Rchr
J-GLOBAL ID:201901005313487129   Update date: Feb. 01, 2024

niimi chiho

ニイミ チホ | niimi chiho
Affiliation and department:
Research field  (1): Basic nursing
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2023 - 2027 在宅看護におけるエコーを用いた「心不全急性増悪アセスメント・アルゴリズム」の開発
  • 2022 - 2026 熟練看護師の実践知と人工知能を融合した「便秘ケア・アルゴリズム」の創生
  • 2021 - 2024 高齢者のドライスキンに対する「肌にやさしい」清拭方法の探求
  • 2019 - 2022 Visualization of skilled use of the hands in nursing and iearning system development
  • 2018 - 2019 訪問看護におけるエコーを活用した「排便ケアアセスメントガイド」の開発
Papers (2):
  • 米川 弘樹, 明野 伸次, 新見 千穂, 横川 亜希子, 白川 そよか, 山口 夕貴. 背部温罨法における蒸しタオルと温湯で絞ったタオルの違いによる温かさの比較. 日本看護科学学会学術集会講演集. 2021. 41回. P7-15
  • 新見 千穂, 明野 伸次, 米川 弘樹, 横川 亜希子, 白川 そよか, 山口 夕貴. 背部温罨法における蒸しタオルと温湯で絞ったタオルの違いによる気持ちよさの比較. 日本看護科学学会学術集会講演集. 2021. 41回. P7-16
MISC (1):
  • 横川 亜希子, 米川 弘樹, 新見 千穂, 明野 伸次. 看護技術のテキストにおける熱布清拭に関する記述内容の検討. 北海道医療大学看護福祉学部紀要. 2019. 26. 75-81
Lectures and oral presentations  (3):
  • 超音波画像にもとづく便の硬さおよび量の推定に関する研究
    (第18回日本看護技術学会学術集会 2019)
  • ポケットエコーを活用した直腸内にある便性状の評価に関する研究
    (第13回 医療の質・安全学会学術集会 2018)
  • 背部温罨法における蒸しタオルと温湯で絞ったタオルの違いによる気持ちよさの比較
Awards (1):
  • 2019 - 第18回日本看護技術学会学術集会 優秀演題
Association Membership(s) (2):
日本看護科学学会 ,  看護技術学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page