Rchr
J-GLOBAL ID:201901008899946274   Update date: Feb. 11, 2021

Yasuaki Taura

Yasuaki Taura
Affiliation and department:
Research field  (1): General surgery, pediatric surgery
Research keywords  (2): Neonatal pediatric surgery ,  Pediatric surgery
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2015 - 2017 The new methods of treatment for the anastomotic leakage of the trachea with regenerative medical application
Papers (40):
  • 田浦 康明, 山根 裕介, 吉田 拓哉, 大関 圭祐, 小坂 太一郎, 江口 晋, 永安 武. 乳児胃食道逆流症に対する当科の治療方針. 日本小児外科学会雑誌. 2020. 56. 1. 118-119
  • 田浦 康明, 山根 裕介, 吉田 拓哉, 大関 圭祐, 小坂 太一郎, 江口 晋, 永安 武. 乳幼児肛門周囲膿瘍に対する当科の治療方針. 日本小児外科学会雑誌. 2020. 56. 1. 119-120
  • 吉田 拓哉, 大関 圭祐, 山根 裕介, 田浦 康明, 小坂 太一郎, 江口 晋, 永安 武. 六君子湯が嘔吐症とRett症候群の治療に有効であった1例. 日本小児外科学会雑誌. 2020. 56. 1. 125-125
  • 吉田 拓哉, 大関 圭祐, 田浦 康明, 山根 裕介, 小坂 太一郎, 高槻 光寿, 江口 晋, 永安 武. 学童期以上となった気管切開既往患者の治療経過について. 日本小児科学会雑誌. 2020. 124. 1. 104-105
  • 大関 圭祐, 田浦 康明, 吉田 拓哉, 山根 裕介, 小坂 太一郎, 高槻 光寿, 江口 晋, 永安 武. 当院における小児中心静脈ポート(CVP)のカテーテル抜去困難の経験. 日本小児科学会雑誌. 2020. 124. 1. 105-105
more...
MISC (327):
Lectures and oral presentations  (26):
  • 小児における中心静脈ポートのカテーテル抜去困難の経験
    (日本小児外科学会雑誌 2019)
  • 在宅診療を主とする重症心身障碍児の緊急手術における治療経過について
    (日本小児救急医学会雑誌 2019)
  • 在宅が可能となった18トリソミー児の治療経過について
    (日本周産期・新生児医学会雑誌 2019)
  • 漏斗胸に対するオプティカルトロカーを用いた完全胸膜外Nuss法手術
    (日本小児外科学会雑誌 2019)
  • 気管切開術後の離脱時期と、気管切開維持症例に対する気管切開の管理法
    (日本小児外科学会雑誌 2018)
more...
Education (2):
  • 1997 - 2004 Nagasaki University
  • 1994 - 1997 Taisei senior high school
Work history (6):
  • 2013/05 - 現在 Nagasaki University Hospital
  • 2011/04 - 2013/04 Nagasaki University Hospital
  • 2008/04 - 2011/03 兵庫県立こども病院 小児外科 レジデント
  • 2007/04 - 2008/03 Nagasaki medical center
  • 2006/05 - 2007/03 Nagasaki University Hospital
Show all
Association Membership(s) (2):
JAPAN SURGICAL SOCIETY ,  JAPANESE SOCIETY OF PEDIATRIC SURGEONS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page