Rchr
J-GLOBAL ID:201901004354123011   Update date: Aug. 18, 2021

masataka sato

サトウ マサタカ | masataka sato
Affiliation and department:
Research field  (1): Accounting
Research keywords  (4): 管理会計 ,  生産管理 ,  ERP ,  TOC
Papers (7):
  • 佐藤正隆. 不動産業におけるボトルネック解消の意思決定プロセス -空室在庫の解消法と将来収益の向上を期待する意思決定-. 産業経理. 2021. 81. 3
  • 佐藤正隆. 会計管理を中心とした ERP とコミュニケーションの関係性. 武蔵野大学経営研究所紀要. 2021. 3. 35-51
  • ERP system linkage and its impact. Musashino University Management Journal. 2020. 1. 45-57
  • 佐藤正隆. ERPの情報連携に関するインタビュー調査を踏まえた一考察-ERP導入形態の観点から-. 『成長しない社会における企業・経済』(慶應義塾大学大学院商学研究科2017年度学事振興資金成果論集). 2018. 1-15
  • 佐藤正隆. 部門間の情報連携から考察するERPの現状調査. 『世界および地域のビジネス・商業』(慶應義塾大学大学院商学研究科2016年度学事振興資金成果論集). 2017. 1-18
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • ERPのシステム連携とその影響について-今後の改訂に対する意思決定の考察-
    (日本管理会計学会2018年度第3回フォーラムおよび第2回関西・中部部会 2018)
  • ERPの情報連携とコミュニケーションの関係性-ERP導入の目的と効果の観点から-
    (日本原価計算研究学会・第43回全国大会・自由論題報告 2017)
  • ボトルネック解消プロセスの考察-ボトルネック管理の特徴に着目して-
    (日本管理会計学会・2017年度全国大会・自由論題報告 2017)
  • 企業の意思決定から考察するボトルネック管理-ファイブ・フォーカス・ステップの観点から-
    (日本原価計算研究学会・第42回全国大会・自由論題報告 2016)
Education (3):
  • 2016 - 2019 Keio University
  • 2014 - 2016 Keio University
  • 2010 - 2014 Keio University
Work history (5):
  • 2019/04 - 現在 Musashino University
  • 2019/04 - 2020/03 Keio University Faculty of Business and Commerce
  • 2018/04 - 2019/03 Tokyo Fuji University
  • 2017/04 - 2018/03 Keio University Graduate School of Business and Commerce
  • 2016/04 - 2017/03 Keio University Graduate School of Business and Commerce
Association Membership(s) (3):
JAPAN ACCOUNTING ASSOCIATION ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF MANAGEMENT ACCOUNTING ,  THE JAPAN COST ACCOUNTING ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page