Rchr
J-GLOBAL ID:201901002632259350   Update date: Oct. 18, 2021

Tamaki Nobuhiko

タマキ ノブヒコ | Tamaki Nobuhiko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2021 グローバル政治秩序の研究-アジア太平洋における「埋め込まれたリベラルな国際秩序」
  • 2017 - 2021 同盟と戦略の理論分析-ベトナム撤退期の米戦略転換と日米・米比・米タイ・米韓同盟
  • ジャパン・ハンズ-1968年の危機と日米関係の変容
Papers (22):
  • 玉置敦彦. アメリカの東アジア戦略と保守合同-覇権的秩序における同盟の政治力学. 日本政治学会研究大会2021年度研究大会提出ペーパー、分科会A1「自民党一党優位体制の歴史的起源」. 2021. 1-28
  • ベトナム戦争と同盟政治-米東アジア戦略における地域主義と自由世界援助計画. 白門. 2021. 秋. 59-66
  • Nobuhiko Tamaki. “Japan's Quest for a Rules-based International Order: The Japan-U.S. alliance and the decline of U.S. liberal hegemony”. Contemporary Politics. 2020. 26. 4. 384-401
  • Nobuhiko Tamaki. “Japan at the Crossroads: The United States, China, and the Changing: International Order in the Asia-Pacific”. Paper for the Conference on “China, Shaper Nations, and the Changing World Order,” Tongji University, Shanghai, China . 2019
  • 玉置敦彦. 「冷戦後アメリカの秩序構想-90年代における日米関係の展開とその影響」. 日本国際政治学会2019年度研究大会提出ペーパー、分科会 E-1 東アジア II「冷戦終結後のアジア秩序構想の国際比較」、新潟朱鷺メッセ. 2019
more...
MISC (7):
  • 玉置敦彦. 【書評】「『日米同盟のコスト-自主防衛と自律の追求』武田康裕著(亜紀書房、2019年)」. 東京財団政策研究所. 2020
  • 玉置敦彦. 【書評】「書評 O・A・ウェスタッド著(益田実監訳)『冷戦 : ワールド・ヒストリー(上)(下)』」. 国際安全保障. 2020. 48. 3. 142-147
  • アーロン・L・フリードバーグ著, 佐橋亮, 玉置敦彦監訳. 権威主義諸国の挑戦-中国、ロシアとリベラルな国際秩序への脅威. SPF日米モノグラフシリーズ、笹川平和財団. 2018
  • アーロン・L・フリードバーグ著, 玉置敦彦訳. リベラルな国際秩序と権威主義諸国の挑戦. アステイオン. 2018. 88
  • 玉置敦彦. 学界展望(書評)Victor Cha, Powerplay: The Origins of the American Alliance System in Asia (Princeton: Princeton University Press, 2016). 国家学会雑誌. 2017. 130. 9/10
more...
Books (6):
  • The Oxford Handbook of Japanese Politics
    Oxford University Press 2021 ISBN:9780190050993
  • 『つながるつなげる日本政治』
    弘文堂 2020
  • 『冷戦後の東アジア秩序-秩序形成をめぐる各国の構想』
    勁草書房 2020
  • 日中 親愛なる宿敵-変容する日本政治と対中政策
    東京大学出版会 2018
  • 吉野作造政治史講義-矢内原忠雄・赤松克麿・岡義武ノート
    岩波書店 2016
more...
Lectures and oral presentations  (39):
  • アメリカの東アジア戦略と保守合同-覇権的秩序における同盟の政治力学
    (日本政治学会研究大会2021年度研究大会(分科会A1「自民党一党優位体制の歴史的起源」) 2021)
  • Remarks on "Towards a post-Western International Relations"
    (Towards a Post-Western International Relations, Workshop sponsored by International Studies Association 2021)
  • グローバル政治秩序の研究-アジア太平洋における「埋め込まれたリベラルな国際秩序」
    (「グローバル関係学」公募研究者報告会 2021)
  • Japan at the Crossroads: the Asia-Pacific in an Age of Power Transition
    (Lecture at Nepal Institute for International Cooperation and Engagement 2020)
  • In Search of Rules-Based Order: Japan’s Grand Strategy in the Decline of Liberal US Hegemony
    (FB47: Worldviews on the US, Alliances, and Order, International Studies Association (ISA) Annual Conference 2020)
more...
Education (7):
  • 2008 - 2014 The University of Tokyo 総合法政専攻
  • 2008 - 2014 The University of Tokyo 総合法政専攻
  • 2006 - 2008 The University of Tokyo 総合法政専攻
  • 2006 - 2008 The University of Tokyo 総合法政専攻
  • 2004 - 2006 The University of Tokyo 第三類
Show all
Professional career (2):
  • 修士(法学) (東京大学)
  • 博士(法学) (東京大学)
Work history (14):
  • 2019/05 - 東京大学未来ビジョン研究センター客員研究員
  • 2019/05 - 東京大学未来ビジョン研究センター客員研究員
  • 2019/04 - 中央大学法学部准教授
  • 2018/04 - 2019/03 中央大学法学部兼任講師
  • 2018/04 - 2019/03 東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員
Show all
Association Membership(s) (8):
日本国際政治学会 ,  日本比較政治学会 ,  International Studies Association ,  The Society for Historians of American Foreign Relations ,  American Historical Association ,  アジア政経学会 ,  日本平和学会 ,  国際安全保障学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page