Rchr
J-GLOBAL ID:201901004364678216   Update date: Jun. 21, 2021

Ikeda Takao

イケダ タカオ | Ikeda Takao
Affiliation and department:
Research field  (2): Local studies ,  Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (70): 地域文化 ,  あたりまえの日常 ,  生活様式 ,  祭り ,  ヤマアラシ ,  杵 ,  臼 ,  博物館 ,  民俗芸能 ,  お囃子 ,  松前神楽 ,  寒冷地 ,  積雪 ,  季節行事 ,  黒竜江省 ,  満洲 ,  韓国 ,  食文化 ,  クマ祭り ,  イオマンテ ,  クマ送り ,  民族芸術 ,  芸術 ,  お土産 ,  物質文化 ,  アルバータ ,  ウクライナ人 ,  カナダ先住民 ,  ウデヘ ,  ナーナイ ,  ニヴフ ,  日本文化 ,  和人 ,  アイヌ ,  地名 ,  地図 ,  絵画 ,  文化 ,  移住 ,  開拓 ,  水田 ,  カンカイ ,  コマイ ,  ウグイ ,  雑魚 ,  下の句カルタ ,  板かるた ,  百人一首 ,  観楓会 ,  節分 ,  七夕 ,  糞突き棒 ,  民具 ,  サハリン残留朝鮮人 ,  引揚者 ,  樺太 ,  サハリン ,  温泉 ,  奥尻島 ,  心の行き場 ,  モノの行き場 ,  積雪寒冷地 ,  東北 ,  北海道 ,  災害 ,  地域 ,  環境 ,  情報 ,  生活 ,  民俗
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2017 - 2022 北海道地方で特徴的かつ広域的に拡がった季節行事の生成と波及に関する研究
  • 2015 - 2018 The Development of a Regional Resource Learning Program Based on the Utilization of Knowledge in Cooperation with Senior Citizens
  • 2011 - 2015 Presence of Empire and local society in Northeast Asia
  • 2010 - 2014 Folkloric Study on Multi-purpose Exploitation for Resources of the Freshwater Small Fish in the History of Hokkaido
  • 2009 - 2012 Cultural Anthropological Studies on the Relationship among the Ainu, Euro-American Researchers and Agent Persons in Hokkaido in the 1900's
Show all
Papers (36):
  • 池田貴夫. 北海道における博物館園の交流・連携. 博物館研究. 2020. 第55巻. 第9号. 19-22
  • 池田 貴夫. Belief to Bears and Bear Ceremonies in Hokkaido. Biostory = ビオストーリー : 生き物文化誌 : 人と自然の新しい物語. 2018. 30. 28-35
  • 池田貴夫. アイヌのクマ送り儀礼. ユリイカ. 2013. 通巻633号. 84-90
  • 池田 貴夫. Natural disasters and the study for Mingu : the last 20 years of Okushiri island after the 1993 southwest-off Hokkaido earthquake. 民具研究. 2013. 147. 3-20
  • 池田 貴夫. Perspectives on the Folklore of Sakhalin Island under Japanese Occupation. 日本民俗学. 2012. 272. 72-89
more...
MISC (8):
  • Examining a Yunokawa-yaki Vase by IZUMIYAMA Ryogoku. 2020. 5. 191-202
  • The History of Clothing of the Gotoh Family, as Seen through Fabric Remnants. 2019. 4. 172-129
  • 池田貴夫. 近代日本を創った精神を知る-明治150年-北海道150年-急速に姿を変えた北の大地-. 土木学会誌. 2018. 103. 8. 30-31
  • 栗原 憲一, 池田 貴夫, 堀 繁久. Current Situation and Issues of the Main Exhibition Hall of the Hokkaido Museum and Discovery Square According to an Audience Research. 北海道博物館研究紀要 = Bulletin of Hokkaido Museum. 2018. 3. 201-218
  • 池田 貴夫, 会田 理人, 青柳 かつら, 山際 秀紀, 舟山 直治, 村上 孝一, 出利葉 浩司, 小林 孝二. A Report on the "Modern History Regarding the Diversity and Transition of Sense of Value Concerning Things" Comprehensive Research Project. 北海道博物館研究紀要 = Bulletin of Hokkaido Museum. 2016. 1. 103-110
more...
Books (41):
  • 北海道民具事典 II 生業・生産用具 交通・運搬・通信用具
    北海道新聞社 2020
  • 【展示図録】アイヌ語地名と北海道
    北海道博物館 2019
  • 北海道民具事典 I 生活用具
    北海道新聞社 2018
  • 国記録選択無形民俗文化財調査報告書 松前神楽
    北海道教育委員会 2017
  • 北東アジアにおける帝国と地域社会
    北海道大学出版会 2017 ISBN:9784832968318
more...
Education (6):
  • 1996 - 1999 名古屋大学大学院 社会情報学専攻
  • 1994 - 1996 名古屋大学大学院 社会情報学専攻
  • 1990 - 1994 Doshisha University
  • 1986 - 1989 埼玉県立熊谷高等学校
  • 1983 - 1986 熊谷市立富士見中学校
Show all
Professional career (1):
  • 博士(学術) (名古屋大学)
Work history (7):
  • 2015/04 - 現在 北海道博物館
  • 2010/04 - 現在 Sapporo City University
  • 2011/04 - 2020/09 Hokkai-Gakuen University
  • 2016/04 - 2017/03 The Open University of Japan Faculty of Liberal Arts
  • 1997/08 - 2015/03 北海道開拓記念館
Show all
Committee career (5):
  • 2014/06 - 2017/03 北海道教育委員会 松前神楽調査事業調査委員
  • 2012/12 - 2015/03 国立民族学博物館 文化資源プロジェクト審査・審議委員
  • 2005/04 - 2006/03 札幌市南区 定山渓郷土博物館検討会議アドバイザー
  • 2001/08 - 2002/03 江別市教育委員会 仮題『江別の自然-街並みとともに』 編集委員会委員
  • 1999/04 - 2000/03 江別市教育委員会 『野幌太々神楽百年史』編集委員会委員
Association Membership(s) (6):
美学芸術学会 ,  北海道・東北史研究会 ,  JAPAN SOCIETY OF LIFOLOGY ,  THE SOCIETY FOR MINGU OF JAPAN ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY ,  THE FOLKLORE SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page