Rchr
J-GLOBAL ID:201901004217057494   Update date: Aug. 11, 2021

Fujiwara Akira

フジワラ アキラ | Fujiwara Akira
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  •  ハイパフォーマンススポーツセンター/ハイパフォーマンス戦略部   専門職
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (4): Sports Science ,  High Performance Sports ,  Talent Development and Identification ,  Athlete Development Pathway
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2007 - 新旧オリンピック艇種における一流ウインドサーフィン競技者の形態および体力特性の比較
Papers (14):
more...
MISC (13):
  • 藤原 昌. 中央競技団体における強化戦略プランの立案手法に関する一考察:~東京2020 大会後を見据えて~. Journal of High Performance Sport. 2020. 6. 0. 28-32
  • 衣笠 泰介, 藤原 昌, 石井 孝法, 岡村 さやか, 和久 貴洋. 柔道におけるハイパフォーマンススポーツ研究の変遷. 武道学研究. 2018. 51. 0. S_65-S_65
  • Kinugasa Taisuke, Fujiwara Akira, Waku Takahiro, Gulbin Jason. Historical development of talent identification and development initiatives in Japan. Sports Science in Elite Athlete Support. 2018. 3. 0. 15-26
  • Fujiwara Akira, Kinugasa Taisuke, Kukidome Takeshi. History and Challenges of Establishing the Athlete Development System in Japan. Sports Science in Elite Athlete Support. 2018. 3. 0. 53-68
  • 藤原 昌, 中村 夏実, 山本 正嘉. 09-11-8LBY-20 高精度GPSを用いたカナディアンカヌー競技における艇の移動パターンの分析(体育方法3,09.体育方法,一般研究発表抄録). 日本体育学会大会予稿集. 2008. 59. 0. 209-209
more...
Books (4):
  • スポーツ白書 2020 ~2030年のスポーツのすがた~
    笹川スポーツ財団 2020
  • アスリートデータブック(夏季版)2018
    (株)クライマーズ 2018
  • アスリートデータブック(冬季版)2018
    (株)クライマーズ 2018
  • タレント発掘マネジャーによるタレント発掘・育成プログラム計画立案のためのガイドブック
    日本スポーツ振興センターハイパフォーマンスセンター 2018 ISBN:9784906903207
Lectures and oral presentations  (15):
  • 20190904
    (Research Journal of Budo 2018)
  • 長期的なアスリート育成からみたジュニア選手の評価
    (第10回ジュニア指導者クリニック 2015)
  • Physical and demographical characteristics of talented young athletes in Japan: a pilot study
    (2014 Talent Identification Conference 2014)
  • 「海外遠征の諸問題と対策」 「準備、シミュレーション」
    (日本体育協会上級コーチ養成講習会 2013)
  • Qualitative Research (FGI) for the athletes’ development program of the Japan Sailing Federation
    (The ISSP 13th World Congress of Sport Psychology 2013)
more...
Professional career (1):
  • 体育学博士 (鹿屋体育大学)
Work history (4):
  • 2016/06 - 現在 独立行政法人日本スポーツ振興センター ハイパフォーマンス戦略部戦略課 医科学連携推進係長
  • 2016/04 - 2016/06 独立行政法人日本スポーツ振興センター アスリートパスウェイにおける戦略的支援 副マネジャー
  • 2013/02 - 2016/03 独立行政法人日本スポーツ振興センター メダルポテンシャルアスリート育成システム構築事業、タレント発掘・育成コンソーシアム ユニットリーダー
  • 2008/07 - 2013/01 独立行政法人日本スポーツ振興センター チーム「ニッポン」マルチ・サポート事業 科学スタッフ
Committee career (1):
  • 2007 - 2015 日本オリンピック委員会セーリング競技強化スタッフ(コーチング)
Association Membership(s) (1):
Japan Society of Sports Performance Research
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page