Rchr
J-GLOBAL ID:201901007951521752   Update date: May. 30, 2021

Guo Jianing

カク カネイ | Guo Jianing
Research keywords  (4): 覚鑁 ,  高野山 ,  宗教文芸 ,  中世日本
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2019 - 2021 宗教文芸から見る顕密仏教の究明-中世高野山を中心として
Papers (2):
  • 『高野山往生伝』があらわす宗教世界-中世高野山信仰についての一考察-. 『説話文学研究』. 2020. 55. 130-144
  • 阿部泰郎, 吉原浩人. 聖徳太子を祀る儀礼空間-中世法隆寺を中心として-. 『南岳衡山と聖徳太子信仰』勉誠出版. 2018. 193-220
Lectures and oral presentations  (5):
  • 安楽寿院不動堂の再解釈-覚鑁における不動明王伝承をめぐって-
    (第19回日本仏教綜合研究学会学術大会 2020)
  • 覚鑁における不動明王伝説の系譜
    (名古屋大学国語国文学会2020年度大会 2020)
  • 中世日本の密教空間にみられる唐宋仏教の影響-高野山大伝法院を中心として-
    (国際研究集会「中国古文献の投影と展開-日本古典文学研究の新地平-」 2019)
  • 高野山大伝法院からみる覚鑁の密教観-本堂後壁絵を中心としてー
    (EACJS東アジア日本研究者協議会第4回国際学術大会 2019)
  • 『高野山往生伝』における密教と浄土教-中世高野山信仰についての一考察-
    (説話文学会大会 2019)
Association Membership(s) (1):
名古屋大学国語国文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page