Rchr
J-GLOBAL ID:201901006245941971   Update date: Feb. 01, 2024

Ogura Kenji

オグラ ケンジ | Ogura Kenji
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): http://www.facebook.com/kenji.ogura
Research field  (3): Structural biochemistry ,  Food sciences ,  Science education
Research keywords  (5): 初年次教育 ,  chemistry education ,  food chemistry ,  タンパク質科学 ,  nuclear magnetic resonance
Research theme for competitive and other funds  (15):
  • 2022 - 2025 核磁気共鳴分光法による清酒原料の新しい判別方法の開発
  • 2015 - 2019 Production of a natural-type green pigment from peptide and amino acid using tyrosinase
  • 2014 - 2015 investigation using NMR for molecular targets and stereochemistry of marine macrolides
  • 2012 - 2014 脂質結合タンパク質の準安定構造と細胞膜酵素の機能の関連
  • 2010 - 2012 Development of NMR measurement and analysis method for protein structural study in 2H2O solution.
Show all
Papers (66):
  • 小椋賢治. ポスターツアーを用いた演習科目における対面およびオンライン形式での相互評価および授業評価の特性比較. 石川県立大学研究紀要. 2023. 6. 53-60
  • 岡田政則, 小椋賢治. MRI画像を利用したカキ貝むき身大きさ推定の試み. 金沢学院大学紀要. 2022. 20. 263-268
  • Hiroyuki Takahara, Sho Yamaguchi, Natsuki Omura, Shota Nakajima, Kasumi Otoku, Satomi Tanaka, Kenji Ogura, Jochen Kleemann, Richard O’Connell. The Colletotrichum higginsianum secreted effector protein ChEC91 induces plant cell death. Journal of General Plant Pathology. 2021. 87. 6. 344-353
  • 小椋賢治. ピア・インストラクションの学習効果に授業内活動がもたらす影響. 石川県立大学研究紀要. 2021. 4. 77-81
  • Hiroyuki Kumeta, Haruka Nakayama, Kenji Ogura. Solution structure of the major fish allergen parvalbumin Sco j 1 derived from the Pacific mackerel. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7. 1. 17160
more...
MISC (104):
  • 小椋賢治. ゆっくり解説で反転授業の講義動画を作成する. 2022
  • 小椋賢治. 学会のハイブリッド方式での開催方法. 2021
  • 小椋賢治. オーディエンスレスポンスシステムslidoを使った双方向型授業. 2021
  • 小椋賢治. ハイフレックス型授業の概念設計と実践. 2021
  • 小椋賢治. オンライン・対面の併用(ハイブリッド)型授業の分類と特徴. 2020
more...
Books (3):
  • コロナとアカデミア
    雷音学術出版 2022
  • 不凍タンパク質の機能と応用
    シーエムシー出版 2018 ISBN:4781313396
  • バイオとナノの融合I 新生命科学の基礎
    北海道大学出版会 2007 ISBN:4832981773
Lectures and oral presentations  (28):
  • NMRによる日本酒の安定同位体比分析
    (日本農芸化学会 中部・関西支部合同大会 2023)
  • Miro ICT活用の実践事例
    (関東学院大学3学部合同FD研修会 2023)
  • NMRによる日本酒の安定同位体比分析
    (第89回日本マイコトキシン学会学術講演会 2023)
  • オンラインツールで授業を活性化!
    (2022年度成城大学FD・SDセミナー 2023)
  • 参加者が主体的になれる院内研修の設計
    (日本がん看護学会 特別関心活動グループ(専門看護師) 2022)
more...
Professional career (1):
  • 博士(理学) (北海道大学)
Committee career (5):
  • 2023/06 - 2024/03 金沢市かがやきブランド認定製品開発奨励事業審査委員
  • 2020/07 - 2020/09 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員(農学・環境学)
  • 2017/04 - 2020/03 石川県立大学と野々市市の包括的連携に関する協議会 委員
  • 2018/07 - 2019/09 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員(農学・環境学)
  • 2017/03 - 2017/06 金沢大学「大学教育再生加速プログラム」事業 外部評価委員
Awards (3):
  • 2017/06 - 石川県立大学 教育者表彰
  • 2010/10 - 日本生化学会 JB論文賞
  • 2008/12 - BMB2008 THE JOURNAL OF BIOCHEMISTRY/OUP POSTER PRIZE
Association Membership(s) (3):
日本農芸化学会 ,  初年次教育学会 ,  THE NUCLEAR MAGNETIC RESONANCE SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page