Rchr
J-GLOBAL ID:201901006245941971   Update date: Oct. 17, 2021

Ogura Kenji

オグラ ケンジ | Ogura Kenji
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): http://www.facebook.com/kenji.ogura
Research field  (3): Structural biochemistry ,  Food sciences ,  Science education
Research keywords  (5): 初年次教育 ,  educational technology ,  food chemistry ,  タンパク質科学 ,  nuclear magnetic resonance
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2015 - 2019 Production of a natural-type green pigment from peptide and amino acid using tyrosinase
  • 2014 - 2015 investigation using NMR for molecular targets and stereochemistry of marine macrolides
  • 2012 - 2014 脂質結合タンパク質の準安定構造と細胞膜酵素の機能の関連
  • 2010 - 2012 Development of NMR measurement and analysis method for protein structural study in 2H2O solution.
  • 2005 - 2009 Structural Biology of Innate Immunity
Show all
Papers (64):
more...
MISC (98):
  • 小椋賢治. オーディエンスレスポンスシステムslidoを使った双方向型授業. 2021
  • 小椋賢治. ハイフレックス型授業の概念設計と実践. 2021
  • 小椋賢治. オンライン・対面の併用(ハイブリッド)型授業の分類と特徴. 2020
  • 小椋賢治. オンライン授業でジグソー法ポスターツアーを実施する. 2020
  • 小椋賢治. オンライン授業でmiroをつかう. 2020
more...
Books (2):
  • 不凍タンパク質の機能と応用
    シーエムシー出版 2018 ISBN:4781313396
  • バイオとナノの融合I 新生命科学の基礎
    北海道大学出版会 2007 ISBN:4832981773
Lectures and oral presentations  (18):
  • ハイブリッド型授業における双方向性 〜実験実習 ,反転授業,ハイフレックスの実践事例〜
    (高知大学 全学FDフォーラム 2021)
  • オンライン授業でmiroを使う
    (日本赤十字秋田看護大学 FDSD研修会 2021)
  • オンライングループワークツールMiroの使い方
    (帝京大学高等教育開発センター オンライン授業のためのFDセミナー 2021)
  • ハイブリッド型授業の分類と特徴
    (令和3年度石川県看護教員現任研修 2021)
  • アクティブラーニング型授業設計と実践
    (令和3年度石川県看護教員現任研修 2021)
more...
Professional career (1):
  • 博士(理学) (北海道大学)
Committee career (4):
  • 2020/07 - 2020/09 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員(農学・環境学)
  • 2017/04 - 2020/03 石川県立大学と野々市市の包括的連携に関する協議会 委員
  • 2018/07 - 2019/09 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員(農学・環境学)
  • 2017/03 - 2017/06 金沢大学「大学教育再生加速プログラム」事業 外部評価委員
Awards (3):
  • 2017/06 - 石川県立大学 教育者表彰
  • 2010/10 - 日本生化学会 JB論文賞
  • 2008/12 - BMB2008 THE JOURNAL OF BIOCHEMISTRY/OUP POSTER PRIZE
Association Membership(s) (2):
初年次教育学会 ,  THE NUCLEAR MAGNETIC RESONANCE SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page