Rchr
J-GLOBAL ID:201901002471605857   Update date: Apr. 15, 2022

Nakashima Katsushige

ナカシマ カツシゲ | Nakashima Katsushige
Affiliation and department:
Job title: 講師
Other affiliations (1):
  • 周南公立大学  アクティブ・ラーニング研究所   ALプロデューサー
Research field  (4): Educational psychology ,  New fields in law ,  Special needs education ,  Education - general
Research keywords  (5): 特別支援教育 ,  武道教育 ,  教育学 ,  教育法学 ,  教師教育
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2021 - 2022 数理モデルに裏打ちされた新・湯治プログラムの提案
Papers (96):
  • 中嶋克成, 寺田篤史. 授業のアクティブ・ラーニング度の可視化による授業の AL 度及び AL 授業参画度の向上. アクティブ・ラーニング研究. 2022. 3
  • 中嶋 克成, 寺田 篤史. 産学連携課題解決型インターンシップ(PBI)の実践とその意義. 関西ベンチャー学会誌. 2021. 13. 99-107
  • Practice and Issues of 'Shokuiku' Project in First Year Seminar. 2020. 42. 87-94
  • 中嶋克成. 「武道教育」の歴史的変遷-学習指導要領改訂を契機として-. 関西教職教育研究. 2020. 7. 61-68
  • 羽田司, 中嶋克成, 寺田篤史. 平成30年7月豪雨に対する周南市小成川地区の対応と大学生による災害ボランティア. 徳山打大学総合研究所紀要. 2020. 42. 111
more...
MISC (21):
  • SME's Top Managers at Cafe Philosophique. 2021. 92. 1-13
  • On The Disaster Response by Mutual Help in Eastern Yamaguchi for The Heavy Rain Event of July 2018. 2021. 43. 53-64
  • The Issue of "KUDAMATSU City Host Town Project". 2021. 43. 41-52
  • How Does Tokuyama University Achieve Full Implementation of Online Classes Under The Influence of COVID-19(2)Focusing on Strategy and Implementation of Problem Solving. 2021. 43. 111-125
  • How Does Tokuyama University Achieve Full Implementation of Online Classes Under The Influence of COVID-19(1)and Understanding of Issues. 2021. 43. 95-110
more...
Books (2):
  • 生徒指導・進路指導の理論と実践
    法律文化社 2022 ISBN:9784589042149
  • 教職に関する基礎知識(第3版)
    八千代出版 2021 ISBN:9784842917979
Lectures and oral presentations  (5):
  • 初年次必修「アーリー・エクスポージャー型インターンシップ」の効果 -キャリアプランニング力アンケートの結果から-
    (情報コミュニケーション学会第19回全国大会 2022)
  • 大学生による市民向けeスポーツイベントの実践-周南市基本計画を基に-
    (第31回研究会&第11回メディアコミュニケーション部会&第18回キッズコミュニケーション部会(合同開催) 2021)
  • 哲学カフェの実施方法:対面とオンライン
    (第31回研究会&第11回メディアコミュニケーション部会&第18回キッズコミュニケーション部会(合同開催) 2021)
  • オンライン授業のアクティブ・ラーニング度 -コロナ禍における全授業オンライン化を契機として-
    (第31回研究会&第11回メディアコミュニケーション部会&第17回キッズコミュニケーション部会(合同開催) 2021)
  • コロナ禍におけるリモートPBIの実践と効果
    (情報コミュニケーション学会第17回情報教育合同研究会 2021)
Committee career (11):
  • 2022/04 - 現在 山口県立徳山総合支援学校 学校運営協議会委員
  • 2021/04 - 現在 湯野温泉事業協同組合 環境省「新・湯治の効果に関する協同モデル調査」委託
  • 2019/09 - 現在 共生社会実現の為の三者連携協力協定 運営委員
  • 2019/04 - 現在 山口県インターンシップ協議会 委員
  • 2019/04 - 現在 山口県銃剣道連盟 理事
Show all
Awards (2):
  • 2020/03 - 情報コミュニケーション学会 オンライン発表賞 情報「過多」時代とは何かー情報過多時代とは何かに関する予備的研究ー
  • 2019/12 - 日本生涯教育学会 奨励賞
Association Membership(s) (1):
日本LD学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page