較
    (日本作業療法研究学会雑誌 2018)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page