Rchr
J-GLOBAL ID:201901003038672139   Update date: Nov. 10, 2021

Ishizuka Masayuki

イシヅカ マサユキ | Ishizuka Masayuki
Affiliation and department:
Job title: 助教
Other affiliations (1):
Research field  (1): Linguistics
Research keywords  (8): 対照言語学 ,  日本語 ,  意味論 ,  文法 ,  認知文法 ,  Basque ,  Cognitive Linguistics ,  Linguistics
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2024 バスク語の非定形副詞節の認知・機能言語学的研究
  • 2019 - 2023 空間移動と状態変化の表現の並行性に関する統一的通言語的研究
  • 2014 - 2016 バスク語のヴォイスの対照言語学的研究
Papers (10):
  • Ishizuka, Masayuki. Ludlings and Glides in Basque. Asian and African languages and linguistics. 2021. 15. 21-29
  • 石塚 政行. Configurational entities and locative genitive in Basque. 日本エドワード・サピア協会研究年報. 2019. 33. 13-23
  • ISHIZUKA Masayuki. Detransitivization of productive causative verbs in Basque. Annual Research Bulletin of the Edward Sapir Society of Japan. 2018. 32. 31-41
  • 石塚 政行. バスク語の自動詞分裂と二言語使用. 東京大学言語学論集. 2017. 38. 65-85
  • 石塚 政行. 授与が使役を表す時:バスク語のemanコントロール構文. 東京大学言語学論集. 2016. 37. 91-104
more...
Books (5):
  • なぜヒトだけが言葉を話せるのか : コミュニケーションから探る言語の起源と進化
    東京大学出版会 2021 ISBN:9784130820202
  • 認知言語学を拓く
    くろしお出版 2019
  • 火星で生きる
    朝日出版社 2018
  • Linguistic Variation in the Basque and Education-I,
    Universidad del País Vasco/Euskal Herriko Unibertsitatea 2015
  • 明解言語学辞典
    三省堂 2015
Lectures and oral presentations  (15):
  • バスク語の所有コピュラ文と二重主語文
    (日本エドワード・サピア協会 第36回研究発表会 2021)
  • 移動類型論における主動詞の概念:バスク語の動詞と行為副詞の観点から
    (日本言語学会 第162回大会 2021)
  • バスク語の副動詞 V-z の従属関係
    (日本言語学会第159回大会 2019)
  • When locational expressions are not locational: the case of Japanese demonstratives
    (International Cognitive Linguistics Conference 15 2019)
  • Motion Event Descriptions in Basque (Navarro-Labourdin Dialect)
    (Motion Event Descriptions Across Languages 2018)
more...
Education (4):
  • 2012 - 2019 東京大学大学院 基礎文化研究専攻 博士課程(単位取得退学)
  • 2010 - 2012 東京大学大学院 基礎文化研究専攻 修士課程(修了)
  • 2008 - 2010 The University of Tokyo Language and Culture
  • 2006 - 2008 The University of Tokyo
Professional career (2):
  • 修士 (文学) (東京大学)
  • 博士 (文学) (東京大学)
Work history (7):
  • 2020/04 - 現在 Keio University
  • 2019/04 - 現在 The University of Tokyo
  • 2018/04 - 2020/03 Musashino University
  • 2017/12 - 2019/03 National Institute for Japanese Language and Linguistics Theory & Typology Division
  • 2017/04 - 2019/03 The University of Tokyo
Show all
Committee career (4):
  • 2021/10 - 現在 日本エドワード・サピア協会 編集委員
  • 2021/06 - 現在 基礎言語学研究会 編集委員
  • 2021/03 - 現在 基礎言語学研究会 運営委員
  • 2020/10 - 現在 日本エドワード・サピア協会 事務局
Association Membership(s) (3):
基礎言語学研究会 ,  日本エドワード・サピア協会 ,  THE LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page