Rchr
J-GLOBAL ID:201901003755415531   Update date: Apr. 07, 2021

Kume Satoshi

クメ サトシ | Kume Satoshi
Affiliation and department:
Other affiliations (4):
Homepage URL  (1): https://www.researchgate.net/profile/Satoshi_Kume
Research field  (10): Mathematical informatics ,  Morphology, anatomy ,  Intelligent informatics ,  Pharmaceuticals - analytical and physicochemistry ,  Medical biochemistry ,  Applied biochemistry ,  Structural biochemistry ,  Molecular biochemistry ,  Biological, health, and medical informatics ,  Nutrition and health science
Research keywords  (37): 画像セグメンテーション ,  広域電顕ビューア開発 ,  ミクロトーム開発 ,  支援ソフトウェア開発 ,  オミックス解析 ,  電顕画像解析 ,  低分子リガンドドッキング ,  アレイトモグラフィー法 ,  3D電顕 ,  多変量解析 ,  セマンティックセグメンテーション ,  画像解析 ,  顕微鏡オントロジー ,  画像データベース ,  白血病細胞 ,  網羅的形態解析 ,  ドラックデザイン ,  LC/MS ,  解析プログラミング ,  R言語 ,  機械学習 ,  気分計測 ,  生物系熱力学 ,  構造機能相関 ,  タンパク質構造 ,  タンパク質-低分子相互作用 ,  疲労科学 ,  ディープラーニング ,  走査型電子顕微鏡 ,  広域電顕 ,  神経科学 ,  メタボローム解析 ,  人工知能技術 ,  バイオインフォマティクス ,  網羅的解析 ,  形態学 ,  生化学
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2021 深層学習の逐次的セマンティックセグメンテーション法を用いた三次元細胞像の網羅的超微形態解析
  • 2018 - 2021 超微細画像情報の健康インフォマティクスによる次世代健康診断法の構築
  • 2015 - 2017 アデノ随伴ウイルスを利用した疲労調節因子を中心とする疲労分子機構の解明
  • 2013 - 2015 疲労動物モデルにおける尿素回路の代謝変化と、オルニチン投与による抗疲労効果検証
Papers (18):
MISC (14):
more...
Patents (1):
Books (1):
  • ストレス・疲労のセンシングとその評価技術
    技術情報協会 2019
Lectures and oral presentations  (66):
  • 生化学者・生物物理学者からみた電顕解析のおもしろさ
    (第10回 植物電顕若手ワークショップ(理化学研究所 横浜キャンパス 交流棟ホール) 2019)
  • Deep analysis of images from ultra-microstructural microscopy using machine learning
    (The 6th RIKEN-KI-SciLifeLab Symposium: Biomedical Data for Artificial Intelligence (RIKEN Yokohama Campus) 2019)
  • Comprehensive analysis of biological tissues using scanning electron microscopy and machine learning
    (RIKEN-CAS Young Scientists Seminar (Shenzhen Institutes of Advanced Technology (SIAT), Chinese academy of sciences (CAS), Shenzhen, China) 2019)
  • Comprehensive analysis of ultra microstructural microscopy images using machine learning
    (A3 Foresight Program Meeting (Seoul National University College of Medicine, Seoul, Korea) 2019)
  • Dynamics and roles of NG2-expressing progenitor cells
    (A3 Foresight Program Meeting (Seoul National University College of Medicine, Seoul, Korea) 2019)
more...
Education (6):
  • 2010 - 2013 公立大学法人大阪府立大学大学院 応用生命科学専攻 生物情報学分野
  • 2008 - 2010 公立大学法人大阪府立大学大学院 応用生命科学専攻 生物情報学分野
  • 2003 - 2008 国立大学法人帯広畜産大学 分子生命科学ユニット
  • 2006 - 2007 国立フィリピン大学ロスバニョス校
  • 2002 - 2003 Hiroshima University Department of Mathematics
Show all
Professional career (1):
  • 博士(応用生命科学) (大阪府立大学)
Work history (13):
  • 2020/04 - 現在 特定国立研究開発法人理化学研究所 生命機能科学研究センター 健康・病態科学研究チーム 客員研究員
  • 2020/04 - 現在 Osaka City University Center for Health Science Innovation
  • 2020/04 - 現在 Osaka Electro-Communication University
  • 2016/01 - 現在 株式会社Kokorotics 取締役
  • 2013/05 - 現在 Osaka Prefecture University Graduate School of Life and Environmental Sciences, Division of Applied Life Sciences
Show all
Committee career (6):
  • 2020 - 現在 Bio"Pack"athon organizer
  • 2019 - 現在 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 専門調査員
  • 2021 - 2021 BiocAsia2021 organizing committee member
  • 2019 - 2020 第16回(2020年度)日本疲労学会総会・学術集会 運営事務局 プログラム委員
  • 2017 - 2020 株式会社Kokorotics 研究倫理審査委員会 委員
Show all
Awards (4):
  • 2017/04 - RIKEN RIKEN CLST Research Incentive Award 2016
  • 2017/03 - RIKEN The 2nd RIKEN Industry Partnerships Incentive Award
  • 2017/03 - RIKEN The 8th RIKEN Research Incentive Award
  • 2006/10 - 日本学生支援機構 短期派遣留学奨学助成 奨学生
Association Membership(s) (2):
THE JAPANESE SOCIETY OF MICROSCOPY ,  日本人工知能学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page