Rchr
J-GLOBAL ID:201901004670224547   Update date: Aug. 23, 2021

Mariko Koizumi

Mariko Koizumi
Affiliation and department:
Research field  (3): Business administration ,  Aesthetic practices ,  Entertainment and game informatics
Research keywords  (5): 文化経済学 ,  文化政策 ,  アートマネジメント ,  メディア産業 ,  コンテンツビジネス
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2018 - 2019 OTTVの普及が情報流通に与える影響に関する研究
  • 2016 - 2019 米国による対日文化政策に関するハワイ大学占領期資料の調査研究
  • 2016 - 2017 国際展開におけるコンテンツのローカライゼーション手法に関する研究2
  • 2015 - 2016 国際展開におけるコンテンツのローカライゼーション手法に関する研究
  • 2012 - 2013 通信融合時のテレビ受像機の今後の役割に関する研究2
Show all
Papers (11):
  • 小泉真理子. コンテンツのローカライゼーション・フレームワークに関する研究 : 米国の日本アニメビジネスを基に. 文化経済学会学会誌. 2017. 14. 2. 20-32
  • 小泉真理子. How do Japanese Traditional Performing Arts Remain Active Over the Ages? The Case of Kabuki’s Management. The 39th International Conference on Social Theory, Politics and the Arts Conference, Seattle, U.S.A. 2013
  • 小泉真理子. How do Japanese Traditional Performing Arts Remain Active Without Big Financial Support? The Case of Noh. 11th International Conference on Arts and Cultural Management, Antwerp, Belguim. 2011
  • 内田真理子. Self-sustaining Possibility in the Cultural Business through Multi-use Strategy: Understanding the Japanese Models. 15th International Conference of the Association for Cultural Economics International, Boston, U.S.A. 2008
  • 内田真理子. 日本の国際文化交流とポップカルチャー -商業ベースの普及と政府の役割-. 文化経済学会学会誌. 2007. 5. 4. 29-38
more...
MISC (1):
  • 金子 格, 小泉 真理子, 平林 光浩. The Latest Trends in the Video Game Industry : from Multiple Points of View:0. Foreword. 情報処理. 2016. 57. 11. 1084-1085
Books (8):
  • 放送コンテンツの海外展開
    中央経済社 2021
  • Perspectives on the Japanese Media and Content Policies
    Springer 2021
  • Transnational Contexts of Development History, Sociality, and Society of Play Video Games in East Asia
    Palgrave Macmillan (London) 2017
  • マンガで読み解く『マンガ教育』
    阿吽社 2013
  • アニメーター労働白書2009
    一般社団法人日本アニメーター演出協会 2009
more...
Lectures and oral presentations  (15):
  • 米国大学所蔵の対日文化政策に関する占領期資料のデジタル化に関する研究
    (日本知財学会 2019)
  • 米国による戦後の対日文化政策に関する研究:歌舞伎脚本の検閲資料を基に
    (日本文化政策学会 2019)
  • 文化の力:米国による戦後の歌舞伎検閲から
    (日米大学間ライブディスカッション in 東京 戦後直後の歌舞伎検閲を通して 文化について考える 2018)
  • 米国大学に所蔵されている対日文化政策に関する占領期資料のデジタル化及び公開
    (デジタルアーカイブ学会 2018)
  • 情報財のビジネスモデル コンテンツを中心に
    (情報処理学会 第71回電子化知的財産・社会基盤研究会 基調講演 2016)
more...
Education (3):
  • 2004 - 2007 東京大学大学院 新領域創成科学研究科
  • 1998 - 2001 Keio University
  • 1994 - 1998 Keio University
Professional career (1):
  • 博士(環境学) (東京大学)
Work history (4):
  • 2016/04 - 現在 Kyoto Seika University Faculty of Manga
  • 2009/04 - 2016/03 Kyoto Seika University Faculty of Manga
  • 2007/12 - 2009/03 Keio University Research Institute for Digital Media and Content
  • 2001/04 - 2003/12 三菱商事株式会社 情報産業グループ 総合職
Committee career (3):
  • 2018/10 - 2019/03 総務省放送コンテンツ海外展開促進に関する勉強会 構成員
  • 2008/08 - 2010/03 有限責任中間法人インターネットコンテンツ審査監視機構 基準策定委員会オブザーバー
  • 2005/01 - 2005/09 多摩市総合計画審議会 委員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page