Rchr
J-GLOBAL ID:201901008519877682   Update date: Jul. 02, 2024

Masashi Hashimoto

Masashi Hashimoto
Affiliation and department:
Research field  (1): Tumor diagnostics and therapeutics
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2024 - 2028 Validation of Tumor Immune Remodeling Effects of CAF Targeted Therapy in ICI Resistance
  • 2023 - 2026 術前ウイルス療法による長期抗腫瘍免疫賦活を介した術後免疫療法効果増強の検討
  • 2020 - 2022 the superiority of the p53 overexpressing oncolytic adenovirus mediated tumor-specific to chemotherapies in immunotherapy for a pancreatic cancer
Papers (85):
  • Kazuya Moriwake, Kazuhiro Noma, Kento Kawasaki, Tasuku Matsumoto, Masashi Hashimoto, Takuya Kato, Naoaki Maeda, Shunsuke Tanabe, Yasuhiro Shirakawa, Toshiyoshi Fujiwara. Subtotal esophagectomy and concurrent reconstruction with free jejunal flap for primary esophageal cancer after pancreatoduodenectomy. Surgical case reports. 2024. 10. 1. 128-128
  • Masashi Hashimoto, Shinji Kuroda, Nobuhiko Kanaya, Daisuke Kadowaki, Yusuke Yoshida, Masaki Sakamoto, Yuki Hamada, Ryoma Sugimoto, Chiaki Yagi, Tomoko Ohtani, et al. Long-term activation of anti-tumor immunity in pancreatic cancer by a p53-expressing telomerase-specific oncolytic adenovirus. British Journal of Cancer. 2024
  • 森分 和也, 野間 和広, 松本 佑, 河崎 健人, 橋本 将志, 加藤 卓也, 前田 直見, 菊地 覚次, 重安 邦俊, 田辺 俊介, et al. 膵頭十二指腸切除術後の胸部食道癌に対して遊離空腸間置再建を伴うロボット支援下食道亜全摘術を施行し得た1例. 日本臨床外科学会雑誌. 2023. 84. 11. 1829-1830
  • 松本 祐, 野間 和広, 前田 直見, 橋本 将志, 加藤 卓也, 菊池 覚次, 重安 邦俊, 田辺 俊介, 近藤 喜太, 黒田 新士, et al. バイパス術の有効性の検証. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2023. 61回. O7-1
  • 森分 和也, 野間 和広, 前田 直見, 橋本 将志, 加藤 卓也, 菊地 覚次, 重安 邦俊, 田辺 俊介, 近藤 喜太, 黒田 新士, et al. 当院における高齢者食道癌に対する手術を基盤とした集学的治療. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2023. 61回. O7-6
more...
MISC (91):
  • 重安邦俊, 香川俊輔, 寺石文則, 楳田祐三, 岡田尚大, 半澤俊哉, 橋本将志, 垣内慶彦, 松三雄騎, 菊地覚次, et al. 岡山大学消化器外科の大腸がん診療におけるがんゲノムプロファイリング検査の活用. 日本遺伝性腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集. 2023. 29th
  • 橋本 将志, 黒田 新士, 金谷 信彦, 垣内 慶彦, 菊地 覚次, 田澤 大, 香川 俊輔, 浦田 泰生, 藤原 俊義. OBP-702を用いたウイルス治療による膵癌の長期抗腫瘍免疫賦活効果. 癌と化学療法. 2022. 49. 10. 1127-1129
  • 八木 千晶, 黒田 新士, 吉田 有佑, 坂本 真樹, 濱田 侑紀, 杉本 龍馬, 橋本 将志, 垣内 慶彦, 菊地 覚次, 香川 俊輔, et al. 血清エクソソームE1A-DNAはテロメラーゼ特異的腫瘍融解アデノウイルスの治療効果予測バイオマーカーとして有用である(Exosomal E1A-DNA in serum as a predictive biomarker of telomerase-specific oncolytic adenovirus). 日本癌学会総会記事. 2022. 81回. E-3068
  • 杉本 龍馬, 黒田 新士, 吉田 有佑, 坂本 真樹, 濱田 侑紀, 八木 千晶, 橋本 将志, 垣内 慶彦, 菊地 覚次, 香川 俊輔, et al. p53搭載テロメラーゼ特異的腫瘍融解アデノウイルスの抗腫瘍効果予測スコアリングシステム(Scoring system to predict antitumor effects of p53-armed telomerase-specific oncolytic adenovirus). 日本癌学会総会記事. 2022. 81回. P-3347
  • 橋本 将志, 野間 和広, 最所 公平, 賀島 肇, 前田 直見, 菊地 覚次, 田辺 俊介, 白川 靖博, 藤原 俊義. 食道癌・接合部癌における免疫チェックポイント 阻害剤の意義と課題 術前DCF療法を施行した食道根治術術後再発に対するNivolumabの有効性. 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集. 2022. 76回. 7-7
more...
Professional career (1):
  • M.D (Okayama University Medical School Faculty of Medicine)
Awards (2):
  • 2022/05 - 癌免疫外科研究会 第43回癌免疫外科研究会奨励賞 p53搭載腫瘍融解アデノウイルス製剤の膵癌マウスモデルにおける長期抗腫瘍免疫増強効果
  • 2022 - 日本学術振興会 藤田記念医学研究振興基金研究助成 長期抗腫瘍免疫を介した術前ウイルス療法と術後補助免疫療法の異時的併用効果の検討
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page