Rchr
J-GLOBAL ID:201901004292017414   Update date: Oct. 13, 2023

Koh Hasegawa

ハセガワ コウ | Koh Hasegawa
Affiliation and department:
Job title: 主任研究員
Homepage URL  (1): https://sites.google.com/site/825kohhasegawa/
Research field  (1): Aquaculture
Research keywords  (14): predator-prey relationship ,  サケ ,  密度依存 ,  交雑 ,  イワナ ,  ヤマメ ,  サクラマス ,  ニジマス ,  ブラウントラウト ,  種間競争 ,  ふ化放流事業 ,  野生魚 ,  外来種 ,  サケ科魚類
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2021 - 2026 サクラマスの放流種苗が河川生態系へ与える影響の解明
  • 2019 - 2023 大型サケ科魚類によるサケ稚魚放流地点への蝟集パターン
  • 2019 - 2022 側線系が退化した継代飼育サクラマスは生残に不利になるのか
  • 2016 - 2021 視覚的障害物の競争緩和効果を利用したサケ科複数種の放流魚と野生魚の共存策の提言
  • 2012 - 2015 The role of interspecific competition between nonnative fishes on successful establishment of nonnative fish
Show all
Papers (49):
  • Koh Hasegawa, Yutaka Yano, Kentaro Honda, Yuhei Ogura. DHA and EPA levels in a piscivorous fish changed by preying upon stocked salmon fry. Scientific Reports. 2023
  • Koh Hasegawa, Masanori Nakae, Kouta Miyamoto. Effects of domestication and captive breeding on reaction to moving objects: implications for avoidance behaviours of masu salmon Oncorhynchus masou. ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE. 2023. 10. 4
  • Kentaro Honda, Koh Hasegawa, Ikuo Ono, Kazushi Miyashita. Piscivorous brown trout Salmo trutta does not migrate from distant downstream habitats to a massive release site for chum salmon Oncorhynchus keta fry in the Chitose River, northern Japan. Environmental Biology of Fishes. 2023
  • Masanori Nakae, Koh Hasegawa, Kouta Miyamoto. Domestication of captive-bred masu salmon Oncorhynchus masou masou (Salmonidae) leads to a significant decrease in numbers of lateral line organs. Scientific Reports. 2022. 12. 1
  • Koh Hasegawa, Sho Fukui. Pulsed supplies of small fish facilitate time-limited intraguild predation in salmon-stocked streams. Royal Society Open Science. 2022
more...
MISC (12):
more...
Books (1):
  • 魚類学の百科事典
    丸善出版 2018 ISBN:9784621303177
Lectures and oral presentations  (8):
  • Oncorhynchus masou masouの分布に影響する人為的要因
    (日本水産学会春季大会ミニシンポジウム 同一魚種サクラマスとヤマメ(Oncorhynchus masou masou)の資源管理を包括的に考える 2019)
  • 外来魚や在来魚の放流が生態系に与える影響
    (自然保護大学 2018)
  • 北海道の外来マスと上手くつきあうには
    (日本魚類学会市民公開講座 自然の宝庫北海道の河川・湖沼における外来種 2018)
  • 北海道から本州に飛び火したブラウントラウト問題~定着メカニズムと生物多様性への影響を知るための今後の課題~
    (日本魚類学会年会セッション 2017)
  • 外来種ブラウントラウトについて
    (全国湖沼河川養殖研究会平成26年度マス類資源研究部会 2014)
more...
Education (3):
  • 2004 - 2007 北海道大学大学院 農学研究科 環境資源学専攻博士課程
  • 2002 - 2004 北海道大学大学院 農学研究科 環境資源学専攻修士課程
  • 1998 - 2002 Hokkaido University Faculty of Agriculture
Professional career (1):
  • 農学博士 (北海道大学)
Work history (7):
  • 2020/07 - 現在 水産研究・教育機構 水産資源研究所さけます部門 主任研究員
  • 2017/11 - 2020/07 水産研究・教育機構 北海道区水産研究所 主任研究員
  • 2014/04 - 2017/10 水産研究・教育機構 北海道区水産研究所 研究員
  • 2010/12 - 2014/03 水産総合研究センター 北海道区水産研究所 任期付き研究員
  • 2009/04 - 2010/11 水産総合研究センター さけますセンター 学術振興会特別研究員PD
Show all
Committee career (7):
  • 2021/04 - 現在 日本生態学会 情報交流支援専門委員会
  • 2021/03 - 現在 The Japanese society of fisheries science Editor
  • 2018/04 - 現在 日本生態学会北海道地区会 役員
  • 2020/04 - 2022/03 日本生態学会 自然保護専門委員
  • 2017/12 - 2019/03 IUCN Redlist Unit IUCN Freshwater Assessment working Group
Show all
Awards (1):
  • 2013/03 - 日本水産学会 水産学奨励賞 外来サケ科魚類の侵入に関わる生態学研究
Association Membership(s) (3):
THE ECOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  THE ICHTHYOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  THE JAPANESE SOCIETY OF FISHERIES SCIENCE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page