Rchr
J-GLOBAL ID:201901010820139179   Update date: Dec. 05, 2020

Kurokami Naozumi

クロカミ ナオズミ | Kurokami Naozumi
Affiliation and department:
Research field  (1): International law
Research keywords  (3): The United Nations ,  Law of International Organizations ,  International Law
Papers (16):
  • 黒神直純. 国連における行政裁判所制度の確立. 『現代国際法の潮流I』. 2020. 241-257
  • 黒神直純. ILO行政裁判所判決審査手続の廃止について. 浅田正彦他編『『実証の国際法学の継承(安藤仁介先生追悼)』. 2019
  • 黒神直純. 国連組織における法秩序の展開. 国際法外交雑誌. 2016. 115. 2. 27-53
  • 黒神直純. 国際機構の免除と国際公務員の身分保障-欧州人権裁判所Waite&Kennedy判決が及ぼした影響-. 薬師寺公夫他編『普遍的国際社会への法の挑戦(芹田健太郎先生古稀記念論文集)』. 2013. 629-655
  • 黒神直純. 国連事務局の機能変化. 世界法年報. 2011. 30. 52-80
more...
MISC (14):
  • 黒神直純. 2 国際機構の免除 国際機構の裁判権免除と「公正な裁判を受ける権利」 -ウェイトおよびケネディ判決-(Waite and Kennedy v. Germany)[1999、大法廷]. ヨーロッパ人権裁判所の判例II. 2019
  • 黒神直純. 「北極海地域におけるスヴァールバル諸島の地位」. 平成22年度~平成24年度科学研究費補助金(基盤B一般)研究成果報告書(代表;小柏葉子). 2012. 2-22
  • 黒神直純. 非公式協議20-25. 外務省委託研究、財団法人平和・安全保障研究所『安保理議長ノート(S/2006/507)に関する最近の事例』. 2009. 24-27
  • 黒神直純. 主要文献目録. 国際法外交雑誌. 2007. 106. 2
  • 黒神直純. 「国際事務局の歴史的展開-南極条約事務局の法的地位検討のための前提的考察-」. 平成15年度~平成18年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書(代表;柴田明穂). 2006
more...
Books (10):
  • 国際法〔第4版〕
    東信堂 2019
  • 入門国際機構
    法律文化社 2016
  • 国際法〔第3版〕
    東信堂 2016
  • コンパクト学習条約集〔第2版〕
    信山社 2014
  • 国際法〔第2版〕
    東信堂 2013
more...
Education (2):
  • 1990 - 1993 Sheffield University Socio-Legal Studies
  • 1990 - 1993 Kobe University
Professional career (1):
  • 博士(法学) (神戸大学)
Work history (3):
  • 2005/04 - 現在 Okayama University Faculty of Law
  • 1998/04 - 2004/03 Okayama University Faculty of Law
  • 1997/06 - 1998/03 Okayama University Faculty of Law
Association Membership(s) (4):
International Law Association ,  International Law Association Japan Branch ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF WORLD LAW ,  JAPANESE SOCIETY OF INTERNATIONAL LAW
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page