Rchr
J-GLOBAL ID:201901010344556858   Update date: Jun. 22, 2021

MIYAJI Mari

ミヤジ マリ | MIYAJI Mari
Affiliation and department:
Research field  (1): Architectural and city planning
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2020 - 2024 バングラデシュにおける文化的背景を考慮したサイクロンシェルターのあり方の探求
  • 2020 - 2021 イタリア中部地震後のアマトリーチェにおける仮設住宅の居住環境とコミュニティ形成に関する調査研究
  • 2018 - 2020 A Research on the Construction of Disaster-Resistant Residential Environment in South Pacific islands
  • 2017 - 2018 南太平洋島嶼国における耐災害居住環境の構築に関する調査研究
  • 2016 - 2017 南太平洋島嶼国における耐災害居住環境の構築に関する調査研究
Papers (8):
more...
MISC (28):
  • KOBAYASHI ・OCHIAI Laboratory --"Design methodology" and "Human settlement" rooted in local environment. 2021. 21. 58-67
  • 田中 友望, 小椋 大輔, 伊庭 千恵美, 小林 広英, 藤枝 絢子, 宮地 茉莉, ヴェイタタ サイニメレ. 41051 フィジーにおける伝統木造茅葺住居の温熱環境に関する研究 ナバラ村と京都・美山の茅葺住居の室内および屋根内温湿度性状の考察. 環境工学II. 2019. 2019. 101-102
  • 藤枝 絢子, 中村 遂彦, 西嶋 一欽, 宮地 茉莉, 小林 広英. 6066 バヌアツ共和国タンナ島における伝統建築ニマラタンの持続的な建設可能性 ラウナウラ村における土地利用と建材資源に関する基礎調査. 農村計画. 2019. 2019. 137-138
  • 宮地 茉莉, ヴェイタタ サイニメレ, 藤枝 絢子, 小林 広英. 6099 フィジー伝統住居のサイクロン被害と再建に関する調査研究 その6 ナバラ村近隣のナコロンボヤ村における住宅復興支援と再建状況. 農村計画. 2019. 2019年大会(農村計画). 2019. 203-204
  • 宮地 茉莉, 大澤 颯太郎, 藤本 佳奈, 成田 茉優. 14005 竹資源を用いたバス停改修プロジェクト 大学・地域連携プロジェクト. 建築デザイン. 2019. 2019. 10-11
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • 散居村におけるカイニョと民家の変容
    (となみルネッサンスXV公開講座〜砺波市五郎丸集落を事例として〜 2019)
  • Challenges of Disaster Recovery after Cyclone Winston in Fiji: Case study of Koro island and Navala village
    (IPB & KU International Symposium on the Education & Research of the Global Environmental Studies in Asia 2018)
  • Housing Reconstruction in Fijian Rural villages after Cyclone Winston: Case studies of Navala and Nakoroboya village
    (IPB & KU International Symposium on the Education & Research of the Global Environmental Studies in Asia, Poster presentation 2018)
  • フィジー共和国における農村集落のサイクロン被害と住宅再建
    (国際開発学会第29回全国大会 2018)
  • Self-Recovery after a Natural Disaster in a Remote island in Fiji: A Case Study of Koro island Affected by Tropical Cyclone Winston
    (国際開発学会第29回全国大会 2018)
Education (3):
  • 2016 - 2019 Kyoto University Course in Global Environmental Studies
  • 2014 - 2016 Kyoto University Department of Architecture and Architectual Systems Engineering
  • 2010 - 2014 Kyoto University Department of Architecture
Professional career (2):
  • 博士(地球環境学) (京都大学)
  • 修士(工学) (京都大学)
Work history (3):
  • 2021/04 - 現在 Kansai University Faculty of Environmental and Urban Engineering Department of Architecture
  • 2019/10 - 2021/03 Kyoto University Graduate School of Global Environmental Research
  • 2018/04 - 2019/09 Japan Society for the Promotion of Science
Committee career (1):
  • 2020/04 - 現在 日本建築学会 都市インフォーマリティからみちびく実践計画理論 [若手奨励] 特別研究員会 拡大委員会
Association Membership(s) (2):
国際開発学会 ,  日本建築学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page