Rchr
J-GLOBAL ID:201901010363867201   Update date: Dec. 09, 2020

YOSHIKAWA Toru

ヨシカワ トオル | YOSHIKAWA Toru
Affiliation and department:
Research field  (1): Japanese language education
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2018 - 2023 日本語教育における多読の環境整備と実践、効果測定についての研究
  • 2018 - 2022 Development of quasi-balanced ultra large-scale Japanese corpus and its high-speed search tool
  • 2016 - 2019 A study of working memory and L2 learners' reading ability in Japanese.
  • 2013 - 2016 Japanese learners' working memory capacity and reading ability in Japanese
Papers (7):
  • 吉川達. 日本語学習者の日本語読解能力とワーキングメモリに関する研究. 2020
  • Toru YOSHIKAWA, Wing Sum CHOI. Correlation Between Working Memory and L2 Reading Ability in Japanese: The Case of Hong Kong Learners of Japanese. 2018. 21号. 43-60
  • 日本語学習者版リーディングスパンテストの作成と妥当性の検証. 2018. 第6号. 117-130
  • マレーシア人中級日本語学習者のワーキングメモリと日本語読解能力の関係について. 2017. 第5号. 77-87
  • 2つの日本語プレースメント・テストの等質性の検証. 2015. 第3号. 111-124
more...
Books (3):
  • 『どんどん読める!日本語ショートストーリーズ』Vol3
    アルク 2018
  • 『平成30年度日本語教育能力検定試験 合格するための本』 区分4「言語と教育」
    2018
  • 『どんどん読める!日本語ショートストーリーズ』Vol.1,Vol.2
    2017
Lectures and oral presentations  (16):
  • 「多読読み物に対する日本語学習者の評価-日本語レベルの低い読み物はつまらないのか-」
    (2020年度日本語教育学会秋季大会 2020)
  • 「『アカデミック・ジャパニーズ』の授業において50名の学生に多読を実践することは可能か? 」
    (第50回アカデミック・ジャパニーズ・グループ定例研究会 2020)
  • 「日本語読解においてワーキングメモリ容量が習熟度を補償する現象-漢字圏日本語学習者の事例-」
    (2019年度日本語教育学会春季大会 2019)
  • 「日本語教育における多読の実践と課題」
    (韓国日語教育学会2019年度第35回国際学術大会 2019)
  • 「日本語学習者版リーディングスパンテストの測定領域」
    (JOPT2018 2018)
more...
Committee career (3):
  • 2020/01 - 現在 第二言語習得研究会 大会運営委員会委員
  • 2017/04 - 現在 日本語教育学会 支部活動委員会委員
  • 2013/07 - 2017/03 日本語教育学会 研究集会委員会委員
Association Membership(s) (2):
日本言語テスト学会 ,  日本語教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page