Rchr
J-GLOBAL ID:201901008070116673   Update date: Apr. 20, 2021

Aiko Ohya

Aiko Ohya
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (4): アクセプタンス&コミットメント・セラピー ,  行動変動性 ,  肥満 ,  糖尿病
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2024 肥満症者のセルフマネジメント形成・維持を促す心理支援システムの構築
  • 2020 - 2023 Development of Acceptance and Commitment Therapy-based self-management method for patients with type 2 diabetes
  • 2017 - 2020 ACTに基づく糖尿病セルフケア行動の機能分類と介入プログラムの効果
Papers (11):
more...
Books (6):
  • 教えて!ラス・ハリス先生ACTがわかるQ&A : セラピストのためのつまずきポイントガイド
    星和書店 2020 ISBN:9784791110520
  • 認知行動療法事典
    2019
  • 最近、大きく進歩している糖尿病治療- 新たな取り組みとこころの持ち方 - 知っておきたい循環器病あれこれ
    循環器病研究振興財団 2018
  • 55歳からのアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)-超高齢化社会のための認知行動療法の新展開
    ratik 2017
  • 心理学からみた食べる行動-基礎から臨床までを科学する
    北大路書房 2017
more...
Lectures and oral presentations  (20):
  • 生活習慣改善へのモチベーションを維持する心理支援
    (肥満の内科と外科の連携ー地域連携も含めてー 2020)
  • The relationship between avoidance of disease and self-care behavior in patients with type 2 diabetes
    (the ACBS(Association for Contextual Behavioral Science) World Conference 18th (Dublin, Ireland) 2019)
  • 診療で使うアクセプタンス&コミットメント・セラピー
    (糖尿病患者さんのココロのケアセミナー 2019)
  • メンタルヘルス問題の行動分析学的理解(2)
    (2018年度日本行動分析学会 春の学校 第3限「RFTとACTワークショップ」 2019)
  • 行動変動性の増大と 正の強化を受ける機会の拡大
    (日本心理学会第82回大会公募シンポジウム「RDoC時代におけるアクセプタンス&コミットメント・セラピー(1):その機序を関係フレームと行動変動性の観点から探究する」 2018)
more...
Education (3):
  • 2011 - 2015 Doshisha University
  • 2009 - 2011 九州大学大学院 実践臨床心理学専攻専門職学位課程
  • 2005 - 2009 Ritsumeikan University
Professional career (1):
  • 博士(心理学) (同志社大学)
Work history (3):
  • 2018/04 - 現在 Doshisha University Faculty of Psychology
  • 2015/07 - 現在 国立研究開発法人 国立循環器病研究センター 糖尿病・内分泌内科(2019年6月まで動脈硬化・糖尿病内科) 非常勤公認心理師(臨床心理士)
  • 2016/04 - 2018/03 Kobe Gakuin University The Faculty of Humanities and Sciences, Department of Human Psychology
Committee career (2):
  • 2019/04 - 現在 日本行動分析学会 若手会
  • 2018/04 - 現在 ACT Japan 理事
Association Membership(s) (8):
JAPANESE ASSOCIATION OF BEHAVIORAL SCIENCE ,  対人援助学会 ,  ACT Japan ,  Association for Contextual Behavioral Science ,  Japanese Association of Behavioral and Cognitive Therapies ,  THE JAPANESE ASSOCIATION FOR BEHAVIOR ANALYSIS ,  THE ASSOCIATION OF JAPANESE CLINICAL PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page